このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-31-AM-4

血液中に移行する前に肝臓で代謝を受ける(初回通過効果がある)薬剤の投与方法はどれか。

1. 舌 下

2. 経 口

3. 吸 入

4. 直腸内

5. 静脈注射

正答:2
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/薬理学の基礎
類似問題を見る

国-30-PM-4

ある投与薬物の生物学的半減期の3倍の時間が経過したとき、その薬物の血中濃度は投与後ピーク値の何倍になるか。

1. $1/3$

2. $1/4$

3. $1/6$

4. $1/8$

5. $1/9$

正答:4
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/薬理学の基礎
類似問題を見る

国-30-AM-5

下腿浮腫の原因となるのはどれか。

a. 胃潰瘍

b. 肺 炎

c. 深部静脈血栓症

d. ネフローゼ症候群

e. 心不全

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/薬理学の基礎
類似問題を見る

国-30-AM-4

高齢者の薬物治療について誤っているのはどれか。

1. 薬物誘発性低血圧が生じやすい。

2. 肝での薬物代謝が低下している。

3. 脂溶性薬物の半減期が短縮する。

4. 水溶性薬物の血中濃度が上昇する。

5. ベンゾジアゼピン系薬物への感受性が高い。

正答:3
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/薬理学の基礎
類似問題を見る

国-29-AM-5

炎症の早期過程でみられないのはどれか。

1. 血管透過性の亢進

2. 白血球の遊出

3. 炎症性メディエータの放出

4. 血栓形成

5. 肉芽組織の構築

正答:5
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/薬理学の基礎
類似問題を見る

国-28-AM-4

薬物について正しいのはどれか。

a. 脳には全身循環から薬物が移行しやすい。

b. 直腸内投与の方が経口投与よりも効果発現は早い。

c. 血衆蛋白と結合したものは薬理作用をもたない。

d. 生体内利用率とは経口投与薬物のうち全身を循環する薬物の割合を示す。

e. 生物学的半減期は投与薬物が血中から消失するまでの時間の 1/2 の時間である。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/薬理学の基礎
類似問題を見る

国-27-AM-3

薬物について正しいのはどれか。

1. 治療係数(LD50/ED50)が大きいほど安全性が低い。

2. 血漿蛋白と結合したものは薬理作用をもたない。

3. 坐薬投与では初回通過効果(first pass effect)を受ける。

4. 経口(内服)投与の方が筋肉内注射よりも薬効持続時間が短い。

5. 抗てんかん薬は治療薬物モニタリング(TDM)の対象とならない。

正答:2
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/薬理学の基礎
類似問題を見る

国-26-PM-3

薬物の投与経路による血中濃度推移を図に示す。 持続点滴静注はどれか。

1. A

2. B

3. C

4. D

5. E

正答:3
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/薬理学の基礎
類似問題を見る

国-26-AM-4

薬物の生物学的半減期を延長させるのはどれか。

a. 消化管からの吸収能力の低下

b. 血液から各組織への移行速度の低下

c. 肝臓の代謝能力の低下

d. 腎臓の排泄能力の低下

e. 総投与量の減少

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/薬理学の基礎
類似問題を見る

国-25-PM-5

薬物血中濃度モニタリングの必要性が低いのはどれか。

1. 薬物の有効血中濃度の範囲が狭い。

2. 薬物の体内動態における個人差が大きい。

3. 薬物血中濃度の治療域と中毒域が大きく離れている。

4. 薬効と副作用が薬物の血中濃度とよく相関する。

5. 腎障害のある患者に薬物を投与する。

正答:3
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/薬理学の基礎
類似問題を見る

国-24-PM-5

気管支を拡張させるのはどれか。(医学概論)

1. アドレナリン

2. アセチルコリン

3. バソプレッシン

4. プロラクチン

5. アルドステロン

正答:1
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/薬理学の基礎
類似問題を見る

国-24-PM-3

投与した薬物が門脈系を経た後に全身を循環するのはどれか。(医学概論)

1. 経口投与

2. 舌下投与

3. 直腸内投与

4. 皮下注射

5. 静脈内注射

正答:1
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/薬理学の基礎
類似問題を見る

国-23-AM-4

薬物の生物学的半減期を延長させるのはどれか。

a. 消化管からの吸収能力の低下

b. 血液から各組織への移行速度の低下

c. 肝臓の代謝能力の低下

d. 腎臓の排泄能力の低下

e. 総投与量の減少

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/薬理学の基礎
類似問題を見る

国-22-AM-16

ペニシリン系薬が無効なのはどれか。

a. 伝染性単核球症

b. ガス壊疽菌感染症

c. 梅 毒

d. MRSA感染症

e. カンジダ症

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/薬理学の基礎
類似問題を見る

国-22-AM-5

正しいのはどれか。

a. 薬物が代謝される速度は年齢によって異なる。

b. 静脈注射は内服よりも薬効の発現が遅い。

c. 徐放剤は速効性を重視して開発された。

d. 同一抗菌薬の連用は耐性菌の発現を招きやすい

e. 薬理作用は薬側と生体側の両者の要因から影響を受ける。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/薬理学の基礎
類似問題を見る

国-21-AM-43

循環作動薬について正しいのはどれか。

a. ジギタリスは低カリウム血症時に中毒を起こしやすい。

b. ニトログリセリンは静脈容量血管を拡張させる。

c. プロスタグランジン製剤は抗血小板凝集作用を有する。

d. カルシウム拮抗薬は徐脈性不整脈に用いる。

e. ノルアドレナリンは血管拡張作用を有する。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:1
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/薬理学の基礎
類似問題を見る

国-21-AM-8

薬の副作用(有害作用)と考えられるのはどれか。

1. 頭痛患者に鎮痛薬と言って砂糖を与えたら頭痛が治った。

2. 心不全の患者に利尿剤を投与したら症状が改善した。

3. 人工心肺回路を流れる血液にヘパリンを加えたら血液凝固が抑制された。

4. 感冒にかかった小児に感冒薬を飲ませたらじん麻疹が出た。

5. ある薬を繰り返し投与したところ、薬の効果が現れなくなった。

正答:4
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/薬理学の基礎
類似問題を見る

国-20-AM-42

麻酔薬とその分類との組み合わせで誤っているのはどれか。(臨床薬理学)

1. チオペンタール 静脈麻酔薬

2. プロカイン 筋弛緩薬

3. フェンタニル 麻薬

4. セボフルラン 揮発性麻酔薬

5. 亜酸化窒素 ガス麻酔薬

正答:2
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/薬理学の基礎
類似問題を見る

国-19-AM-44

気管支拡張薬として用いられるのはどれか。(臨床薬理学)

a. β2受容体刺激薬

b. テオフィリン薬

c. 抗コリン薬

d. ステロイド薬

e. 抗アレルギー薬

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:1
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/薬理学の基礎
類似問題を見る

国-19-AM-43

抗不整脈薬として用いるのはどれか。(臨床薬理学)

a. アンギオテンシン変換酵素阻害薬

b. ニトログリセリン

c. ウロキナーゼ

d. リドカイン

e. カルシウム拮抗薬

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/薬理学の基礎
類似問題を見る