このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-29-AM-7

誤っているのはどれか。

1. 右主気管支は左主気管支よりも短い。

2. 中葉は右肺に存在する。

3. 肺胞でガス交換が行われる。

4. 気管は食道の背側を走行する。

5. 胸腔は壁側胸膜と臓側胸膜に囲まれている。

正答:4
分類:医学概論/人体の構造及び機能/呼吸
類似問題を見る

国-34-PM-6

誤っているのはどれか。

1. 右主気管支は左主気管支よりも短い。

2. 中葉は右肺に存在する。

3. 肺胞でガス交換が行われる。

4. 気管は食道の背側を走行する。

5. 胸膜腔は壁側胸膜と臓側胸膜に囲まれている。

国-6-AM-7

誤っているのはどれか。

a. 肺は胸腔内にある。

b. 左肺は2葉、右肺は3葉からなる。

c. ボーマン嚢でガス交換が行われる。

d. 心臓は正中よりやや右寄りに位置する。

e. 肺動脈には静脈血が流れる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:医学概論/人体の構造及び機能/呼吸
類似問題を見る

ME_2-32-AM-6

誤っているのはどれか。

1. 右肺は上葉、中葉、下葉に分かれている。

2. 肺動脈は肺全体を栄養する血管である。

3. 気管から終末細気管支までは線毛がある。

4. 気管分岐部での左右主気管支の分岐角度は異なる。

5. 肺表面活性物質は肺胞上皮細胞から分泌される。

国-30-AM-6

正しいのはどれか。

1. 嚥下するとき喉頭蓋は開く。

2. 右肺は2葉からなる。

3. 吸気時に横隔膜は弛緩する。

4. 胸膜は臓側胸膜と壁側胸膜からなる。

5. 左主気管支は右主気管支に比べ、より体の長軸方向に分岐する。

正答:4
分類:医学概論/人体の構造及び機能/呼吸
類似問題を見る

ME_2-35-AM-5

誤っているのはどれか。

1. 気管分岐部での左右主気管支の分岐角度は異なる。

2. 気管から終末細気管支までは線毛がある。

3. 左肺は上葉、中葉、下葉に分かれている。

4. 肺静脈には動脈血が流れている。

5. 肺表面活性物質は肺胞上皮細胞から分泌される。

国-32-AM-6

呼吸器の構造について誤っているのはどれか。

1. 肋間動脈は肋骨上縁を走行する。

2. 右主気管支の分岐角度(体軸に対しなす角)は、左主気管支よりも小さい。

3. 2つの胸膜のうち肺側にあるものを臓側胸膜と呼ぶ。

4. 気管の後壁は平滑筋よりなる。

5. 水平裂は右肺に存在する。

正答:1
分類:医学概論/人体の構造及び機能/呼吸
類似問題を見る

国-27-PM-9

肝・胆・膵について誤っているのはどれか。

1. 門脈は肝臓に入る。

2. 胆嚢は胆汁を産生する。

3. 膵臓は胃の背側にある。

4. 肝右葉は左葉よりも大きい。

5. 膵液は十二指腸内腔に排出される。

正答:2
分類:医学概論/人体の構造及び機能/消化と吸収
類似問題を見る

国-15-AM-8

健常人で正しいのはどれか。

1. 右気管支は左気管支より垂直に近い。

2. 右肺は2葉に分かれる。

3. 肺の表面は腹膜によって覆われる。

4. 気管の上皮は重層扁平上皮からなる。

5. 肺動脈の血流量は大動脈の血流量の50%以下である。

正答:1
分類:医学概論/人体の構造及び機能/呼吸
類似問題を見る

ME_2-37-AM-3

気管・気管支について正しいのはどれか。

1. 気管は食道の前方にある。

2. 気管異物は右気管支より左気管支に入りやすい。

3. 気管の壁には全周に気管軟骨が存在する。

4. 左右の主気管支の長さは同じである。

5. 気管支は副交感神経刺激で拡張する。

国-17-AM-12

気道について正しいのはどれか。

a. 気管は喉頭の下から始まる。

b. 気管に声門がある。

c. 声帯は綿毛上皮で覆われている。

d. 気管支は肺内では分枝しない。

e. 細気管支以下の気道壁に軟骨は存在しない。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:医学概論/人体の構造及び機能/呼吸
類似問題を見る

国-28-PM-8

腎臓について誤っているのはどれか。

1. 右腎は左腎よりも下方にある。

2. 腎動脈は腎門から入る。

3. 腎小体は糸球体とボーマン嚢からなる0

4. 腎小体は髄質に存在する。

5. 腎小体とそれに続く尿細管を合わせてネフロンという。

正答:4
分類:医学概論/人体の構造及び機能/腎・泌尿器
類似問題を見る

国-22-PM-6

心臓の構造で正しいのはどれか。

a. 僧帽弁は左心房と左心室との間に位置する。

b. 大動脈弁は左心室からの流出路に位置する。

c. 肺動脈弁は腱索で乳頭筋に連結する。

d. 右冠状動脈は前下行枝と回旋枝に分かれる。

e. 左心室壁は右心室壁よりも厚い。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:医学概論/人体の構造及び機能/循環
類似問題を見る

国-26-AM-7

誤っているのはどれか。

1. 左心房と左心室の間には僧帽弁がある。

2. 冠状動脈は上行大動脈起始部から出る。

3. 小腸の静脈血は門脈に集められる。

4. 胸管は右静脈角に入る。

5. 動脈壁は3層からなる。

正答:4
分類:医学概論/人体の構造及び機能/循環
類似問題を見る

国-19-AM-22

肺の構造について正しいのはどれか。(人の構造及び機能)

a. 気管は10回ほど分岐して肺胞になる。

b. 成人では左右の主気管支は気管に対して、ほぼ同じ角度で分岐する。

c. 右が3葉、左が2葉に分かれる。

d. 細気管支に軟骨はない。

e. 成人の解剖学的死腔は約150mlである。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:医学概論/人体の構造及び機能/呼吸
類似問題を見る

国-17-AM-13

血液循環について正しいのはどれか。

a. 上腕の外側で上腕動脈の脈を触れる

b. 肺静脈は中心静脈である。

c. 門脈は肝臓に流入する。

d. 大伏在静脈は下肢内側の皮下を上行する。

e. 冠循環では動脈間吻合は少ない。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:医学概論/人体の構造及び機能/循環
類似問題を見る

ME_2-38-AM-14

肝臓について誤っているのはどれか。

1. 腹腔右上部の横隔膜直下に位置する。

2. 重量はおよそ1.2~1.5kgである。

3. 流入血管は門脈だけである。

4. 肝血流量は心拍出量の約25%である。

5. 肝鎌状間膜(肝円索)で解剖学的に右葉と左葉に分かれる。

国-32-AM-9

腹(膜)腔について誤っているのはどれか。

1. 小綱は肝臓に付着する。

2. 大綱は胃の尾側に存在する。

3. 腸間膜は2枚から成っている。

4. 膵臓は腹(膜)腔の中にある。

5. 膀胱は腹(膜)腔の外にある。

正答:4
分類:医学概論/人体の構造及び機能/消化と吸収
類似問題を見る

国-29-PM-4

重層扁平上皮をもつのはどれか。

a. 胃粘膜

b. 腟粘膜

c. 食道粘膜

d. 膀胱内壁

e. 気管支内腔

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:医学概論/人体の構造及び機能/生物学的基礎
類似問題を見る

国-1-AM-19

肺の構造について正しいのはどれか。

a. 気管は10回ほど分岐して袋状の肺胞になる。

b. 成人では左右の主気管支は気管に対して、ほぼ同じ角度で分岐する。

c. 肺は右が3葉、左が2葉に分かれる。

d. 細気管支に軟骨はない。

e. 成人の呼吸死腔は約150mLである。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:医学概論/人体の構造及び機能/呼吸
類似問題を見る