このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-32-PM-86

生体の熱特性について正しいのはどれか。

a. 脂肪組織は筋組織に比べて比熱が大きい。

b. 運動時に熱の産生が最も多い臓器は肝臓である。

c. 体表からの放射エネルギーのピーク波長は赤外領域にある。

d. 皮膚における末梢血管の拡張は体表からの熱の放散を促進させる。

e. 生体内部での熱の移動に最も寄与しているのは組織の熱伝導である。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の熱特性
類似問題を見る

国-31-PM-87

生体における熱作用で正しいのはどれか。

1. 体温が28°C以下になると体温調節機能が損なわれる。

2. 体温が40°Cを超えるとシバリングが生ずる。

3. 身体が寒冷環境下に置かれると皮膚血流が増加する。

4. 身体が温熱環境下に置かれると不感蒸泄が減少する。

5. 身体内部での熱移動は主に組織間の熱伝導による。

正答:1
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の熱特性
類似問題を見る

国-31-AM-87

生体内で比熱の小さい物質あるいは組織はどれか。

a. 血 液

b. 筋

c. 骨

d. 脂肪

e. 細胞内液

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の熱特性
類似問題を見る

国-30-PM-87

生体組織の光学特性について誤っているのはどれか。

1. 水は赤外光をよく吸収する。

2. 皮膚の光透過は血流量に依存する。

3. 血液の光吸収は青色光よりも赤色光で大きい。

4. 細胞のDNAはUVcで損傷を受ける。

5. メラニンは紫外線をよく吸収する。

正答:3
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の熱特性
類似問題を見る

国-29-PM-88

生体での熱の伝わり方について正しいのはどれか。

a. 体表面での熱の放散には空気の対流が役立つ。

b. 皮膚組織内では対流はほとんど存在しない。

c. 体表面から熱放射する電磁波は近赤外光である。

d. 生体内の組織における熱伝導は温度差の4乗に比例する。

e. 生体内では血流による熱の移動の効果が大きい。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の熱特性
類似問題を見る

国-28-PM-86

組織の両面の温度差が 4℃ で、断面積が 10cm2、厚さが 5mm の生体組織を 1分間に通過する熱量 [J] はどれか。ただし、生体組織の熱伝導率を 5×10-3 J / (cm ・s ・℃)とする。

1. 0.4

2. 2

3. 6

4. 24

5. 120

正答:4
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の熱特性
類似問題を見る

国-28-AM-87

比熱が最も小さいのはどれか。

1. 脂肪

2. 肝臓

3. 筋肉

4. 血漿

5. 脳

正答:1
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の熱特性
類似問題を見る

国-27-PM-86

誤っているのはどれか。

1. 体表からの放射エネルギーのピーク波長は赤外領域にある。

2. 生体活動時の熱の産生は主に骨格筋で起こる。

3. 脂肪組織の熱伝導度は水の値よりも小さい。

4. 生体内部の熱の移動は主に熱伝導によって起こる。

5. 身体の外部環境温度が低くなると代謝量が増加する。

正答:4
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の熱特性
類似問題を見る

国-26-AM-87

比熱が最も小さいのはどれか。

1. 骨格筋

2. 血 管

3. 血 液

4. 肝 臓

5. 脂 肪

正答:5
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の熱特性
類似問題を見る

国-24-PM-86

成人が1日に600gの水を水蒸気として放出するとき、これによって失うおよその熱量は[kJ]はどれか。ただし、水の気化熱は2.3×10^3kJ/kgとする。(生体物性材料工学)

1. 1.4×103

2. 2.8×103

3. 1.4×104

4. 2.8×104

5. 1.4×105

正答:1
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の熱特性
類似問題を見る

国-24-AM-90

生体の熱特性で誤っているのはどれか。(生体物性材料工学)

1. 活動時の熱の産生は主に骨格筋で起こる。

2. 脂肪組織の熱伝導率は筋組織よりも大きい。

3. 生命活動に必要なエネルギー源はATPである。

4. 成人は安静時に100W程度の熱を発生している。

5. 人体組織内の熱輸送のほとんどは血液の循環による。

正答:2
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の熱特性
類似問題を見る

国-23-PM-88

生体の熱産生から放散に至るまでの過程に直接関係ないのはどれか。

1. 発 汗

2. 血 流

3. 代 謝

4. 筋活動

5. 能動輸送

正答:5
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の熱特性
類似問題を見る

国-21-PM-81

生体の熱特性について誤っているのはどれか。

1. 生体内部の熱の移動は主に熱伝導によって起こる。

2. 生体活動時の熱の産生は主に骨格筋で起こる。

3. 体温を一定に保つことは、生体のホメオスタシスに重要である。

4. 体表からの熱の放散は、放射、対流、伝導、発汗によって起こる。

5. 脂肪組織の熱伝導度は水の値より小さい。

正答:1
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の熱特性
類似問題を見る

国-20-PM-82

人体の熱特性について正しいのはどれか。(生体物性材料工学)

a. 熱の産生は1kW程度である。

b. 皮膚は黒体とみなせる。

c. 体表からの放射エネルギーのピーク波長は赤外領域にある。

d. 呼吸の増加は熱放散を増す。

e. 末梢血管の拡張は熱放散を抑制する。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の熱特性
類似問題を見る

国-18-PM-85

2400kcalの熱量がすべて熱として1日で放出されるとき、おおよその1秒あたりの熱放出量はどれか。ただし、熱の仕事当量を4.2J/calとする。(生作物性材料工学)

1. 100W

2. 120W

3. 140W

4. 160W

5. 180W

正答:2
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の熱特性
類似問題を見る

国-15-PM-82

人体の熱特性について正しいのはどれか。

a. 熱の産生は60~150kW程度である。

b. 人体の皮膚は黒体とみなせる。

c. 体表からの放射エネルギーのピーク波長は赤外領域にある。

d. 呼吸の増加は水分の蒸散による熱放散を増す。

e. 末梢血管の拡張は熱放散を抑制する

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の熱特性
類似問題を見る

国-10-PM-79

生体の熱特性で正しいのはどれか。

a. 脂肪は筋より熱を伝えやすい。

b. 熱の放散は主に呼吸で起こる。

c. 乳児の体重当たりの放熱量は成人に比べて小さい。

d. 成人は安静時でも100W程度の熱を発生している。

e. 人体組織内の熱運搬のほとんどは血液の循環による。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の熱特性
類似問題を見る

国-5-AM-66

誤っているのはどれか。

1. 体温を一定に保つことは生体の機能維持に重要である。

2. 生体活動時の熱の産生は主に骨格筋で起こる。

3. 生体内部の熱の輸送は主に伝導による。

4. 体表からの熱放散は、放射、対流、伝導、発汗による。

5. 脂肪組織の熱伝達率は水の値より小さい。

正答:3
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の熱特性
類似問題を見る

国-3-AM-71

生体の熱産生、放散に関係のないのはどれか。

1. 代謝

2. 能動輸送

3. 筋活動

4. 血流

5. 発汗

正答:2
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の熱特性
類似問題を見る

国-2-AM-66

生体の熱特性について誤っているのはどれか。

1. 体温を一定に保つことは、生体のホメオスタシスに重要である。

2. 生体活動時の熱の産生は主に骨格筋で起こる。

3. 生体内部の熱の移動は主に熱伝導により起こる。

4. 体表からの熱の放散は、放射、対流、伝導、発汗による。

5. 脂肪組織の熱伝導度は水の値より小さい。

正答:3
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の熱特性
類似問題を見る