このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-14-PM-84

超音波について正しいのはどれか。

a. 空気を含む組織をよく通過する。

b. 血流方向に散乱されると周波数が変化する。

c. 生体組織での減衰定数は周波数にほぼ比例する。

d. キャビテーションによる生体組織の損傷はない。

e. 超音波検査は胎児の診断に用いない。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の機械的特性
類似問題を見る

国-4-AM-65

生体の超音波特性について誤っているのはどれか。

1. 音響インピーダンスは媒質の密度と音速との積で表される。

2. 減衰定数は周波数におおよそ比例する。

3. 肺の減衰定数は他の組織より小さい。

4. 横波より縦波の方が重要である。

5. 超音波エネルギーはハイパーサーミアにも利用できる。

正答:3
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の機械的特性
類似問題を見る

国-8-AM-62

超音波検査法について正しいのはどれか。

a. 超音波の波長が短いほど生体内での減衰は大きくなる。

b. 超音波は音響インピーダンスの異なる境界面で一部が反射される。

c. 超音波の生体内の音速は空気中とほぼ等しい。

d. 超音波エコー断層法は組織の血液含量の差を利用するものである。

e. 超音波ドップラ法は血流速度の計測に用いられる。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-5-AM-82

超音波検査法について正しいのはどれか。

a. 超音波の波長が短いほど分解能が増すが、生体内での減衰は大きくなる。

b. 超音波は音響インピーダンスの異なる境界面で一部反射される。

c. 超音波の生体内の音速は空気中とほぼ等しい。

d. 超音波エコー断層法は組織の血液含量の差を利用するものである。

e. 超音波ドップラ法は血流速度の計測に用いられる。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-6-AM-67

生体の超音波特性について誤っているのはどれか。

a. 心筋の減衰定数は肺より大きい。

b. 減衰定数は周波数に反比例する。

c. 音響インピーダンスは媒質の密度と音速の積で表される。

d. 横波より縦波の方が重要である。

e. 超音波エネルギーはハイパーサーミアに利用される。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:1
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の機械的特性
類似問題を見る

国-18-AM-59

超音波計測について誤っているのはどれか。(生体計測装置学)

1. 超音波の屈折は音速の異なる生体組織の境界で生じる。

2. 超音波の反射は音響インピーダンスの異なる生体組織の境界で生じる。

3. 生体組織による超音波の減衰は周波数が高くなるほど大きい。

4. 筋肉での超音波の減衰は水と同程度である。

5. 筋肉での音速は水と同程度である。

正答:4
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-2-AM-65

生体組織の超音波特性を表す定数はどれか。

a. 音響インピーダンス

b. 音速

c. 誘電率

d. コンダクタンス

e. 減衰定数

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の機械的特性
類似問題を見る

国-15-PM-76

超音波について正しいのはどれか。

a. 周波数領域が16Hz~20kHzの音波である。

b. 干渉性はない。

c. 音響インピーダンスの異なる物質の境界では一部が反射する。

d. 周波数が高いほど生体内到達深度が浅い。

e. 音波のエネルギーは周波数の二乗に比例する。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:医用機械工学/医用機械工学/波動と音波・超音波
類似問題を見る

国-5-AM-65

生体組織の超音波特性を表す定数はどれか。

a. 音響インピーダンス

b. 音速

c. 誘電率

d. ヤング率

e. 減衰定数

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の機械的特性
類似問題を見る

国-2-AM-58

超音波について正しいのはどれか。

a. 振動数16kHz以上20kHz以下の音をいう。

b. 振動数の低い超音波は鋭い指向性を示す。

c. 超音波は液体、個体および気体中を伝搬する。

d. 超音波の波長は振動数と音速で定まる。

e. 超音波は、吸収、反射、散乱されながら伝搬する。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:医用機械工学/医用機械工学/波動と音波・超音波
類似問題を見る

国-6-AM-66

誤っているのはどれか。

1. 生体での荷重、衝撃力、機械振動などの現象には力学特性が関係する。

2. 超音波特性は音響インピーダンス、音速、減衰定数で示すことができる。

3. 生体組織は赤外光を吸収する。

4. 血管壁は縦方向より横方向に伸びやすい。

5. 生体での機械振動、音響振動は変位速度と応力の関係で表される。

正答:4
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の機械的特性
類似問題を見る

国-13-PM-75

音波について正しいのはどれか。

a. 生体組織中の音速は約330m/sである。

b. 音の強さは振動数で決まる。

c. 液体中では横波である。

d. 空気中では疎密波である。

e. 媒質の密度によって速度が変わる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:医用機械工学/医用機械工学/波動と音波・超音波
類似問題を見る

国-9-PM-85

生体組織の超音波特性を表す定数はどれか。

a. 音響インピーダンス

b. 音速

c. 誘電率

d. ヤング率

e. 減衰定数

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の機械的特性
類似問題を見る

国-5-AM-57

正しいのはどれか。

a. 超音波とは周波数が20kHz以下の音のことである。

b. 超音波は特殊なため波動としての一般的性質は持たない。

c. 超音波は吸収、反射、散乱されながら生体中を伝搬する。

d. 超音波は周波数が高いほど指向性は鋭い。

e. 超音波によるキャビテーションは空気中で生じる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:医用機械工学/医用機械工学/波動と音波・超音波
類似問題を見る

国-10-PM-76

超音波について正しいのはどれか。

a. 周波数領域が16Hz~20kHzの音波である。

b. 干渉性はない。

c. 音響インピーダンスの異なる物質の境界では一部が反射する。

d. 周波数が高いほど指向性は鋭い。

e. 音波の強さは周波数の二乗に比例する。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:医用機械工学/医用機械工学/波動と音波・超音波
類似問題を見る

国-12-AM-59

超音波診断について正しいのはどれか。

a. 肺表面では超音波の大部分が反射される。

b. 超音波造影剤は血液との音響インピーダンスの差によって造影効果を得る。

c. 胎児診断には禁忌である。

d. 音響インピーダンスは骨より筋肉の方が大きい。

e. 周波数が高いほど生体内での減衰が大きい。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-1-AM-70

生体組織の超音波減衰定数のおおよその周波数特性について正しいのはどれか。

1. 周波数に比例する。

2. 周波数の2乗に比例する。

3. 周波数の平方根に比例する。

4. 周波数に反比例する。

5. 周波数の2乗に反比例する。

正答:2
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の機械的特性
類似問題を見る

ME_2-40-AM-50

血液について誤っているのはどれか。

1. 非ニュートン流体である。

2. 力学的に等方的である。

3. 比誘電率は周波数依存性がある。

4. 超音波伝搬速度は空気中よりも速い。

5. 吸光度は可視光領域でほぼ一定である。

国-26-AM-85

生体の電気的特性で誤っているのはどれか。

1. 活動電位の発生は生体の能動特性である。

2. 組織によっては異方性を示す。

3. 低周波では導電率が大きい。

4. 高周波では誘電率が小さい。

5. β分散は細胞膜と細胞質との構造に起因する。

正答:3
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

国-19-AM-62

超音波画像計測法について正しいのはどれか。(生体計測装置学)

1. 音速が同じ2つの組織の境界面では超音波の反射は生じない。

2. 音速が遅い組織は実際より薄く表示される.

3. Bモードは超音波ビームを走査しない測定法である。

4. 電子スキャンは焦点距離を電子的に変えられる。

5. カラードプラ法では血流速度の角度依存性がない。

正答:4
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る