このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-15-AM-78

各種エネルギーの生体に対する作用で誤っているのはどれか。

a. 超音波の照射エネルギーが1W/cm2を超えるとキャビテーションを起こす。

b. がん組織を42.5°C以上に加温すると壊死が生じる。

c. レーザ光以外の可視光線でも網膜損傷が起こる。

d. 細胞分裂が盛んな組織では放射線の感受性が高い。

e. 短時間でも3Tの磁界を生体に作用させるとがんが発生する。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-30-AM-87

生体組織の熱に対する性質で誤っているのはどれか。

1. 免疫に関係する細胞は体温が下がると機能が低下する。

2. 組織の温度が4を超えると細胞生存率が低下する。

3. 温溶血現象は60°C を超えた付近で現れる。

4. がん組織は正常組織に比べて温度感受性が高い。

5. 熱による組織の凝固は水分の沸騰に伴う細胞質の飛散で生じる。

正答:5
分類:医用機械工学/医用機械工学/波動と音波・超音波
類似問題を見る

国-5-PM-60

皮膚を通して生体内に伝達される物理的エネルギーによって、生体に不可逆的な障害が生じるといわれているエネルギー密度の限界値はどれか。

1. 100μW/cm2

2. 100mW/cm2

3. 100W/cm2

4. 100kW/cm2

5. 100MW/cm2

正答:2
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-10-AM-78

エネルギーの人体への作用について正しいのはどれか。

1. 400nm以下の波長の光を長時間浴びても障害を生じない。

2. 常伝導磁石による静磁場に30分間爆露されると発熱による障害を生じる。

3. 加熱作用を生じる超音波の強さはキャビテーションを生じるそれよりも大きい。

4. 温熱療法(ハイパーサーミア)では42.5°C以上で細胞致死効果が急激に高まる。

5. 細胞分裂が盛んな組織ほど放射線感受性は低い。

正答:4
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-10-AM-79

各種エネルギーの人体に対する影響で正しいのはどれか。

a. レーザー光の作用は波長には関係しない。

b. 高周波電流では熱的作用が大きい。

c. 超音波によるキャビテーションは細胞の破壊につながる。

d. 体表面低周波電流密度が2Ma/cm2程度でも周辺の知覚神経は興奮しない。

e. 60~65°Cの加温を長時間行っても蛋白変性を生じない。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-12-AM-77

エネルギーの人体作用について正しいのはどれか。

a. 1.5Tの超電導MRI検査で頭部に熱傷を起こす。

b. 43°Cの温熱の長時間曝露で低温熱傷が生じる。

c. 15W/cm2の超音波で細胞が破壊される。

d. 2.45GHz、0.5W/cm2の電磁波の照射部位で温度上昇が生じる。

e. 波長193nmの光照射によって深部組織に熱傷が生じる。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-3-PM-75

各種エネルギーの人体に対する影響について誤っているのはどれか。

1. 安全性は周囲条件によって異なることがある。

2. 磁界は1T(テスラ)程度になると人体に大きな影響を及ぼす。

3. 0.1W/cm2程度の高周波電磁波により眼障害を生じることがある。

4. 48°Cの湯に入ると熱傷を起こす危険性が強い。

5. 超音波によりキャビテーションが生じるエネルギーの限界値は、熱作用が生じるよりも大きい。

正答:2
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-7-PM-74

誤っているのはどれか。

1. 生体内に皮膚を通して伝達される物理的エネルギーの密度が100mW/cm2以上になると不可逆的障害を引き起こす。

2. 神経・筋細胞を興奮させる低周波電流密度は約1mA/cm2以上である。

3. 電撃で人体に最も危険な周波数帯域は50~100Hzである。

4. 高周波電磁波は10W/cm2以上になって初めて熱傷を引き起こす。

5. 超音波によるキャビテーション(空洞化現象)は10W/cm2で起こる。

正答:4
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-8-AM-78

各種エネルギーの人体作用について誤っているのはどれか。

a. 1.5Tの超伝導磁石によるMRI検査で頭部に熱傷を起こす。

b. 40°Cの温熱で癌細胞が死滅する。

c. 15W/cm2の超音波で細胞が破壊される。

d. 1GHz、0.5W/cm2の電磁波により皮膚で温度上昇が生じる。

e. 波長150nmの光線照射により深部組織に熱傷が生じる。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-11-AM-79

エネルギーの人体への作用について誤っているのはどれか。

1. 癌細胞は正常細胞より熱に弱い。

2. 加温すると細胞の放射線感受性が高まる。

3. 低酸素状態の細胞は熱に強い。

4. 可視光はヘモグロビンに吸収される。

5. 生体に強い超音波が作用すると熱を生じる。

正答:3
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-25-AM-88

誤っているのはどれか。

a. 紫外線は長い波長ほど皮膚深部に到達する。

b. 生体の高分子物質は紫外線をよく吸収する。

c. 可視領域では血液の光透過率はほぼ一定である。

d. ヘモグロビンは近赤外線をよく吸収する。

e. 遠赤外線の生体作用は熱的作用が主である。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の光特性
類似問題を見る

国-9-PM-49

体外循環のときの血液成分の変化について正しいのはどれか。

a. 血液を空気と一緒に吸引すると溶血が防止される。

b. 血液が人工材料に触れると血栓が形成される。

c. 送血カニューレが細いと血液成分の損傷が大きい。

d. 低体温によって血液の粘性は低下する。

e. 血液加温水と血液温の温度差を15°C以上にすると血液の変化が防止できる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環の病態生理
類似問題を見る

国-10-AM-43

消毒について正しいのはどれか。

a. ヨードホルム(イソジン)は手術野の皮膚消毒に使われる。

b. エチルアルコールは70%で殺菌作用が最も強い。

c. 過酸化水素水は発生する水素気泡が殺菌力を示す。

d. ホウ酸は局所刺激作用が強い。

e. グルダールアルデヒドは胞子の殺菌に有効である。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:臨床医学総論/手術医学/消毒、滅菌
類似問題を見る

国-6-PM-74

各種エネルギーの安全限界について正しいのはどれか。

1. 皮膚に対する熱作用では高周波電磁波の方が超音波より低い。

2. 生殖細胞に障害を起こす超音波は0.01W/cm2である。

3. 熱傷を起こす温度は42°Cである。

4. 眼障害を起こす高周波電磁波は0.1W/cm2である。

5. ミクロショックを起こす低周波電流は10mAである。

正答:4
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-10-PM-53

人工心肺灌流時の低体温について正しいのはどれか。

a. 20°C以下の体温を超低体温という。

b. 体温を30°Cに保つと臓器の酸素需要は37°Cの約半分となる。

c. 体温を15°Cに保つと臓器の酸素需要は37°Cの1%以下となる。

d. 低体温中は酸素解離曲線が右方に移動する。

e. 低体温中は血液の粘度は増大する。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環の病態生理
類似問題を見る

国-31-PM-85

生体の電気特性について誤っているのはどれか。

1. 骨格筋は大きな電気的異方性を示す。

2. 血液の導電率は肝臓の導電率よりも高い。

3. 周波数の増加とともに導電率は低下する。

4. 細胞膜の電気容量は1cm2あたり1μF程度である。

5. 周波数が高い電流ほど電気的感受性が低下する。

正答:3
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

国-1-PM-72

高気圧酸素治療(高圧酸素療法)について正しいのはどれか。

1. 血液中の溶解(溶存)酸素量の増加を主な目的とする。

2. 血液中の溶解(溶存)酸素量の増加には一定の限界がある。

3. ヘモグロビンと結合する酸素量の増加には限界がない。

4. 急性の全身的低酸素症には有効だが、慢性の局所的(部分的)低酸素症には効果がない。

5. 肺からだけでなく、皮膚や粘膜などからも多量の酸素が血液中に入る。

正答:1
分類:生体機能代行装置学/呼吸療法装置/原理と構造
類似問題を見る

国-2-AM-55

誤っているのはどれか。

a. ヘマトクリットが40%前後の正常血液の粘度は37°Cにおいて1~1.5cPである。

b. 血漿は流速によって粘性が変化する非ニュートン流体である。

c. シグマ現象とは血管径の減少に伴って血液の見かけの粘性が減少するような現象である。

d. 細い血管中の血流では血球の軸集中現象がみられる。

e. 赤血球は血液の非ニュートン性の原因となる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:1
分類:医用機械工学/医用機械工学/生体の流体現象
類似問題を見る

国-3-AM-69

誤っているのはどれか。

1. 神経、骨格筋、心筋などは電流によって刺激されると興奮する。

2. 高周波電流では周波数が高くなるほど刺激作用は減る。

3. 体表面から低周波電流を流した場合、10mA程度で心室細動が生じる。

4. 体内から心臓に低周波電流を流した場合、100μA程度で心室細動が生じる。

5. 高周波電流の加熱作用は治療にも用いられる。

正答:3
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-6-PM-77

熱傷による皮膚障害の恐れがない高周波電磁波エネルギーの上限として正しいのはどれか。

1. 0.01W/cm2

2. 0.1W/cm2

3. 1W/cm2

4. 10W/cm2

5. 100W/cm2

正答:3
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る