このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-32-PM-36

RF容量結合型加温法で正しいのはどれか。

a. 100MHz以上の周波数の電波を用いる。

b. 誘電損により発熱する。

c. 電気抵抗の低い組織ほど加温されやすい。

d. 表面冷却のためにボーラス(水バッグ)を使用する。

e. 電極サイズが小さいほど電極近傍の加温強くなる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:医用治療機器学/各種治療機器/熱治療機器
類似問題を見る

国-32-PM-35

正しい組合せはどれか。

a. Arレーザ ------------- 近視治療

b. ArFエキシマレーザ----- 網膜光凝固

c. CO2レーザ ----------- 切開

d. Nd:YAGレーザ ------- 凝固止血

e. Dyeレーザ ------------ 疼痛治療

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:医用治療機器学/各種治療機器/光治療機器
類似問題を見る

国-32-PM-34

輸液ポンプで誤っているのはどれか。

1. シリンジポンプは微量注入に適する。

2. 滴下センサには赤外線が用いられる。

3. ペリスタルティック方式には気泡アラームがある。

4. 流量制御型では汎用輸液セットが使える。

5. 与圧注入方式は小型軽量である。

正答:4
分類:医用治療機器学/各種治療機器/機械的治療機器
類似問題を見る

国-32-PM-33

冠動脈インターベンション治療(PCI)について正しいのはどれか。

a. ガイドワイヤはX線透視下で誘導する。

b. バルーン拡張時に冠動脈血流量は減少する。

c. 治療後の再狭窄はない。

d. ロータブレータは衝撃波を利用する。

e. 術後の抗血小板療法は不要である。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:1
分類:医用治療機器学/各種治療機器/機械的治療機器
類似問題を見る

国-32-PM-32

体外式除細動器で正しいのはどれか。

a. 二柑|生波形は半導体スイッチにより極性を反転する。

b. 出力パルス幅は2~5μsである。

c. 出力端子の一方は接地されている。

d. 通電テストには50Ωの無誘導抵抗を用いる。

e. 心房細動除去にはR波同期を用いる。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:医用治療機器学/各種治療機器/電磁気治療器
類似問題を見る

国-32-AM-39

内視鏡外科手術で正しいのはどれか。

a. 気腹に二酸化炭素を用いる。

b. 気腹で静脈還流は増加する。

c. 硬性鏡は使用できない。

d. 胸腔内手術は適応外である。

e. 肺血栓塞栓症のリスクがある。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:医用治療機器学/各種治療機器/内視鏡機器
類似問題を見る

国-32-AM-37

胸腔ドレナージで持続吸引する場合、設定値は通常-5~-20の陰圧とするが、このときの単位はどれか。

1. kgf/cm2

2. atm

3. cmH20

4. kPa

5. psi

正答:3
分類:医用治療機器学/各種治療機器/機械的治療機器
類似問題を見る

国-32-AM-36

植込み型ペースメーカについて正しいのはどれか。

a. 慢性心房細動の徐脈はDDDの適応である。

b. VVIの電極リードは2本である。

c. パルス振幅は3mVである。

d. リチウム・ヨウ素電池を使用する。

e. 単極電極ではカテーテル先端部はマイナス極である。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:医用治療機器学/各種治療機器/電磁気治療器
類似問題を見る

国-32-AM-35

電気メスについて正しいのはどれか。

1. 500MHzの高周波が用いられる。

2. 出力電力と必要な対極板面積は反比例する。

3. 純切開にはバースト波が用いられる。

4. 出力回路にはコンデンサが直列に挿入される。

5. 高周波接地は対極板側回路を抵抗により接地する。

正答:4
分類:医用治療機器学/各種治療機器/電磁気治療器
類似問題を見る

国-31-PM-36

腹腔鏡手術で誤っているのはどれか。

1. 気腹に二酸化炭素を使用する。

2. 気腹圧は100mmHg程度に設定する。

3. 気腹による血圧低下が起こる。.

4. トロッカ(トロカール)を使用する。

5. 自動吻合器が使用できる。

正答:2
分類:医用治療機器学/各種治療機器/内視鏡機器
類似問題を見る

国-31-PM-35

超音波吸引手術器で正しいのはどれか。

a. 振動子は5MHzで振動する。

b. 対極板が必要である。

c. 電気メスより止血機能に優れる。

d. 生理食塩液で洗浄しながら使用する。

e. 白内障手術に用いる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:医用治療機器学/各種治療機器/超音波治療機器
類似問題を見る

国-31-PM-34

正しいのはどれか。

a. シリンジポンプは大量急速注入に適する。

b. シリンジポンプには気泡アラームがついている。

c. 輸液ポンプの滴下センサは赤外線を用いている。

d. 流量制御型輸液ポンプでは専用の輸液セットを用いる。

e. 携帯型ポンプには与圧注入方式がある。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:医用治療機器学/各種治療機器/機械的治療機器
類似問題を見る

国-31-PM-33

植込み型除細動器(ICD)について正しいのはどれか。

1. Brugada症候群には禁忌である。

2. 頻脈停止機能を有する。

3. 刺激電極は左室に留置する。

4. 開胸手術で留置する。

5. 360Jで刺激する。

正答:2
分類:医用治療機器学/各種治療機器/電磁気治療器
類似問題を見る

国-31-PM-32

マイクロ波手術装置で正しいのはどれか。

a. ISM周波数を使用する。

b. 同軸ケープルを使用する。

c. 渦電流損で発熱する。

d. 対極板を使用する。

e. 組織を凝固する。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:医用治療機器学/各種治療機器/電磁気治療器
類似問題を見る

国-31-AM-39

超音波凝固切開装置で誤っているのはどれか。

1. アクティブブレードは45~55kHzの周波数で振動する。

2. 70~100°Cで組織中のタンパク質を凝固させる。

3. 細い血管からの出血を止めることができる。

4. 電気メスに比べて短時間で凝固切開が可能である。

5. 内視鏡外科手術に用いられる。

正答:4
分類:医用治療機器学/各種治療機器/超音波治療機器
類似問題を見る

国-31-AM-38

治療用レーザ装置と適用との組合せで正しいのはどれか。

a. ArFエキシマレーザ(193nm) 近視矯正

b. CO2レーザ(10.6μm) 尿管結石破砕

c. Nd:YAGレーザ(1.064μm) 疼痛治療

d. 半導体レーザ(630~680nm) 光線力学療法

e. Dyeレーザ(585~630nm) あざ治療

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:医用治療機器学/各種治療機器/光治療機器
類似問題を見る

国-31-AM-37

冠動脈インターベンション治療(PCI)について正しいのはどれか。

1. 上腕静脈からカテーテルを挿入する。

2. 患部まで超音波診断装置でカテーテルを誘導する。

3. 狭窄部ではバルーンを0.2MPa程度で加圧する。

4. ロ一夕ブレーク使用時に冠動脈血流は減少する。

5. ステント留置直後から抗血小板療法は不要である。

正答:4
分類:医用治療機器学/各種治療機器/機械的治療機器
類似問題を見る

国-31-AM-36

現在用いられているESWLの衝撃波発生方式でないのはどれか。

a. 電磁板方式

b. 電極放電方式

c. 圧電素子方式

d. レーザ方式

e. 圧縮空気方式

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:医用治療機器学/各種治療機器/機械的治療機器
類似問題を見る

国-31-AM-35

電気メスで正しいのはどれか。

1. 300~500kHz帯の電流を用いる。

2. 切開モードでは断続波を用いる。

3. 導電接触形対極板は静電接触形対極板より接触インピーダンスが大きい。

4. 高周波漏れ電流の許容値は500mA以内である。

5. 負荷抵抗10Ωでキャリブレーションする。

正答:1
分類:医用治療機器学/各種治療機器/電磁気治療器
類似問題を見る

国-30-PM-38

内視鏡的外科手術において正しいのはどれか。

1. 気腹に亜酸化窒素を用いる。

2. 気腹により静脈還流は増加する。

3. 肺血栓塞栓症の合併症はない。

4. 電気メスは使用できない。

5. 自然気胸は適応である。

正答:5
分類:医用治療機器学/各種治療機器/内視鏡機器
類似問題を見る