このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-32-PM-28

観血式血圧計の波形ダンピングの原因となるのはどれか。

a. 回路内への気泡混入

b. カテーテル先端での血栓形成

c. カテーテルの先当り

d. ゼロ点調整不良

e. 血圧トランスデューサの設置高さの変更

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:1
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/循環関連の計測
類似問題を見る

国-32-AM-29

トランジットタイム型超音波血流計について正しいのはどれか。

a. 複数チャネルの同時計側か可能である。

b. 電気的干渉を受けやすい。

c. 測定開始前にゼロ点補正が必要である。

d. 体外循環用のチューブで使用可能である。

e. 内胸動脈グラフトで使用可能である。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/循環関連の計測
類似問題を見る

国-31-PM-28

超音波パルスドプラ血流計について正しいのはどれか。

a. 血流がプローブに向うとき受信周波数は送信周波数よりも低くなる。

b. 超音波ビームが血流方向に対して垂直なときは測定できない。

c. 周波数祈り返し現象は血流速度が速いほど起こりやすい。

d. パルス繰り返し周波数は超音波の振動周波数の2倍以上とする。

e. 最大計測深度はパルス繰り返し周波数が高いほど大きい。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/循環関連の計測
類似問題を見る

国-31-AM-29

中心静脈圧の計測ができるのはどれか。

1. 観血式測定法

2. オシロメトリック法

3. トノメトリ法

4. 容積補償法

5. 聴診法

正答:1
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/循環関連の計測
類似問題を見る

国-31-AM-28

心電図テレメータについて誤っているのはどれか。

1. 送信機のチャネル番号は4桁の数字で表示する。

2. 専用周波数帯は1GHz帯にある。

3. ディジタル変調方式にはFSKがある。

4. ダイバーシティ方式は受信感度の安定に役立つ。

5. 同じ病棟内では同じ色ラベルの送信機を使用する。

正答:2
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/循環関連の計測
類似問題を見る

国-30-PM-29

心拍出量計測法で用いないのはどれか。

1. フィック法

2. 色素希釈法

3. 熱希釈法

4. オシロメトリック法

5. 血圧波形解析法

正答:4
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/循環関連の計測
類似問題を見る

国-30-PM-28

観血式血圧計測において測定ラインヘの血液の逆流が発生した。可能性のある原因はどれか。

a. カテーテルの先当たり

b. 血栓形成

c. 血圧測定ライン接続部分の緩み

d. 三方活栓の操作ミス

e. 加圧バッグの圧力不足

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/循環関連の計測
類似問題を見る

国-30-AM-29

トランジットタイム型超音波血流計について正しいのはどれか。

a. ドプラ効果を利用する。

b. ゼロ点補正が不要である。

c. 体表面からの計測ができない。

d. 順・逆方向の伝播時間差を利用している。

e. 赤血球からの散乱波を利用する。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/循環関連の計測
類似問題を見る

国-29-PM-28

心拍出量測定法について正しいのはどれか。

1. 熱希釈法では約0 °C の注入液を用いる。

2. 色素希釈法ではオキシヘモグロビンの量を計測する。

3. フィック法では二酸化炭素産生量から計算する。

4. 超音波断層法では心房の容積から計算する。

5. 血圧波形解析法ではスワンガンツカテーテルを用いる。

正答:1
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/循環関連の計測
類似問題を見る

国-29-AM-31

超音波ドプラ血流計について正しいのはどれか。

a. 血流がプローブに向かっているとき、受信周波数は送信周波数よりも低くなる。

b. 超音波ビームの照射方向が血流方向に対して垂直なとき、ドプラシフトは観測されない。

c. 周波数折り返し現象は血流速度が速いほど起こりやすい。

d. パルス繰り返し周波数は超音波の振動周波数の2 倍以上とする。

e. 最大計測深度はパルス繰り返し周波数が高いほど大きい。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/循環関連の計測
類似問題を見る

国-29-AM-29

観血式血圧測定について正しいのはどれか。

1. チューブ内に気泡が混入すると平均血圧が下がる。

2. 血管内に留置したカテーテル内を蒸留水で満たす。

3. 加圧バッグの内圧は収縮期血圧に等しくする。

4. ゼロ校正の基準は中心静脈圧が使われる。

5. フラッシュデバイスは抗凝固薬の持続注入機能をもつ。

正答:5
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/循環関連の計測
類似問題を見る

国-28-PM-28

トランジツトタイム型超音波血流計の特徴で正しいのはどれか。

a. ゼロ点補正が必要である。

b. 体表面からの測定が可能である。

c. . 伝搬速度を利用する。

d. 電気的に非干渉である。

e. 複数チャネルの同時計測が可能である。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/循環関連の計測
類似問題を見る

国-28-AM-29

心拍出量計測法でないのはどれか。

1. 熱希釈法

2. 色素希釈法

3. 脈波伝搬速度法

4. 超音波断層法

5. 血圧波形解析法

正答:3
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/循環関連の計測
類似問題を見る

国-28-AM-28

観血式血圧計の波形がひずむ原因はどれか。

a. ゼロ点調整不良

b. 血圧トランスデューサの高さ不良

c. カテーテル内での気泡混入

d. カテーテル先端での血栓形成

e. カテーテル先端での先当り

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/循環関連の計測
類似問題を見る

国-27-PM-28

トランジットタイム型超音波血流計について正しいのはどれか。

1. ドプラ効果を利用して流速を計測する。

2. 流路の上流と下流に配置された振動子で超音波を送受信する。

3. 超音波のコヒーレンスを利用して流量を計測する。

4. フレミングの左手の法則を利用して流速を計測する。

5. スワンガンツカテーテルの複数チャネルを利用する。

正答:2
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/循環関連の計測
類似問題を見る

国-26-PM-29

血圧計測法はどれか。

a. トノメトリー

b. オージオメトリー

c. スパイロメトリー

d. オシロメトリック法

e. 聴診法

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/循環関連の計測
類似問題を見る

国-26-AM-31

トランジットタイム型超音波血流計の特徴で誤っているのはどれか。

a. 計測前にゼロ点補正が必要である。

b. 複数チャネルの同時計測が可能である。

c. ポリ塩化ビニル製体外循環回路で計測できる。

d. 外径 1mm 程度の動脈で計測できる。

e. 電磁血液計よりも電磁的干渉を受けやすい。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/循環関連の計測
類似問題を見る

国-26-AM-30

正しいのはどれか。

a. 生体内では光散乱は少ない。

b. 生体内の光吸収は主にヘモグロビンと皮膚のメラニンによる。

c. 光によるヘモグロビンの酸素飽和良測定には複数の波長が用いられる。

d. 光電式脈波計によって血流量の波形が得られる。

e. パルスオキシメータは動脈の血流量を測定できる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/循環関連の計測
類似問題を見る

国-25-PM-28

観血式血圧計の測定誤差を増加させる要因でないのはどれか。

1. カテーテル内での血液凝固

2. 電源投入直後の血圧測定開始

3. 血圧トランスデューサの高さの変化

4. 短くて硬い材質のカテーテルの使用

5. カテーテル内への気泡の混入

正答:4
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/循環関連の計測
類似問題を見る

国-25-AM-29

正しいのはどれか。

a. 連続波超音波ドプラ血液計では逆流の情報が得られる。

b. レーザドプラ血流計は赤血球の光の吸収量から血流量を算出する。

c. 色素希釈法は心拍出量の繰り返し測定に適している。

d. 熱希釈法は熱希釈曲線の時間積分値から心拍出量を算出する。

e. Mモード超音波画像を用いて左室の駆出率が算出できる。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/循環関連の計測
類似問題を見る