このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-28-PM-10

創傷治癒について正しいのはどれか。

1. 手術で縫合された創の治癒形式は二次治癒と呼ぶ。

2. 壊死した皮膚はできるだけ温存する。

3. 抗がん剤投与は創傷治癒を促進させる。

4. 創面は乾燥させた方が治癒しやすい。

5. 血糖管理の不良な糖尿病患者では創傷治癒が遅延する。

正答:5
分類:臨床医学総論/外科学概論/創傷治療
類似問題を見る

国-27-AM-22

手術部位感染症の予防対策でないのはどれか。

1. 除毛をする場合は直前に行う。

2. 手術前日に入浴する。

3. 外来の時点で禁煙を勧める。

4. 術前入院期間を短縮する。

5. 術中は低体温を維持する。

正答:5
分類:臨床医学総論/手術医学/感染防止
類似問題を見る

国-24-PM-22

手術部位感染のリスク因子でないのはどれか。(臨床医学総論)

1. 肥 満

2. 術中低体温

3. 長時間手術

4. 閉鎖式ドレーン

5. 術後高血糖

正答:4
分類:臨床医学総論/手術医学/消毒、滅菌
類似問題を見る

国-25-AM-10

ポビドンヨードについて誤っているのはどれか。

a. 皮膚縫合前の創内洗浄は創治癒を高める。

b. 粘膜の消毒に禁忌である。

c. 関節注射時の皮膚消毒に有効である。

d. ヨードアレルギーを起こす可能性がある。

e. 金属腐食性が強い。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:1
分類:臨床医学総論/外科学概論/消毒、滅菌
類似問題を見る

国-14-PM-62

PCPSについて正しいのはどれか。

a. 完全体外循環が可能である。

b. 末梢血管からアプローチできる。

c. 完全閉鎖回路が用いられる。

d. 心臓の後負荷を軽減できる。

e. 抗凝固療法は必要ない。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:1
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/補助循環法
類似問題を見る

国-25-PM-22

感染リスクを軽減するためにとられる標準予防策の対象物でないのはどれか。

1. 汗

2. 血 液

3. 体 液

4. 粘 膜

5. 損傷した皮膚

正答:1
分類:臨床医学総論/手術医学/感染防止
類似問題を見る

国-12-AM-46

リドカインについて正しいのはどれか。

a. 抗不整脈作用がある。

b. 局所麻酔薬として適している。

c. 気管支喘息患者には禁忌である。

d. 点眼による麻酔には適さない。

e. 副作用にショックがある。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/薬理学の基礎
類似問題を見る

ME_2-31-PM-30

PCPSの使用について正しいのはどれか。

1. 手術室以外でも使用できる。

2. 抗凝固剤は必要としない。

3. 全身麻酔下で行う。

4. ローラポンプを使用する。

5. 完全体外循環で行う。

国-23-AM-21

手術部位感染のリスク因子はどれか。

a. 小 児

b. 高血圧

c. 糖尿病

d. 手術時間

e. 低体温

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:臨床医学総論/外科学概論/患者管理
類似問題を見る

国-15-AM-22

肺塞栓症について正しいのはどれか。

a. 術後に起こりやすい。

b. 予防にヘパリンを用いる。

c. 肝障害を起こす。

d. 栄養障害を伴う。

e. 循環不全を起こす。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:臨床医学総論/呼吸器系/呼吸器系
類似問題を見る

国-24-PM-10

創傷治癒について誤っているのはどれか。(臨床医学総論)

1. 創傷治癒には適度な湿潤環境の保持が必要である。

2. 感染を伴うと創傷治癒は阻害される。

3. 皮膚表皮細胞は再生能力がある。

4. 新鮮創では創面を消毒するのが望ましい。

5. 線維芽細胞はコラーゲンを産生する。

正答:4
分類:臨床医学総論/外科学概論/創傷治療
類似問題を見る

国-31-PM-72

慢性腎不全による維持透析患者における人工心肺管理で正しいのはどれか。

1. 無輸血体外循環が容易で ある。

2. 血清カリウム値は高めになるよう補正する。

3. 灌流圧は高めになる場合が多い。

4. 利尿薬を大量に用い自尿の確保に努める。

5. 術中透析施行中はその流量分だけ灌流量を増やす。

正答:3
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環の病態生理
類似問題を見る

国-23-PM-12

心房細動について正しいのはどれか。

a. 脳塞栓の原因となる。

b. 除細動によって心機能は改善する。

c. 抗凝固療法は禁忌である。

d. 左心房内血栓があるとカテーテル治療を行う。

e. 植込み型除細動器(ICD)の適応である。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:1
分類:臨床医学総論/循環器系/心臓病学
類似問題を見る

国-17-AM-71

腹腔鏡下手術について正しいのはどれか。

1. 気腔用ガスとして酸素を使用する。

2. 深部静脈血栓症の予防として下肢のマッサージ器を使用する。

3. 使用する腹腔鏡は軟性鏡のみである。

4. 低侵襲手術なので全身麻酔は必要ない。

5. 腹腔鏡の滅菌にはオートクレーブを使用する。

正答:2
分類:医用治療機器学/各種治療機器/内視鏡機器
類似問題を見る

国-18-AM-46

院内感染のスタンダードプレコーション(標準予防策)に含まれないのはどれか。(滅菌消毒学)

1. 手 袋

2. シューズカバー

3. マスク

4. ゴーダル

5. ガウン

正答:2
分類:臨床医学総論/外科学概論/消毒、滅菌
類似問題を見る

国-32-AM-39

内視鏡外科手術で正しいのはどれか。

a. 気腹に二酸化炭素を用いる。

b. 気腹で静脈還流は増加する。

c. 硬性鏡は使用できない。

d. 胸腔内手術は適応外である。

e. 肺血栓塞栓症のリスクがある。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:医用治療機器学/各種治療機器/内視鏡機器
類似問題を見る

国-14-AM-37

腸閉塞(イレウス)について正しいのはどれか。

a. 緊急処置を要する。

b. 機械的イレウスと機能的イレウスに分類される。

c. 腹部単純エックス線検査が診断に有用である。

d. 腹痛は一般にない。

e. 洗腸は禁忌である。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:1
分類:臨床医学総論/消化器系/消化器系疾患と治療
類似問題を見る

国-24-PM-4

創傷治癒を遅らせるのはどれか。(医学概論)

a. 患者の年齢が若い。

b. 基礎疾患に糖尿病がある。

c. 副腎皮質ステロイド薬を投与している。

d. 創傷部に機械的刺激がある。

e. 肉芽組織への血液供給が十分にある。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/病理学概論
類似問題を見る

国-5-PM-41

補助人工心臓の適応として正しいのはどれか。

a. 人工心肺からの離脱困難

b. 開心術後の重症低心拍出状態

c. 心臓移植までの一時的循環維持

d. 重症呼吸不全

e. 急性肝不全

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:1
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/補助循環法
類似問題を見る

国-2-PM-28

人工呼吸器の選択について誤っているのはどれか。

1. 肺疾患がない術後患者の呼吸管理は従圧式でもよい。

2. 重い肺疾患がある患者では従量式がよい。

3. 新生児では新生児専用の人工呼吸器を用いるのがよい。

4. COLD患者では広い換気条件調節機能が要求される。

5. ウィーニングには従量式が必須である。

正答:5
分類:生体機能代行装置学/呼吸療法装置/呼吸療法技術
類似問題を見る