このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-32-AM-16

交感神経系の緊張時にみられる作用はどれか。

a. 散 瞳

b. 気管支平滑筋弛緩

c. 胃酸分泌亢進

d. 腸蠕動亢進

e. 膀胱括約筋収縮

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:臨床医学総論/神経系/神経・筋肉疾患
類似問題を見る

国-31-AM-16

神経・筋肉疾患にみられる症状・徴候について正しい組合せはどれか。

a. アルツハイマー病 ―――― 認知障害

b. パーキンソン病 ――――― 筋固縮

c. 筋萎縮性側索硬化症 ――― 昏 睡

d. ギラン・バレー症候群 ――― けいれん

e. 重症筋無力症 ―――――― 午後に増悪する筋力低下

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:臨床医学総論/神経系/神経・筋肉疾患
類似問題を見る

国-30-PM-16

末梢性顔面神経麻痺の症状はどれか。

a. 健側に眼瞼下垂が出現する。

b. 麻痺側の瞳孔が散大する。

c. 麻痺側の額のしわ寄せができない。

d. 麻痺側の鼻唇溝が浅くなる。

e. 口笛がうまく吹けない。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:臨床医学総論/神経系/神経・筋肉疾患
類似問題を見る

国-29-PM-15

交感神経系の緊張時にみられる作用はどれか。

a. 散 瞳

b. 気管支平滑筋弛緩

c. 胃酸分泌亢進

d. 腸蠕動亢進

e. 膀胱括約筋収縮

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:臨床医学総論/神経系/神経・筋肉疾患
類似問題を見る

国-29-AM-12

重症筋無力症に合併する縦隔腫瘍で最も頻度が高いのはどれか。

1. 胸腺腫

2. 皮様?腫

3. 神経鞘腫

4. リンパ腫

5. 奇形腫

正答:1
分類:臨床医学総論/神経系/神経・筋肉疾患
類似問題を見る

国-28-PM-15

パーキンソン病の症状はどれか。

a. 無動

b. 動作時振戦

c. 眼振

d. 筋固縮

e. 仮面様顔貌

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:臨床医学総論/神経系/神経・筋肉疾患
類似問題を見る

国-27-AM-15

末梢性顔面神経麻痺の症状はどれか。

a. 健側に眼瞼下垂が出現する。

b. 麻痺側の瞳孔が散大する。

c. 麻痺側の額のしわ寄せができない。

d. 麻痺側の鼻唇溝が浅くなる。

e. 口笛がうまく吹けない。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:臨床医学総論/神経系/神経・筋肉疾患
類似問題を見る

国-26-PM-15

運動神経伝導速度の低下がみられるのはどれか。

1. 単純ヘルペス脳炎

2. 脳梗塞

3. ギラン・バレー症候群

4. パーキンソン病

5. 小脳腫瘍

正答:3
分類:臨床医学総論/神経系/神経・筋肉疾患
類似問題を見る

国-25-PM-15

呼吸筋麻庫の原因となる疾患はどれか。

a. 糖尿病性神経障害

b. ギラン・バレー症候群

c. 重症筋無力症

d. 筋萎縮性側索硬化症

e. アルツハイマー病

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:臨床医学総論/神経系/神経・筋肉疾患
類似問題を見る

国-20-AM-29

呼吸筋麻痺が理由で人工呼吸療法の適応となる疾患はどれか。(呼吸器学)

a. アルツハイマー病

b. ギラン・バレー症候群

c. 重症筋無力症

d. 筋萎縮性側索硬化症

e. パーキンソン病

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:臨床医学総論/神経系/神経・筋肉疾患
類似問題を見る

国-19-AM-38

Parkinson(パーキンソン)病について誤っているのはどれか。(神経病学)

1. 基底核ドパミン減少

2. 仮面様顔貌

3. 四肢弛緩

4. 振 戦

5. Lドーパ投与

正答:3
分類:臨床医学総論/神経系/神経・筋肉疾患
類似問題を見る

国-18-AM-37

アルツハイマー(Alzheimer)型痴呆の病変部位はどれか。(神経内科学)

1. 延 髄

2. 小 脳

3. 下垂体

4. 大脳基底核

5. 大脳皮質

正答:5
分類:臨床医学総論/神経系/神経・筋肉疾患
類似問題を見る

国-12-AM-38

痴呆について誤っているのはどれか。

1. 我が国では脳血管性痴呆が最も多い。

2. 脳血管性痴呆は段階的に進行する。

3. アルツハイマー型痴呆は40歳以下での発症が多い。

4. アルツハイマー型痴呆には遺伝性のものがある。

5. アルツハイマー型痴呆の大脳皮質は広範に萎縮する。

正答:3
分類:臨床医学総論/神経系/神経・筋肉疾患
類似問題を見る

国-4-AM-38

局所神経症状と髄膜刺激症状とを伴わない意識障害の原因はどれか。

a. クモ膜下出血

b. 脳塞栓

c. 高血圧性脳症

d. 眠剤中毒

e. ショック

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:臨床医学総論/神経系/神経・筋肉疾患
類似問題を見る

国-3-AM-36

自律神経系の異常で発症するのはどれか。

a. 散瞳

b. 筋萎縮

c. 振戦

d. 尿閉

e. 発汗減少

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:臨床医学総論/神経系/神経・筋肉疾患
類似問題を見る

国-1-AM-44

神経、筋について正しいのはどれか。

1. 胸髄から発する自律神経は副交感神経である。

2. 小脳の障害では運動失調は起こらない。

3. 進行性筋ジストロフィー症では呼吸筋には障害が及ばない。

4. 頭蓋内圧亢進が進行すると、脳ヘルニアの危険性を生じる。

5. 3-3-9度方式では、3の方が300よりも意識障害の程度は重い。

正答:4
分類:臨床医学総論/神経系/神経・筋肉疾患
類似問題を見る