このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-32-PM-36

RF容量結合型加温法で正しいのはどれか。

a. 100MHz以上の周波数の電波を用いる。

b. 誘電損により発熱する。

c. 電気抵抗の低い組織ほど加温されやすい。

d. 表面冷却のためにボーラス(水バッグ)を使用する。

e. 電極サイズが小さいほど電極近傍の加温強くなる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:医用治療機器学/各種治療機器/熱治療機器
類似問題を見る

国-30-AM-37

ハイパーサーミアについて正しいのはどれか。

a. 容量結合型加温には数kHz-数十kHzの周波数を使用する。

b. 超音波加温は空気層を通して組織を加温する。

c. 皮膚表面の冷却にボーラス(水バッグ)を用いる。

d. マイクロ波加温では周波数の増加に対して加温できる深さが減少する。

e. 組織内加温では針電極を刺入する。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:医用治療機器学/各種治療機器/熱治療機器
類似問題を見る

国-28-PM-36

がん温熱療法について正しいのはどれか。

a. RF容量結合型加温では金属ベッドを使用する。

b. マイクロ波加温法は全身加温に適する。

c. 化学療法と併用される。

d. 加温後細胞は熱耐性を示す。

e. 表面冷却にはボーラスを用いる。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:医用治療機器学/各種治療機器/熱治療機器
類似問題を見る

国-27-PM-37

ハイパーサーミア装置について正しいのはどれか。

1. RF容量結合型加温では電極直径を小さくして深部加温を行う。

2. マイクロ波加温は全身加温に使われる。

3. 超音波加温は肺に対して使われる。

4. 電極のエッジ効果軽減にボーラスが使われる。

5. 組織内加温法は非侵襲的加温である。

正答:4
分類:医用治療機器学/各種治療機器/熱治療機器
類似問題を見る

国-26-PM-38

ハイパーサーミアについて正しいのはどれか。

1. 65°C以上の局所加温を目標とする。

2. 放射線療法との併用は禁忌である。

3. 体表面の冷却にボーラスを利用する。

4. RF容量結合型加温法では筋肉は脂肪よりも加温されやすい。

5. マイクロ波加温法は深部腫瘍の加温に有効である。

正答:3
分類:医用治療機器学/各種治療機器/熱治療機器
類似問題を見る

国-25-PM-38

ハイパーサーミアについて正しいのはどれか。

a. RF容量結合型加温法では電極直下の脂肪層をボーラスで冷却 する。

b. RF容量結合型加温法は深在性腫瘍の治療には適さない。

c. マイクロ波加温法は抵抗成分に発生するジュール熱を用いる。

d. 超音波加温法は超音波を患部に収束させて加温する。

e. 全身加温法は血液を体外循環させて全身を加温する。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:医用治療機器学/各種治療機器/熱治療機器
類似問題を見る

国-24-PM-37

悪性腫瘍の温熱療法で正しいのはどれか。(医用治療機器学)

a. 腫瘍組織を39~40°Cに加温する。

b. マイクロ波加温法は深在性腫瘍の加温に適する。

c. RF波加温法では患部を二つの電極で挟む。

d. 放射線療法と併用される。

e. 熱耐性は1週目で最大となる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:医用治療機器学/各種治療機器/熱治療機器
類似問題を見る

国-24-AM-38

冷凍手術器の作用機序で誤っているのはどれか。(医用治療機器学)

1. 攣縮反応

2. 炎症反応

3. 固化作用

4. 接着効果

5. 壊死効果

正答:1
分類:医用治療機器学/各種治療機器/熱治療機器
類似問題を見る

国-23-PM-37

がん温熱療法(ハイパーサーミア)について正しいのはどれか。

1. 65°C以上の局所加温を目標とする。

2. 放射線療法との併用は禁忌である。

3. 体表面の冷却にボーラスを利用する。

4. RF容量結合型加温法では筋肉は脂肪より加温されやすい。

5. マイクロ波加温法は深部腫瘍の加温に有効である。

正答:3
分類:医用治療機器学/各種治療機器/熱治療機器
類似問題を見る

国-22-PM-38

悪性腫瘍の温熱療法で正しいのはどれか。

a. 腫瘍組織を39~40°Cに加温する。

b. マイクロ波加温法は深在性腫瘍の加温に適する。

c. RF波加湿法では組織を二つの電極で挾む。

d. 放射線療法や化学療法と併用される。

e. 熱耐性は1週目で最大となる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:医用治療機器学/各種治療機器/熱治療機器
類似問題を見る

国-20-AM-75

冷凍手術器について正しいのはどれか。(医用治療機器学)

1. 常温高圧型の冷却原理はジュール・トムソン効果である。

2. 常温高圧型の冷凍手術器本体には断熱構造が不可欠である。

3. 常温高圧型は大きな病変の破壊に適している。

4. 二酸化炭素は低温常圧型における冷却剤としで使用される。

5. 液体窒素の自然蒸発は1日に0.1%程度である。

正答:1
分類:医用治療機器学/各種治療機器/熱治療機器
類似問題を見る

国-20-AM-74

ハイパーサーミア(癌温熱療法)について正しいのはどれか。(医用治療機器学)

a. RF容量結合型では1枚の電極で加湿する。

b. マイクロ波加湿法は深在性腫瘍の治療に適している。

c. 加温目標は50°Cである。

d. 放射線治療との併用効果がある。

e. 全身加温法には体外循環を用いる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:医用治療機器学/各種治療機器/熱治療機器
類似問題を見る

国-19-AM-75

がんの温熱療法について正しいのはどれか。(医用治療機器学)

a. マイクロ波加温法は浅在性腫瘍の加温に有効である。

b. 外部加温法の加湿目標は60°C以上である。

c. 集束超音波照射には加温作用はない。

d. RF容量結合型では電磁障害は発生しない。

e. 体表面の冷却にボーラスを利用する。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:医用治療機器学/各種治療機器/熱治療機器
類似問題を見る

国-18-AM-72

温熱療法について正しいのはどれか。(医用治療機器学)

1. 癌組織の最適加温温度は38~39°Cである。

2. RF容量結合型では筋肉組織は脂肪組織より加温されやすい。

3. マイクロ波加温法では数+MHzまでの電磁波を使用する。

4. 前立腺肥大症の治療に超音波加温法は用いない。

5. RF容量結合型はマイクロ波加温法より透過深度が大きい。

正答:5
分類:医用治療機器学/各種治療機器/熱治療機器
類似問題を見る

国-17-AM-75

冷凍手術器について正しいのはどれか。

1. 常温高圧型の冷却原理はジュール・トムソン効果である。

2. 常温高圧型の冷凍手術器本体には断熱構造が不可欠である。

3. 常温高圧型は大きな病変の破壊に適している。

4. 炭酸ガスは低温常圧型における冷却剤として使用される。

5. 液体窒素の自然蒸発は1日に0.1%程度である。

正答:1
分類:医用治療機器学/各種治療機器/熱治療機器
類似問題を見る

国-13-PM-81

生体の深部加温に用いられるのはどれか。

a. 紫外線

b. 静磁場

c. エックス線

d. 電磁波

e. 超音波

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:医用治療機器学/各種治療機器/熱治療機器
類似問題を見る

国-11-AM-72

低温常圧型の冷凍手術器に使われるのはどれか。

1. 液体酸素

2. 高圧亜酸化窒素(笑気)

3. 高圧二酸化炭素

4. 液体ヘリウム

5. 液体窒素

正答:5
分類:医用治療機器学/各種治療機器/熱治療機器
類似問題を見る

国-9-AM-74

悪性腫瘍に対するハイパーサーミアについて誤っているのはどれか。

a. ハイパーサーミアとは温熱療法のことを指す。

b. 腫瘍全体を43°C程度に加温する。

c. 周辺の正常組織はなるべく低温に保つ。

d. 深在性腫瘍の加温にはマイクロ波を用いる。

e. 放射線との併用治療は禁忌である。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:医用治療機器学/各種治療機器/熱治療機器
類似問題を見る

国-7-PM-67

冷凍手術について誤っているのはどれか。

a. 病変部を超低温にして組織を破壊する方法を凍結療法という。

b. 局所が凍結しない程度に組織を低温にする方法を冷却療法という。

c. 液体が気化するときに奪う熱を利用する方法を低温常圧型という。

d. 気体が液化するときに奪う熱を利用する方法を常温常圧型という。

e. 気体の断熱圧縮による温度低下を利用する方法を低温高圧型という。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:医用治療機器学/各種治療機器/熱治療機器
類似問題を見る

国-6-PM-66

冷凍手術器について正しいのはどれか。

a. 病変部を超低温にして組織を破壊する。

b. 低温常圧型は断熱膨張による温度下降現象を利用する。

c. 常温高圧型は超低温液化ガスの気化熱を利用する。

d. 接触凍結法は体表面の病変に使用される。

e. 挿入凍結法は体深部の病変に使用される。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:医用治療機器学/各種治療機器/熱治療機器
類似問題を見る