このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-3-PM-32

術後の呼吸管理で正しいのはどれか。

a. 体位交換を行う。

b. 重症例では従量式人工呼吸器が望ましい。

c. 吸気中の湿度を高める方がよい。

d. 麻薬は禁忌である。

e. PaO2を300mHg以上に維持する。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:1
分類:生体機能代行装置学/呼吸療法装置/呼吸療法技術
類似問題を見る

国-13-AM-26

生活習慣病としての高血圧症治療上有用でないのはどれか。

1. 健常人と同量の塩分摂取

2. ストレスの解消

3. 肥満者では体重減少

4. 喫煙者では禁煙

5. 飲酒者では節酒

正答:1
分類:臨床医学総論/内化学概論/内科学概論
類似問題を見る

国-14-PM-65

人工心肺を用いる体外循環時の血液希釈について正しいのはどれか。

a. 酸素運搬能が増加する。

b. 末梢組織での循環不全を防止する。

c. 血液使用量を節減する。

d. ヘマトクリット値を20%前後に保つ。

e. 血液粘度が上昇する。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環の病態生理
類似問題を見る

国-31-AM-78

慢性腎臓病に伴う骨・ミネラル代謝異常(CKD-MBD)の治療で正しいのはどれか。

a. 透析時間の短縮

b. 食事中リン摂取量の増加

c. 副甲状腺摘除術

d. 活性型ビタミンD製剤投与

e. 低血流量透析

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:生体機能代行装置学/血液浄化療法装置/血液浄化の実際
類似問題を見る

国-19-AM-30

糖尿病性ケトアシドーシスで正しいのはどれか。(腎臓・泌尿器学)

a. 尿ケトン体が陽性となる。

b. 動脈血pHは7.4である。

c. 血漿浸透圧が低下する。

d. 高齢者に高い。

e. インスリンの欠乏が誘因となる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:臨床医学総論/臨床生化学/エネルギー代謝
類似問題を見る

ME_2-29-AM-19

エネルギ一代謝について正しいのはどれか。

1. 安静座位で覚醒中のエネルギー消費量を基礎代謝量とよぶ。

2. 食事摂取により代謝量は減少する。

3. 体表面積当たりの基礎代謝量は1~3歳で最高値を示す。

4. 甲状腺機能亢進症では基礎代謝量が減少する。

5. 成人の基礎代謝量は約500kcal/日(2100kJ/日)である。

国-27-AM-72

人工心肺の適正濯流について誤っているものはどれか。

a. 平均動脈圧を60~80mmHgに維持する。

b. 側副血行路の多い右左短絡疾患では濯流量を少なめにする。

c. 低体温体外循環では常温体外循環よりも潅流量を多くする。

d. 混合静脈血酸素飽和度(SvO2)70%以上を目標に潅流量を調節する。

e. 体重あたりの濯流量は成人に比べて小児の方が多い。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環技術
類似問題を見る

ME_2-28-AM-6

妊娠末期の生理的変化で正しいのはどれか。

1. 体重が減少する。

2. 血中ヘモグロビン値が増加する。

3. 循環血液量が増加する。

4. 体温が低下する。

5. 脈拍数が減少する。

国-23-AM-21

手術部位感染のリスク因子はどれか。

a. 小 児

b. 高血圧

c. 糖尿病

d. 手術時間

e. 低体温

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:臨床医学総論/外科学概論/患者管理
類似問題を見る

国-25-PM-71

人工心肺時の血液希釈で正しいのはどれか。

a. 溶血量が軽減する。

b. 酸素運搬能が増加する。

c. 血液粘稠度が増加する。

d. 膠質浸透圧が増加する。

e. 組織血液を良好にする。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環の病態生理
類似問題を見る

国-12-AM-35

輸血療法について正しいのはどれか。

a. 健常成人では出血量600mlまでは輸血しない。

b. Rh陽性患者にRh陰性の赤血球を輸血してもよい。

c. 化学療法時の血小板数は通常2万/μl以上を維持する。

d. 新鮮凍結血漿輸血の目的は栄養補給である。

e. 血清アルブミン濃度は通常4g/dl以上を維持する。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:臨床医学総論/外科学概論/外科学手術概論
類似問題を見る

国-22-PM-12

深部静脈血栓症で正しいのはどれか。

a. 肥満女性に多い。

b. 長期臥床時に多い。

c. 脱水は誘因である。

d. 下肢に輸液すると防止できる。

e. 間欠的空気圧迫装置では防止できない。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:1
分類:臨床医学総論/循環器系/血管病学
類似問題を見る

ME_2-40-AM-11

成人より小児で少ない(低い)のはどれか。

1. 呼吸数

2. 心拍数

3. 血 圧

4. 体重あたりの酸素消費量

5. 体重に占める水分量

国-30-PM-72

乳幼児の人工心肺を用いた体外循環で成人と比較して正しいのはどれか。

a. 無輸血体外循環が容易である。

b. 体重1 kg 当たりの適正灌流量が少ない。

c. 目標灌流圧が低い。

d. 体液バランスの不均衡が生じやすい。

e. 急速な冷却が望ましい。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環技術
類似問題を見る

ME_2-31-AM-4

代謝について正しいのはどれか。

1. 睡眠時のエネルギー消費量を基礎代謝量とよぶ。

2. 食事を摂取した後には代謝が低下する。

3. 基礎代謝に対する寄与が最も高い臓器は腎臓である。

4. 1gあたりの熱量は、三大栄養素のうち脂質が最大である。

5. 体表面積あたりの基礎代謝量は16~20歳で最高値を示す。

国-20-AM-49

体温について誤っているのはどれか。(集中治療学)

1. 体温調節中枢は延髄にある。

2. 健常人の体温の日内変動は1°C程度である。

3. 全身麻酔時には体温は環境に依存する。

4. 膀胱温は深部温の指標である。

5. 肺動脈カテーテルは血液温度を連続的に測定できる。

正答:1
分類:臨床医学総論/集中治療医学/集中治療
類似問題を見る

ME_2-30-PM-28

熱希釈式心拍出量測定で正しいのはどれか。

1. 末梢動脈よりカテーテルを挿入する。

2. 注入液はできるだけゆっくり注入する。

3. 注入するブドウ糖液は体温に調整して使用する。

4. カテーテル係数は常に一定値に設定しておく。

5. 不整脈では測定回数を多くしてその平均値を使用する。

国-19-PM-52

人工心肺装置を用いる体外循環について正しいのはどれか。(体外循環装置)

a. 血液凝固時間を短くし、出血を抑える。

b. 常温体外循環では灌流量を高めに設定する。

c. 低体温は人工心肺の安全限界を広げる。

d. 体が大きくなると単位体表面積当たりの灌流量は減少する。

e. 灌流量が不足すると混合静脈血酸素飽和度は高くなる。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環の病態生理
類似問題を見る

国-5-PM-72

パルスオキシメータについて正しいのはどれか。

a. 非侵襲的な測定ができる。

b. 静脈血酸素分圧を測定する。

c. 連続測定はできない。

d. 血管内への色素投与時には正確な測定ができない。

e. 心室細動時には測定できない。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/呼吸関連の計測
類似問題を見る

国-10-AM-46

酸素療法について正しいのはどれか。

a. 病態により動脈血酸素分圧(PaO2)の目標値は異なる。

b. ベンチュリーマスクは吸気酸素濃度を調節できる。

c. ベンチュリーマスク使用時には酸素の流量を少なくする。

d. 吸気酸素濃度は機器によらず50%以上にできる。

e. 動脈血二酸化炭素分圧(PaCO2)が高い場合は低い酸素濃度から換気を開始する。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:生体機能代行装置学/呼吸療法装置/原理と構造
類似問題を見る