このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-13-AM-58

正しいのはどれか。

a. PETでは半減期の長い核種を用いる。

b. RI物質を用いて代謝過程を観測することができる。

c. ガンマカメラはシンチレーションカメラとも呼ばれる。

d. NaIはガンマ線を吸収すると光を発生する。

e. SPECTでは陽電子放出核種を利用している。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:生体計測装置学/画像診断法/ラジオアイソトープによる画像計測
類似問題を見る

国-12-PM-81

核磁気共鳴現象が観測されないのはどれか。

1. 1H

2. 2H

3. 16O

4. 17O

5. 31P

正答:3
分類:生体計測装置学/画像診断法/核磁気共鳴画像計測
類似問題を見る

国-12-AM-62

正しいのはどれか。

a. ガンマカメラはHe原子核を検出する。

b. ガンマカメラのコリメータは放射線透過度の高い物質で作られる。

c. ヘリカルCTでは患者をらせん状に走査する。

d. ヘリカルCTは肺癌の早期発見に有用である。

e. エックス線CTは脳の各部位の機能を計測するのに適している。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:生体計測装置学/画像診断法/エックス線による画像計測
類似問題を見る

国-12-AM-61

ポジトロンエミッションCT(PET)について誤っているのはどれか。

1. 消滅ガンマ線のエネルギーはポジトロン放出核種にかかわらず一定である。

2. 検出器にはコリメータが必要である。

3. 使用される核種の半減期は短い。

4. シングルフォトンエミッションCT(SPECT)に比べて高分解能である。

5. 代謝に関する情報が得られる。

正答:2
分類:生体計測装置学/画像診断法/ラジオアイソトープによる画像計測
類似問題を見る

国-12-AM-60

超音波診断装置について正しいのはどれか。

a. ドップラー血流計では超音波ビームを血流方向と直交させる。

b. 生体組織に発生したキャビテーションを画像化する。

c. ダイナミックフォーカスは機械的走査の一種である。

d. 空間分解能には距離分解能と方位分解能とがある。

e. 骨の背後にある組織は観測できない。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-12-AM-59

超音波診断について正しいのはどれか。

a. 肺表面では超音波の大部分が反射される。

b. 超音波造影剤は血液との音響インピーダンスの差によって造影効果を得る。

c. 胎児診断には禁忌である。

d. 音響インピーダンスは骨より筋肉の方が大きい。

e. 周波数が高いほど生体内での減衰が大きい。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-12-AM-58

MRIについて誤っているのはどれか。

1. 放射線防護対策が必要である。

2. 脳動脈瘤手術でステンレス鋼製クリップを植え込んだ患者には禁忌である。

3. T1、T2画像は緩和時間の分布像である。

4. プロトン密度の分布像が得られる。

5. 位置情報を得るために傾斜磁場が必要である。

正答:1
分類:生体計測装置学/画像診断法/核磁気共鳴画像計測
類似問題を見る

国-11-PM-84

図は電磁波の周波数、波長とエネルギーを示すが、*印の帯域を用いる装置はどれか。

1. ヘリカルCT

2. レーザメス

3. 光学顕微鏡

4. ハイパーサーミア装置

5. MRI

正答:1
分類:生体計測装置学/画像診断法/エックス線による画像計測
類似問題を見る

国-11-AM-60

正しいのはどれか。

a. 脳の機能を観察するにはエックス線CTがMRIより優れている。

b. MRIは組織の透磁率の差を画像化する。

c. エックス線CTはMRIより生体への侵襲度が大きい。

d. ヘリカルスキャンは連続して高速にCT像を得る走査方式である。

e. MRIでは地磁気の100倍程度の直流磁場が用いられる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:生体計測装置学/画像診断法/エックス線による画像計測
類似問題を見る

国-11-AM-59

MRIで得られる情報について誤っているのはどれか。

1. 信号強度は観測原子核の質量に比例する。

2. 緩和は励起されたスピンが元の状態に戻ることである。

3. 緩和時間差によって組織の区別が可能となる。

4. 血流についての情報が得られる。

5. 水素原子核以外の原子核からも情報が得られる。

正答:1
分類:生体計測装置学/画像診断法/核磁気共鳴画像計測
類似問題を見る

国-11-AM-58

超音波診断装置について正しいのはどれか。

a. 方位分解能は周波数に比例する。

b. 周波数が3MHzのとき距離分解能は約0.5mmとなる。

c. ディジタル・スキャンコンバータはエコー信号をビデオ信号に変換する。

d. 断層心エコーの走査機構にはメカニカルセクタと電子セクタとがある。

e. 電子集束により距離分解能を向上することができる。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-10-AM-62

正しいのはどれか。

a. 被検体とガンマカメラのコリメータとの距離が増すと分解能は向上する。

b. 単光子断層法(SPECT)にはサイクロ卜ロンを設置する必要がある。

c. ガンマカメラのシンチレーターは放射線を電気信号に変換する。

d. 陽電子断層法(PET)はコリメータを必要としない。

e. ガンマ線は電磁波である。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:生体計測装置学/画像診断法/ラジオアイソトープによる画像計測
類似問題を見る

国-10-AM-61

MRIについて正しいのはどれか。

a. 電子の持つスピンを利用した測定技術である。

b. 傾斜磁場により被写体の位置の情報を得る。

c. エックス線撮影と比較して軟部組織の病変を診断しやすい。

d. 緩和とはスピンの歳差運動の回転が遅くなることである。

e. 磁気シールドルームを必要としない。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体計測装置学/画像診断法/核磁気共鳴画像計測
類似問題を見る

国-10-AM-60

超音波診断装置について正しいのはどれか。

a. 超音波探触子には圧電素子が用いられる。

b. 生体組織中の音速は空気中よりも遅い。

c. 超音波探触子の距離分解能は周波数が低いほど向上する。

d. 超音波探触子の方位分解能は口径が大きいほど向上する。

e. STC(SDC)のツマミは体表面からの距離に応じて部位ごとに輝度を調節する。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-9-AM-61

核磁気共鳴映像法について正しいのはどれか。

a. 得られる画像は組織の炭素含有量に基づいている。

b. 化学シフトとは強カな直流磁場によって生じる化学組成の変化である。

c. 代謝活動の計測にも用いられる。

d. 超伝導コイルを利用すると一般に強い直流磁場が得られる。

e. 電子のスピンを利用した計測法である。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:生体計測装置学/画像診断法/核磁気共鳴画像計測
類似問題を見る

国-9-AM-60

超音波診断装置について正しいのはどれか。

a. 生体中の超音波の反射や散乱を利用して情報を得ている。

b. 超音波に鋭い指向性を持たせるには振動子は小さくするのがよい。

c. 走査をする目的は体への悪影響を防ぐためである。

d. Bモードは肝腫瘍の診断に適している。

e. ドップラー法において血流方向を超音波ビームの軸方向とのなす角度が小さい方が感度が高い。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-9-AM-58

被爆のないのはどれか。

a. ディジタルラジオグラフィー

b. 核磁気共鳴映像法

c. パルスドップラー法

d. 単光子断層法

e. 陽電子断層法

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-8-AM-62

超音波検査法について正しいのはどれか。

a. 超音波の波長が短いほど生体内での減衰は大きくなる。

b. 超音波は音響インピーダンスの異なる境界面で一部が反射される。

c. 超音波の生体内の音速は空気中とほぼ等しい。

d. 超音波エコー断層法は組織の血液含量の差を利用するものである。

e. 超音波ドップラ法は血流速度の計測に用いられる。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-8-AM-61

侵襲が最も少ない生体計測法はどれか。

1. 超音波断層法

2. ディジタルラジオグラフィ

3. エックス線CT

4. 左室造影法

5. 陽電子断層法(PET)

正答:1
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-8-AM-58

代謝機能の測定法として適当でないのはどれか。

a. 陽電子断層法(PET)

b. 単光子断層法(SPECT)

c. 超音波断層法

d. エックス線CT

e. 核磁気共鳴法(MEI)

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:生体計測装置学/画像診断法/ラジオアイソトープによる画像計測
類似問題を見る