このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-27-PM-32

内視鏡画像計測について誤っているのはどれか。

1. 撮像素子にはCCDを用いる。

2. 電子内視鏡では画像を光ファイバで伝送する。

3. 狭帯域光を用いると血管を強調できる。

4. カプセル内視鏡は腸を対象とする。

5. 超音波内視鏡は粘膜下の病変の診断に適している。

正答:2
分類:生体計測装置学/画像診断法/内視鏡装置による計測
類似問題を見る

国-27-PM-31

MRI装置について正しいのはどれか。

a. 撮影の対象は酸素原子である。

b. 空間分解能は5~10mm程度である。

c. 軟組織の画像化に適している。

d. 強力な外部磁場が使用されている。

e. 頭部よりも体幹部の撮影に適している。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:生体計測装置学/画像診断法/核磁気共鳴画像計測
類似問題を見る

国-27-AM-32

ラジオアイソトープ(RI)を用いた医用画像について誤っているのはどれか。

1. 体内から放射されるガンマ線を測定する。

2. ガンマカメラの画像は断層像である。

3. PETの撮像可能時間はRIの半減期で決められる。

4. PETでは腫瘍の撮影が可能である。

5. SPECTでは脳血流量の撮影が可能である。

正答:2
分類:生体計測装置学/画像診断法/ラジオアイソトープによる画像計測
類似問題を見る

国-27-AM-31

超音波を用いた画像計測について正しいのはどれか。

1. リアルタイムでの撮影ができない。

2. 100 kHz~1MHzの周波数を使用する。

3. Bモードを使用して臓器の形状を撮影する。

4. 血流速の画像化にはAモードを使用する。

5. 臓器での音波の透過を撮影する。

正答:3
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-26-PM-32

エックス線を使用した撮影について誤っているのはどれか。

a. 体内から反射してきたエックス線を撮影する。

b. 組織でのエックス線の吸収に関する画像が得られる。

c. 臓器の動きの撮影が可能である。

d. 造影剤は分解能の改善のために使用する。

e. 軟部組織の撮影に適している。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:生体計測装置学/画像診断法/エックス線による画像計測
類似問題を見る

国-26-PM-31

超音波画像計測について正しいのはどれか。

1. 生体軟部組織での音速は約km/sである。

2. 軟部組織よりも硬組織の方が音速は速い。

3. 動きのある臓器の撮影には不適である。

4. 約kHzの音波を使用する。

5. ドプラ撮影では臓器の形状が得られる。

正答:2
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-26-AM-32

正しいのはどれか。

a. エックス線検査では人体を透過したエックス線を画像化する。

b. 超音波検査では体内から発生する音波をとらえる。

c. PETの検査では体外からγ線を照射する。

d. SPECTの検査では体内からのβ線をとらえる。

e. MRIの検査では人体に磁場を与える。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:生体計測装置学/画像診断法/エックス線による画像計測
類似問題を見る

国-25-PM-31

PETについて誤っているのはどれか。

1. PETでは加速器を用いて作った核種を生体に投与する。

2. PETはβ線を検出して画像化する。

3. FDG-PETによって糖代謝の高い組織が可視化される。

4. 陽電子は電子と同じ質量を持つ。

5. 陽電子は電子と結合して消滅する。

正答:2
分類:生体計測装置学/画像診断法/核磁気共鳴画像計測
類似問題を見る

国-25-PM-30

超音波診断装置で誤っているのはどれか。

1. 超音波ビーム軸方向の2ヵ所を弁別する能力を距離分解能とい う。

2. Bモードは生体の断面をリアルタイムで観察するのに適している。

3. リニア走査方式は心臓の画像診断に適している。

4. 胎児心拍数の測定にはドプラ法が用いられる。

5. 腹部超音波診断に用いる周波数は3~5MHzである。

正答:3
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-25-AM-32

エックス線による画像計測で誤っているのはどれか。

1. 生体を透過したエックス線を計測して画像化が行われる。

2. 造影剤を使って血管を画像化できる。

3. 骨のエックス線吸収係数は水の約0.5倍である。

4. 空気のエックス線吸収係数はほぼゼロである。

5. 患者の体動はアーチファクトの原因となる。

正答:3
分類:生体計測装置学/画像診断法/エックス線による画像計測
類似問題を見る

国-24-PM-31

MRI装置の構成要素はどれか。(生体計測装置学)

a. コリメータ

b. RF送受信コイル

c. 傾斜磁場コイル

d. 静磁場発生磁石

e. サイクロトロン

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:生体計測装置学/画像診断法/ラジオアイソトープによる画像計測
類似問題を見る

国-24-PM-30

超音波診断装置で誤っているのはどれか。(生体計測装置学)

1. 超音波断層像は反射エコーの時間差を利用して描出する。

2. 超音波の周波数が高いほど距離分解能が良い。

3. 超音波の周波数が低いほど体内での減衰が大きい。

4. 組織中の音響インピーダンスの異なる界面からの反射を利用している。

5. 超音波のビーム幅が狭いほど方位分解能が高くなる。

正答:3
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-24-AM-32

エックス線CTで正しいのはどれか。(生体計測装置学)

a. 水のエックス線減弱係数をCT値の0としている。

b. 非侵襲的な検査法である。

c. エックス線フィルムによる画像よりもコントラストが悪い。

d. 形態に重ね合わせて代謝機能が画像化できる。

e. ヘリカル方式は単一スキャン方式よりも体積あたりの撮影時間が短い。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:生体計測装置学/画像診断法/エックス線による画像計測
類似問題を見る

国-23-PM-32

MRIについて正しいのはどれか。

a. 電子スピンの変化を利用している。

b. 静磁場が必要である。

c. 水素原子の分布を画像化している。

d. ラジオ波照射後の変化を画像化している

e. 共鳴周波数は条件によらず一定である。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:生体計測装置学/画像診断法/ラジオアイソトープによる画像計測
類似問題を見る

国-23-PM-31

内視鏡装置について正しいのはどれか。

1. ファイバスコープは先端に光源が装着されている。

2. ファイバスコープは画像が記録できない。

3. 電子内視鏡は特殊光の画像を得ることができる,.

4. 電子内視鏡の挿入部分はディスポーザブルである。

5. 電子内視鏡は光源装置が不要である。

正答:3
分類:生体計測装置学/画像診断法/内視鏡装置による計測
類似問題を見る

国-23-AM-31

エックス線CTについて正しいのはどれか。

a. CT値はエックス線の吸収係数の相対値である。

b. 肺組織のCT値は水より大きい。

c. 心臓の動きは評価できない。

d. 脳出血部位は急性期には黒く描出される。

e. 乳癌の検査に用いられる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:生体計測装置学/画像診断法/エックス線による画像計測
類似問題を見る

国-22-PM-31

内視鏡検査装置で誤っているのはどれか。

1. ファイバスコープでは光源が先端に装着されている。

2. 生検は鉗子孔から挿入した鉗子を用いる。

3. 電子内視鏡では撮像素子が先端に装着されている。

4. 電子内視鏡は多人数での同時観察に適する。

5. 超音波内規鏡では超音波プローブが先端に装着されている。

正答:1
分類:生体計測装置学/画像診断法/内視鏡装置による計測
類似問題を見る

国-22-PM-30

PET装置で正しいのはどれか。

a. 放射性同位元素の崩壊時に1個のガンマ線が出る。

b. コリメータでガンマ線を検出する。

c. 同時計数法を用いて断層像を得る。

d. 使用核種の半減期はSPECTより短い。

e. 空間分解能はエックス線CTより低い。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:生体計測装置学/画像診断法/核磁気共鳴画像計測
類似問題を見る

国-22-AM-32

MRIについて正しいのはどれか。

a. 電子の持つスピンを利用した測定技術である。

b. 緩和とはスピンの歳差運動の回転が遅くなることである。

c. 磁気シールドルームを必要としない。

d. 傾斜磁場によって被写体の位置情報を得る。

e. エックス線撮影よりも軟部組織の描出に優れる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:生体計測装置学/画像診断法/ラジオアイソトープによる画像計測
類似問題を見る

国-21-AM-63

電子内視鏡について正しいのはどれか。

1. 撮像素子は先端に装着されている。

2. イメージファイバを用いる。

3. イメージは接眼レンズで拡大される。

4. 光源装置は不要である。

5. 操作者のみが画像を観察できる。

正答:1
分類:生体計測装置学/画像診断法/内視鏡装置による計測
類似問題を見る