このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-32-PM-10

創傷治癒の過程について正しいのはどれか。

1. 成熟相(組織再構築期)は受傷直後~3日間の時期でみられる。

2. 増殖相には肉芽組織が形成される。

3. 上皮細胞はコラーゲンを産生する。

4. 線維芽細胞は分裂し扁平化しシート状に結合して創部を覆いつくす。

5. 炎症相にはコラーゲン線維の再構築により瘢痕組織が形成される。

正答:2
分類:臨床医学総論/外科学概論/創傷治療
類似問題を見る

国-32-AM-10

ショックでみられる徴候として誤っているのはどれか。

1. 皮膚蒼白

2. 血圧低下

3. 表在静脈虚脱

4. 乏 尿

5. 過呼吸

正答:5
分類:臨床医学総論/外科学概論/外科学手術概論
類似問題を見る

国-31-PM-10

創傷治癒の直接的な阻害因子はどれか。

a. 腎不全

b. 妊 娠

c. 脂質異常症

d. 低栄養

e. 副腎皮質ステロイドの投与

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:臨床医学総論/外科学概論/創傷治療
類似問題を見る

国-31-AM-10

ショックの原因として誤っているのはどれか。

1. 脱 水

2. 敗血症

3. 急性心筋梗塞

4. IV型アレルギー反応

5. 迷走神経反射

正答:4
分類:臨床医学総論/外科学概論/外科学手術概論
類似問題を見る

国-30-PM-10

周術期の感染管理について正しいのはどれか。

1. 手術部位は周辺部から中心部に向かって消毒する。

2. 手術部位の皮膚消毒には0.1 %ポビドンヨードを用いる。

3. 手術部位はカミソリで剃毛する。

4. 大腸の手術後には経口抗生物質を併用する。

5. MRSA の消毒薬感受性は高い。

正答:5
分類:臨床医学総論/外科学概論/患者管理
類似問題を見る

国-29-PM-10

創傷治癒について正しいのはどれか。

a. 開放創は二次治癒となる。

b. 肉芽組織は毛細血管が乏しい。

c. 瘢痕形成後に肉芽組織が形成される。

d. 低アルブミン血症では創傷治癒が遅延する。

e. 清潔な湿潤環境は創傷治癒を促進する。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:臨床医学総論/外科学概論/創傷治療
類似問題を見る

国-28-PM-10

創傷治癒について正しいのはどれか。

1. 手術で縫合された創の治癒形式は二次治癒と呼ぶ。

2. 壊死した皮膚はできるだけ温存する。

3. 抗がん剤投与は創傷治癒を促進させる。

4. 創面は乾燥させた方が治癒しやすい。

5. 血糖管理の不良な糖尿病患者では創傷治癒が遅延する。

正答:5
分類:臨床医学総論/外科学概論/創傷治療
類似問題を見る

国-27-PM-10

創傷治癒を遅らせる因子はどれか。

a. 糖尿病

b. 低タンパク血症

c. 妊 娠

d. 高血圧

e. 副腎皮質ステロイド薬の投与

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:臨床医学総論/外科学概論/創傷治療
類似問題を見る

国-27-AM-12

ワルファリンの効果を弱めるのはどれか。

a. うなぎ

b. そ ば

c. 納 豆

d. ビタミンK剤

e. カリウム剤

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:臨床医学総論/外科学概論/患者管理
類似問題を見る

国-26-PM-10

創傷治癒の過程で正しい順番はどれか。

1. 炎症期 → 止血期 → 成熟改変期 → 増殖期

2. 止血期 → 炎症期 → 増殖期 → 成熟改変期

3. 炎症期 → 止血期 → 増殖期 → 成熟改変期

4. 止血期 → 増殖期 → 炎症期 → 成熟改変期

5. 炎症期 → 成熟改変期 → 止血期 → 増殖期

正答:2
分類:臨床医学総論/外科学概論/創傷治療
類似問題を見る

国-25-PM-10

身長180cm、体重81kgのヒトのBMI(body mass index)の値はどれか。

1. 18

2. 22

3. 25

4. 28

5. 30

正答:3
分類:臨床医学総論/外科学概論/外科学手術概論
類似問題を見る

国-25-AM-10

ポビドンヨードについて誤っているのはどれか。

a. 皮膚縫合前の創内洗浄は創治癒を高める。

b. 粘膜の消毒に禁忌である。

c. 関節注射時の皮膚消毒に有効である。

d. ヨードアレルギーを起こす可能性がある。

e. 金属腐食性が強い。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:1
分類:臨床医学総論/外科学概論/消毒、滅菌
類似問題を見る

国-24-PM-10

創傷治癒について誤っているのはどれか。(臨床医学総論)

1. 創傷治癒には適度な湿潤環境の保持が必要である。

2. 感染を伴うと創傷治癒は阻害される。

3. 皮膚表皮細胞は再生能力がある。

4. 新鮮創では創面を消毒するのが望ましい。

5. 線維芽細胞はコラーゲンを産生する。

正答:4
分類:臨床医学総論/外科学概論/創傷治療
類似問題を見る

国-23-PM-23

全身麻酔下の低体温による周術期合併症で誤っているのはどれか。

1. 薬物代謝の遅延

2. 麻酔の覚醒遅延

3. 交感神経系の抑制

4. シバリング(ふるえ)の発生

5. 免疫機能の低下

正答:3
分類:臨床医学総論/外科学概論/患者管理
類似問題を見る

国-23-PM-22

粘膜の消毒に用いるのはどれか。

a. グルコン酸クロルヘキシジン

b. エタノール

c. フェノール

d. 塩化ベンザルコニウム

e. ポビドンヨード

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:臨床医学総論/外科学概論/消毒、滅菌
類似問題を見る

国-23-PM-10

創傷治癒を阻害しないのはどれか。

1. 感 染

2. 低栄養

3. 高コレステロール血症

4. 肝硬変

5. 糖尿病

正答:3
分類:臨床医学総論/外科学概論/創傷治療
類似問題を見る

国-23-AM-21

手術部位感染のリスク因子はどれか。

a. 小 児

b. 高血圧

c. 糖尿病

d. 手術時間

e. 低体温

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:臨床医学総論/外科学概論/患者管理
類似問題を見る

国-22-PM-10

速乾性エタノール手指消毒で正しいのはどれか。

1. 事前の手指洗浄は必要ない。

2. 1回1mlを使用する。

3. 手荒れの予防には皮膚に擦り込まない。

4. 消毒後タオルで十分に薬液を拭きとる。

5. 有芽胞菌は殺菌されない。

正答:5
分類:臨床医学総論/外科学概論/消毒、滅菌
類似問題を見る

国-22-AM-22

滅菌法で正しいのはどれか。

a. 高圧蒸気滅菌はプラスチック製品の滅菌に適している。

b. ガス滅菌で用いる酸化エチレンガスは人体に無害である。

c. 放射線滅菌は行われない。

d. ガスプラズマ滅菌では過酸化水素が用いられる。

e. 濾過滅菌は注射用水の製造に用いられる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:臨床医学総論/外科学概論/消毒、滅菌
類似問題を見る

国-22-AM-21

手術後感染の予防で正しいのはどれか。

a. 手術の妨げにならなければ除毛処置は行わない

b. 術中は低体温で管理する。

c. 手術創面への消毒薬の使用は有用である。

d. 長時間の手術は感染のリスクを高める。

e. 術前の栄養管理は有用である。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:臨床医学総論/外科学概論/消毒、滅菌
類似問題を見る