このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-32-PM-5

血液・血清の測定値でパニック値(生命に危険が及ぶ値)はどれか。

a. K+ 4.5mEq/L

b. Na- 148 mEq/L

c. クレアチニン 1.5mg/dL

d. ヘモグロビン 4.6 g/dL

e. 血糖 38mg/dL

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/臨床検査
類似問題を見る

国-32-PM-4

循環障害について誤っているのはどれか。

1. 動脈硬化粥腫病変の破綻による血栓性閉塞を塞栓症と呼ぶ。

2. 虚血により細胞組織が壊死に陥った状態を梗塞と呼ぶ。

3. 側副血行は動脈閉塞時の組織壊死範囲を軽減する。

4. 肺塞栓の原因として深部静脈血栓が挙げられる。

5. 粥状硬化は動脈狭窄の原因の一つである。

正答:1
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/病理学概論
類似問題を見る

国-32-PM-3

塩基のうち、DNAの構成成分でないのはどれか。

1. イノシン

2. アデニン

3. チミン

4. シトシン

5. グアニン

正答:1
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/生化学の基礎
類似問題を見る

国-32-PM-2

糖代謝について正しいのはどれか。

a. 糖質は1gあたり4 kcのエネルギーに相当する。

b. 低酸素では解糖系からATPを生成できない。

c. 糖質は主に胃で吸収される。

d. ペントースリン酸系ではリボースを合成する。

e. 低血糖はインスリン過剰投与で誘発される。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/生化学の基礎
類似問題を見る

国-32-PM-1

老齢、廃疾、死亡など労働能力の長期的喪失に対する補償を給付する社会保険はどれか。

1. 年金保険

2. 医療保険

3. 雇用保険

4. 労働者災害補償保険

5. 介護保険

正答:1
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/公衆衛生
類似問題を見る

国-32-AM-5

健常人の測定値で基準範囲から外れるのは全体の何%か。

1. 0.01

2. 0.05

3. 0.1

4. 0.2

5. 0.5

正答:2
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/臨床検査
類似問題を見る

国-32-AM-4

誤っているのはどれか。

1. 壊 死 --------- プログラムされた生理的な細胞死

2. 過形成 -------- 細胞数の増加

3. 肉芽腫 -------- 類上皮細胞の増殖と巨細胞からなる病変

4. 化膿性炎 ――- 多数の好中球が滲出してくる炎症

5. 化 生 -------- 他の系統の分化した細胞への変化

正答:1
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/病理学概論
類似問題を見る

国-32-AM-3

一般医療機器(クラスI)に分類されるのはどれか。

1. 補聴器

2. ネブライザ

3. 人工呼吸器

4. 冠動脈ステント

5. 粒子線治療装置

正答:2
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/関係法規
類似問題を見る

国-32-AM-2

平成29年度の病因物質別の食中毒患者数発生状況のうち、最も多かった病因はどれか。

1. ノロウイルス

2. カンピロバクター

3. 病原大腸菌

4. サルモネラ属菌

5. ボツリヌス菌

正答:1
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/公衆衛生
類似問題を見る

国-32-AM-1

終末期医療における事前の意思表示(リビング・ウィル)について誤っているのはどれか。

1. 本人の意思が最も優先されるべきである。

2. 単に死の瞬間を引き延ばす延命措置を受けずに済むことにつながる。

3. 医療チームから説明を受け、よりよい選択を行うことが推奨される。

4. 表明された意思が尊重され、誇りを持って最期を生きることにつながる。

5. 一時的に生命維持が困難になった際の回復目的の救命も拒むことにつながる。

正答:5
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/医学概論
類似問題を見る

国-31-PM-5

ある疾患の検査結果を表に示す。感度はどれか。

1. 0.2

2. 0.22

3. 0.8

4. 0.89

5. 0.9

正答:3
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/臨床検査
類似問題を見る

国-31-PM-4

急性炎症が慢性期に移行したことを示唆する所見はどれか。

1. 好中球の遊走

2. 血管透過性の亢進

3. 液性成分の滲出

4. 組織圧の上昇

5. 線維芽細胞の増殖

正答:5
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/病理学概論
類似問題を見る

国-31-PM-2

感染性廃棄物の運搬容器に表示することが推奨されているマークはどれか。

正答:4
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/医学概論
類似問題を見る

国-31-PM-1

医療従事者が患者との信頼関係を築くためには、患者との良好な共感的コミュニケーションを図ることが大切である。この場合の「共感」の意味に最も近いのはどれか。

1. 相手の気持ちに過剰に入り込む。

2. 相手の気持ちを完全に理解する。

3. 自分の気持ちに相手を巻き込む。

4. 自分の気持ちを可能な限り相手に理解させる。

5. 相手の気持ちを自分の気持ちのように実感する。

正答:5
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/医学概論
類似問題を見る

国-31-AM-4

血液中に移行する前に肝臓で代謝を受ける(初回通過効果がある)薬剤の投与方法はどれか。

1. 舌 下

2. 経 口

3. 吸 入

4. 直腸内

5. 静脈注射

正答:2
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/薬理学の基礎
類似問題を見る

国-31-AM-3

医療機器の国際的なクラス分類でクラスⅣ(高度管理医療機器に相当)に分類されるのはどれか。

1. ペースメーカ

2. 電子体温計

3. 電子内視鏡

4. 汎用輸液ポンプ

5. 造影剤注入装置

正答:1
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/関係法規
類似問題を見る

国-31-AM-2

図は、日本人の摂取エネルギーの栄養素別構成比の平均値(平成25年)を示す。栄養素の並び(左から右に配列)で正しいのはどれか。

1. 蛋白質、脂質、炭水化物

2. 脂質、蛋白質、炭水化物

3. 炭水化物、蛋白質、脂質

4. 脂質、炭水化物、蛋白質

5. 蛋白質、炭水化物、脂質

正答:1
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/生化学の基礎
類似問題を見る

国-30-PM-5

血液・血清の測定値でパニック値(生命に危険が及ぶ値)はどれか。

1. K+ 7.5 mEq/L

2. Na+ 138mEq/L

3. へモグロビン 10g/dL

4. 血小板 180,000/μL

5. 血 糖 150mg/dL

正答:1
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/臨床検査
類似問題を見る

国-30-PM-4

ある投与薬物の生物学的半減期の3倍の時間が経過したとき、その薬物の血中濃度は投与後ピーク値の何倍になるか。

1. $1/3$

2. $1/4$

3. $1/6$

4. $1/8$

5. $1/9$

正答:4
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/薬理学の基礎
類似問題を見る

国-30-PM-3

必須アミノ酸でないのはどれか。

1. バリン

2. ロイシン

3. アルギニン

4. メチオニン

5. イソロイシン

正答:3
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/生化学の基礎
類似問題を見る