このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-32-AM-73

体表面積0.5m2の乳児の人工心肺を用いた開心術で、吸引からの血液の戻りが全くない完全体外循環中(膀胱温30℃)、静脈リザーバに400mLが貯血されていた。何らかの原因で静脈回路からの脱血が完全に途絶えた時、静脈リザーバが空になるまでの時間[秒]に最も近いのはどれか。

1. 5

2. 10

3. 20

4. 30

5. 40

正答:3
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/安全管理
類似問題を見る

国-31-AM-73

人工心肺を用いた体外循環中に生じる大動脈解離について正しいのはどれか。

a. 大腿動脈送血では解離は生じない。

b. 濯流圧を下げた状態で人工心肺を継続する。

c. 上行大動脈は緊満する。

d. 上行大動脈の色調の変化がみられる。

e. 脱血不良となる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/安全管理
類似問題を見る

国-30-PM-74

体表面積1.8m2 の男性の人工心肺を用いた開心術で、吸引回路からの血液の戻りが全くない完全体外循環中(膀胱温32 ℃)、静脈リザーバに800mL が貯血されていた。何らかの理由で静脈回路からの脱血が完全に途絶えた時、リザーバが空になるまでの時間[秒]に最も近いのはどれか。

1. 5

2. 10

3. 20

4. 30

5. 40

正答:2
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/安全管理
類似問題を見る

国-30-AM-73

PCPS施行時に左手の酸素飽和度が低下した。原因として考えられないのはどれか。

1. 脱血不良による流量減少

2. ACTが400秒以上

3. 生体肺の機能不全

4. 吹送酸素濃度の低下

5. 人工肺の血漿漏出

正答:2
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/安全管理
類似問題を見る

国-28-AM-74

人工心肺による体外循環中の溶血の直接的原因とならないのはどれか。

1. 大量吸引の持続

2. 脱血不良

3. 異型輸血

4. 血液希釈

5. 過度の加温

正答:4
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/安全管理
類似問題を見る

国-27-AM-74

人工心肺について正しいのはどれか。

1. 落差脱血では少なくとも1m以上の落差を確保する。

2. 吸引からの戻りが多い場合は脱血量よりも送血流量を増やす。

3. 脱血不良時には脱血カニューレの挿入をできるだけ深くする。

4. 脱血不良時には利尿剤を投与して尿量を増やす。

5. 大動脈解離を認めたら送血流量を上げる。

正答:2
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/安全管理
類似問題を見る

国-26-AM-74

人工心肺中の溶血と関連するのはどれか。

a. 細い送血カニューレ

b. 細い脱血カニューレ

c. 低体温

d. ベント用ポンプの回転不足

e. 無血充填

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:1
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/安全管理
類似問題を見る

国-25-PM-74

人工心肺中のトラブルとその対応との組合せで正しいのはどれか。

a. 脱血カニューレの脱落 ------------- 送血ポンプの停止

b. 膜型人工肺におけるwlung ------ 人工肺の交換

c. 人工肺内の血栓形成 ------------- ヘパリンの追加投与

d. 熱交換器の水漏れ --------------- 冷温水槽の交換

e. 大動脈内への気泡の誤送 ----------- 送血ポンプの逆回転

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:1
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/安全管理
類似問題を見る

国-25-AM-73

人工心肺中の空気塞栓の原因で誤っているのはどれか。 

1. 脱血回路からの大量の空気混入

2. 貯血槽内の血液レベルの低下

3. 膜型肺における血漿漏出

4. 送血ポンプ流入側回路の破損

5. 左室ベントの過剰な吸引

正答:3
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/安全管理
類似問題を見る

国-24-PM-73

人工心肺による体外循環中の空気塞栓の原因でないのはどれか。(生体機能代行装置学)

1. 左心ベンド挿入部から心内への空気流入

2. 脱血回路からの空気流入

3. 膜壁肺における血漿漏出

4. 貯血槽内の血液レベル低下

5. 左心ベントポンプの逆回転

正答:3
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/安全管理
類似問題を見る

国-24-AM-74

人工心肺中に脱血回路の酸素飽和良が低下した。(生体機能代行装置学)原因として考えられないのはどれか。

1. 送血流量の不足

2. 過度の血液希釈

3. 体温の低下

4. 生体肺の機能不全

5. 吹送ガス酸素濃度の低下

正答:3
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/安全管理
類似問題を見る

国-23-PM-73

人工肺のガス交換トラブル時の点検項目で誤っているのはどれか。

1. 酸素供給ラインの接続状況

2. 供給酸素流量

3. 人工肺の破損の有無

4. ガス側への血漿漏出の有無

5. 貯血槽の液面レベル

正答:5
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/安全管理
類似問題を見る

国-23-PM-70

人工心肺中のトラブルと対処について誤っているのはどれか。

1. 溶血が顕著な場合にはポンプチューブの圧閉度を調整する。

2. 代謝性アルカローシス時には重炭酸ナトリウムを追加する。

3. ヘマトクリット値の低下時には水分バランスをチェックする。

4. ACTが延長しない時にはヘパリンを追加する。

5. 脱血不良時には脱血カニューレの挿入部位をチェックする。

正答:2
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/安全管理
類似問題を見る

国-22-AM-74

送血回路からの気泡の送り込み原因でないのはどれか。

1. 貯血槽の貯血レベル低下

2. 膜型人工肺ガス側圧力の上昇

3. 動脈フィルタ内の気泡抜き不良

4. 膜型人工肺へのガス供給停止

5. 送血ポンプ流入部の採血ポート開放

正答:4
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/安全管理
類似問題を見る

国-21-PM-57

人工心肺使用中の溶血の直接的原因とならないのはどれか。

1. 吸引ポンプの回転数上昇

2. 脱血不良による陰圧の発生

3. 熱交換器による過度の加温

4. 小口径カニューレによるジェット流形成

5. ヘパリン投与不足

正答:5
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/安全管理
類似問題を見る

国-21-PM-56

人工心肺による体外循環中のトラブル対応として誤っている組合せはどれか。

a. 膜型肺における血栓形成 ― ヘパリン投与

b. 膜型肺ガス出口からの血漿漏出 ― 人工肺交換

c. 血液ポンプの停止 ― 手動式ハンドルによる循環維持

d. 送血回路内への大量の空気混入 ― 送血停止

e. 熱交換器の温水への血液混入 ― 温水の温度調節

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/安全管理
類似問題を見る

国-20-PM-56

人工心肺使用中の空気塞栓の原因となるのはどれか。(体外循環装置)

a. 脱血回路の折れ曲がり

b. ベントポンプの逆回転

c. 送血回路の閉鎖

d. 血液フィルタの目詰まり

e. ローラポンプチューブの破損

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/安全管理
類似問題を見る

国-19-PM-54

人工心肺装置を用いる体外循環中の空気塞栓の原因について誤っているのはどれか。

1. 左心ベンド挿入部から心内への空気吸引

2. 脱血回路からの空気流入

3. 膜型肺における血漿漏出

4. 貯血槽内の血液レベル低下

5. 左心ベントポンプの逆回転

正答:3
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/安全管理
類似問題を見る

国-18-PM-54

人工心肺による体外循環中の空気塞栓発生時、送血停止後の対策として正しいのはどれか。(体外循環装置)

1. 頭部を高位にして上大静脈から逆行性送血を行う。

2. 頭部を低位にして上大静脈から逆行性送血を行う。

3. 頭部を高位にして下大静脈から逆行性送血を行う。

4. 頭部を低位にして下大静脈から逆行性送血を行う。

5. 頭部を低位にして上行大動脈から送血を行う。

正答:2
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/安全管理
類似問題を見る

国-17-PM-53

人工心肺による体外循環中のトラブル対応として誤っている組み合わせはどれか。

1. 停電による人工心肺装置の停止 手動によるポンプ操作

2. 人工肺のガス交換能低下 人工肺の交換

3. 熱交換器の水漏れ 冷温水槽の交換

4. 血液回路の破損 回路の交換

5. 脱血カニューレの脱落 送血ポンプの停止

正答:3
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/安全管理
類似問題を見る