このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-21-PM-85

生体の光学的特性について誤っているのはどれか。

1. 可視光は皮膚表面でほとんど反射する。

2. 光は波長が長いほど皮膚深部に到達する。

3. 血流量が多いほど組織の光吸収は大きい。

4. 波長が長いほどメラニンの吸収係数は大きい。

5. 血液の分光特性は酸素飽和度によって異なる。

正答:0
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の光特性
類似問題を見る

国-30-PM-87

生体組織の光学特性について誤っているのはどれか。

1. 水は赤外光をよく吸収する。

2. 皮膚の光透過は血流量に依存する。

3. 血液の光吸収は青色光よりも赤色光で大きい。

4. 細胞のDNAはUVcで損傷を受ける。

5. メラニンは紫外線をよく吸収する。

正答:3
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の熱特性
類似問題を見る

国-27-AM-88

生体組織の光学特性について誤っているのはどれか。

1. 可視光は皮膚での散乱が大きい。

2. 血液の光散乱は大きい。

3. UVAは真皮まで到達する。

4. 水の赤外光の吸収は小さい。

5. 眼球内の可視光の吸収は小さい。

正答:4
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の光特性
類似問題を見る

国-32-AM-87

生体の光学的特性について正しいのはどれか。

a. メラニンは可視光よりも紫外光をよく吸収する。

b. 紫外光は波長が長いほど皮膚深部に到達する。

c. 水は可視光よりも赤外光をよく吸収する。

d. 可視光は皮膚表面でほとんど反射する。

e. ヘモグロビンによる可視光の吸収は赤外光に比べ小さい。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:1
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の光特性
類似問題を見る

国-25-AM-88

誤っているのはどれか。

a. 紫外線は長い波長ほど皮膚深部に到達する。

b. 生体の高分子物質は紫外線をよく吸収する。

c. 可視領域では血液の光透過率はほぼ一定である。

d. ヘモグロビンは近赤外線をよく吸収する。

e. 遠赤外線の生体作用は熱的作用が主である。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の光特性
類似問題を見る

国-9-PM-82

正しいのはどれか。

a. 遠赤外光は組織をよく透過する。

b. 超音波の組織による減衰は波長が短いほど大きい。

c. エックス線CTの画像はエックス線の吸収係数の像である。

d. ガンマ線は組織で吸収されない。

e. マイクロ波は組織をほとんど透過しない。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体と放射線
類似問題を見る

ME_2-35-AM-59

生体の光特性について誤っているのはどれか。

1. 紫外線は長い波長ほど皮膚深部に到達する。

2. タンパク質は紫外線を吸収しやすい。

3. 血液の光吸収率は可視領域でほぼ一定である。

4. メラニンは可視光線を吸収しやすい。

5. 生体の水分子は遠赤外線を吸収しやすい。

国-28-PM-87

生体の光学特性について誤っているのはどれか。

a. 血液の光吸収はヘマトクリット値に依存する。

b. 皮膚に照射された UVc は真皮まで到達する。

c. ヘモグロビンは青色光よりも近赤外光をよく吸収する。

d. メラニンは可視光よりも紫外光をよく吸収する。

e. 水は可視光よりも赤外光をよく吸収する。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の光特性
類似問題を見る

国-10-AM-73

Nd:YAGレーザについて誤っているのはどれか。

a. 眼に直接入射しても安全な波長である。

b. 組織内部での光散乱が小さい。

c. 凝固・止血能に優れている。

d. 石英光ファイバーで伝送できる。

e. 気体レーザである。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:医用治療機器学/各種治療機器/光治療機器
類似問題を見る

国-18-AM-77

同じ吸収線量で生体への作用が最も強い放射線はどれか。(医用機器安全管理学)

1. アルファ線

2. ベータ線

3. ガンマ線

4. 陽子線

5. エックス線

正答:1
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

ME_2-29-AM-45

パルスオキシメータで利用している光特性はどれか。

1. 赤血球での光散乱

2. 脈動する動脈壁での光反射

3. 動脈内のヘモグロビンの光吸収

4. 動脈周囲の組織での光散乱

5. 脈動する動脈壁での光吸収

国-20-AM-58

パルスオキシメトリについて誤っているのはどれか。(生体計測装置学)

a. Lambert-Beerの法則を用いて測定する。

b. オキシヘモグロビンの光吸収は赤外光が赤色光より大きい。

c. 脈波を利用して動脈血酸素飽和度を測定する。

d. 動脈血酸素分圧の計測と同じ原理である。

e. 受光部にLEDを用いる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/呼吸関連の計測
類似問題を見る

ME_2-34-AM-49

パルスオキシメータについて正しいのはどれか。

1. 溶存酸素量を測定する。

2. 静脈血による吸収の変化を測定する。

3. 酸素化ヘモグロビンは赤外光より赤色光の吸収が大きい。

4. 光の検出にはLEDが用いられる。

5. 測定値に影響する要因として外光侵入がある。

ME_2-38-AM-53

パルスオキシメータが利用している光学特性はどれか。

1. 脂肪組織での屈折

2. 組織界面での反射

3. 筋肉組織での吸収

4. 血漿での散乱

5. 血球での吸収

国-16-AM-64

パルスオキシメータについて正しいのはどれか。

a. 無侵襲モニタリングが可能である。

b. 測定部位の厚みによる校正が必要である。

c. 動脈性の拍動はアーチファクトの原因となる。

d. 血液の光吸収特性を利用する。

e. 酸素飽和度が高いと赤色光の吸光度は低下する。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/循環関連の計測
類似問題を見る

ME_2-38-AM-55

生体情報を測定するのに生体外から生体にエネルギーを加える必要がないのはどれか。

1. MRI装置

2. X線CT装置

3. NIRS(Near Infrared Spectroscopy)装置

4. 脳磁図計

5. 超音波診断装置

国-18-AM-62

パルスオキシメトリについて誤っているのはどれか。(生体計測装置学)

a. Lambert-Beerの法則を用いて測定する。

b. オキシヘモグロビンの光吸収は赤外光が赤色光より大きい。

c. 1心拍ごとの脈波を利用して動脈血酸素飽和度を測定する。

d. 動脈血酸素分圧の計測と同じ原理である。

e. 受光部にLEDを用いる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/呼吸関連の計測
類似問題を見る

国-12-PM-82

光を生体組織に入射したときの現象で誤っているのはどれか。

1. 吸収によって光強度が減衰する。

2. 散乱によって光ビームが拡がる。

3. 反射によって透過光は減少する。

4. 屈折によって光の方向が変わる。

5. 光速は生体中の方が空気中より高い。

正答:5
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の光特性
類似問題を見る

国-28-AM-86

放射線が同じ線量で生体に吸収されたとき、影響が最も大きいのはどれか。

1. X線

2. α線

3. γ線

4. 電子線

5. 陽子線

正答:2
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体と放射線
類似問題を見る

国-29-AM-87

生体の光特性について誤っているのはどれか。

1. UV C は表皮での散乱と吸収が大きい。

2. UV B は真皮まで到達する。

3. UV A は紫外線の中で最も細胞への致死的作用が強い。

4. メラニンは可視光よりも紫外線の吸収が大きい。

5. ヘモグロビンは赤外線よりも可視光の吸収が大きい。

正答:3
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の光特性
類似問題を見る