このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-32-PM-1

老齢、廃疾、死亡など労働能力の長期的喪失に対する補償を給付する社会保険はどれか。

1. 年金保険

2. 医療保険

3. 雇用保険

4. 労働者災害補償保険

5. 介護保険

正答:1
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/公衆衛生
類似問題を見る

国-32-AM-2

平成29年度の病因物質別の食中毒患者数発生状況のうち、最も多かった病因はどれか。

1. ノロウイルス

2. カンピロバクター

3. 病原大腸菌

4. サルモネラ属菌

5. ボツリヌス菌

正答:1
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/公衆衛生
類似問題を見る

国-30-PM-1

平成27年における高齢者(65歳以上)人口の構成比率(高齢化率:%)はどれか。

1. 13.8

2. 20.2

3. 26.7

4. 33.4

5. 60.6

正答:3
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/公衆衛生
類似問題を見る

国-29-PM-1

エイズにおける三次予防はどれか。

1. コンドームの使用

2. 献血者などのHIV 抗体検査

3. 患者へのカウンセリングサービス

4. 医療事故後の追跡的HIV 抗体検査

5. 日和見感染の予防

正答:3
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/公衆衛生
類似問題を見る

国-28-PM-1

一次予防で正しい組合せはどれか。

1. 腎不全 ---------- 透析療法

2. 高血圧 ---------- 降圧剤投与

3. 脳卒中 ---------- 過労の防止

4. 心筋梗塞 -------- 心電図検査

5. 骨折 ------------ リハビリテーション

正答:3
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/公衆衛生
類似問題を見る

国-28-AM-2

感染症法で1類感染症に含まれるのはどれか。

1. 鳥インフルエンザ

2. エボラ出血熱

3. デング熱

4. 重症急性呼吸器症候群(SARS)

5. 黄熱

正答:2
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/公衆衛生
類似問題を見る

国-27-PM-1

保健所の業務はどれか。

a. 母性および乳幼児の保健に関する事項

b. AIDSの予防に関する事項

c. 住宅環境の衛生に関する事項

d. 生活保護の調査に関する事項

e. 医療機能評価に関する事項

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:1
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/公衆衛生
類似問題を見る

国-27-AM-1

我が国の平成24年死因順位の第3位はどれか。

1. 悪性新生物

2. 心疾患

3. 脳血管疾患

4. 肺 炎

5. 老 衰

正答:4
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/公衆衛生
類似問題を見る

国-26-PM-1

我が国の人口統計(平成18年から22年)で正しいのはどれか。

1. 悪性新生物の粗死亡率は10万人あたり約50人である。

2. 年齢調整死亡率は粗死亡率よりも高い。

3. 1年間の死亡数は100万人を超えている。

4. 粗死亡率は男性よりも女性の方が高い。

5. 死因別死亡率の第1位は脳血管疾患である。

正答:3
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/公衆衛生
類似問題を見る

国-26-AM-2

公的医療保険で誤っているのはどれか。

1. 現物給付である。

2. 患者負担割合は一律3割である。

3. 保険点数は実施した診療行為ごとに定められている。

4. 大きくは被用者保険、国民健康保険、後期高齢者医療に分けられる。

5. 我が国では国民皆保険が実現されている。

正答:2
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/公衆衛生
類似問題を見る

国-25-PM-2

感染型食中毒の起因菌はどれか。

a. サルモネラ菌

b. ボツリヌス菌

c. 黄色ブドウ球菌

d. 腸炎ビブリオ

e. カンピロバクター

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/公衆衛生
類似問題を見る

国-25-PM-1

公害に係る事件と原因物質との関係で誤っているのはどれか。

1. 水俣病 -------------------------- メチル水銀

2. 四日市公害 ---------------------- 二酸化硫黄

3. イタイイタイ病 -------------------- カドミウム

4. 光化学スモッグ ------------------- ダイオキシン

5. 東京大気汚染 -------------------- ディーゼル排気粒子

正答:4
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/公衆衛生
類似問題を見る

国-25-AM-2

人口動態調査の項目で誤っているのはどれか。

1. 出 生

2. 死 亡

3. 移 民

4. 婚 姻

5. 離 婚

正答:3
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/公衆衛生
類似問題を見る

国-24-PM-1

平成19年度国民医療費で正しいのはどれか。(医学概論)

a. 総額で30兆円を超えている。

b. 一人あたりでは50万円を超えている。

c. 対国民所得比では10%を超えている。

d. 財源別では公費が最も多い。

e. 65歳以上の医療費が全体の約50%を占める。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/公衆衛生
類似問題を見る

国-24-AM-2

平成20年の衛生統計で正しいのはどれか。(医学概論)

1. 人口動態統計は国勢調査によって報告される。

2. 65歳以上人口は全体の25%を超えている。

3. 総人口は減少に転じている。

4. 合計特殊出生率は1を下回っている。

5. 第三次ベビーブーム世代は小中学生である。

正答:3
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/公衆衛生
類似問題を見る

国-23-PM-1

近年の我が国の死因の第1位はどれか。

1. 脳血管疾患

2. 悪性新生物

3. 心疾患

4. 肺 炎

5. 自 殺

正答:2
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/公衆衛生
類似問題を見る

国-23-AM-10

身長160cm、体重64kgにおけるBMI(Body Mass lndex)の値はどれか。

1. 22

2. 23

3. 24

4. 25

5. 26

正答:4
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/公衆衛生
類似問題を見る

国-23-AM-1

医療保険制度で正しいのはどれか。

1. 介護保険が含まれる。

2. 診療報酬は全額健康保険でまかなわれる。

3. 企業における定期健康診断は医療保険の対象外である。

4. 医療保険の財源は税金である。

5. 医療事故の際の損害賠償も医療保険でまかなわれる。

正答:3
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/公衆衛生
類似問題を見る

国-22-PM-21

接触感染するのはどれか。

1. 風 疹

2. 麻 疹

3. 流行性耳下腺炎

4. 流行性角結膜炎

5. AIDS

正答:4
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/公衆衛生
類似問題を見る

国-22-PM-3

我が国の過去5年間の人口統計で正しいのはどれか。

1. 合計特殊出生率は増加している。

2. 年齢調整死亡率は粗死亡率より高い。

3. 1年間の死亡数は100万人を上回っている。

4. 粗死亡率は男性より女性の方が高い。

5. 死因別死亡率の第1位は脳血管疾患である。

正答:3
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/公衆衛生
類似問題を見る