このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-32-PM-27

脳波計測で電位変化の最も小さいのはどれか。

1. 睡眠脳波電位

2. 覚醒時脳波電位

3. 3 .聴性脳幹誘発電位

4. 体性感覚誘発電位

5. 視覚誘発電位

正答:3
分類:生体計測装置学/生体電気・磁気計測/脳・神経系計測
類似問題を見る

国-32-PM-26

標準紙送り速さで記録した心電図のR-R間隔が20mmであった。心拍数[回/分]はどれか。

1. 40

2. 48

3. 65

4. 75

5. 90

正答:4
分類:生体計測装置学/生体電気・磁気計測/心臓循環器計測
類似問題を見る

国-32-AM-28

心電図計測の誘導について誤っているのはどれか。

1. 胸部誘導ではWilsonの結合点を基準電極として用いる。

2. 左足から右手の電位を差し引いた誘導を第III誘導という。

3. 差動増幅器のニュートラル端子には右足電極を接続する。

4. aVR誘導は左手と左足を結合した点を基準電極として用いる。

5. 双極誘導の間にはII=I+IIIの関係がある。

正答:2
分類:生体計測装置学/生体電気・磁気計測/心臓循環器計測
類似問題を見る

国-31-PM-27

運動神経伝導速度の計測について誤っているのはどれか。

a. 計測には複合筋活動電位(CMAP)波を用いる。

b. 神経部位の2ヵ所の電気刺激が必要である。

c. 電気刺激はアイソレータを介して行う。

d. 刺激電流のパルス幅は5~10 ms を用いる。

e. 加算平均装置が必要である。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:生体計測装置学/生体電気・磁気計測/脳・神経系計測
類似問題を見る

国-30-AM-28

心電図テレメータについて誤っているのはどれか。

a. 送信機のアンテナが長いほど送信効率がよい。

b. 使用する専用周波数帯は各メーカ共通である。

c. 混信対策としてゾーン配置が用いられる。

d. 受信感度不足にはブースタが用いられる。

e. 空中線電力は15mW 以下である。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:生体計測装置学/生体電気・磁気計測/心臓循環器計測
類似問題を見る

国-30-AM-27

心電図誘導で右手、左手、左足の電位が、それぞれ -6mV、lmV、5mV であるとき、aVL の電位[mV] はどれか。

1. -9

2. -5

3. 1.5

4. 5

5. 7.5

正答:3
分類:生体計測装置学/生体電気・磁気計測/心臓循環器計測
類似問題を見る

国-29-PM-27

脳波計について正しいのはどれか。

a. 必要な周波数帯域は5.0?60Hzである。

b. 低域遮断周波数を規定する時定数は0.03秒である。

c. 雑音レベルは3.0μVp-p 以下である。

d. A/D変換時のサンプリング周波数は200 Hz以上である。

e. 最大感度は10μV/mm である。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:生体計測装置学/生体電気・磁気計測/脳・神経系計測
類似問題を見る

国-29-PM-26

心電図誘導電極の右手と左手を逆に装着した。誤っているのはどれか。

a. aVR とaVL の波形が入れ替わる。

b. 第II誘導と第III誘導の波形が入れ替わる。

c. 第I誘導の波形が反転する。

d. aVF の波形が反転する。

e. 胸部誘導の波形が変化する。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:生体計測装置学/生体電気・磁気計測/心臓循環器計測
類似問題を見る

国-29-AM-28

心電図用テレメータの送信機について誤っているのはどれか。

1. 2 GHz 帯の周波数が用いられる。

2. A 型のチャネル(中心周波数)の間隔は12.5 kHz である。

3. B 型はA 型よりも占有周波数帯域幅が広い。

4. チャネル番号は4 桁の数字で区別される。

5. A ?D 型の空中線電力は1 mW 以下である。

正答:1
分類:生体計測装置学/生体電気・磁気計測/心臓循環器計測
類似問題を見る

国-28-PM-27

ディジタル脳波計について誤っているのはどれか。

1. 脳波導出にはシステムリファレンス電極が必要である。

2. 脳波記録終了後にモンタージュの変更ができる。

3. サンプリング間隔は100ms程度である。

4. 脳波記録終了後に表示感度の変更ができる。

5. 脳波記録終了後にフィルタ特性の変更ができる。

正答:3
分類:生体計測装置学/生体電気・磁気計測/脳・神経系計測
類似問題を見る

国-28-PM-26

小電力医用テレメータについて誤っているのはどれか。

a. 使用する周波数はUHF帯である。

b. 使用する周波数帯は 6バンド である。

c. 送信機の空中線電力は 20mW 以下である。

d. A型の周波数帯域幅は 25 kHz である。

e. 混信対策のゾーンは色ラベルで表示する。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:生体計測装置学/生体電気・磁気計測/心臓循環器計測
類似問題を見る

国-28-AM-27

ディジタル心電計におけるaVRの計算式はどれか。ただし、I、II、IIIは標準肢誘導を表す。

1. $I-\frac {II}{2}$

2. $\frac {-\left( I+II\right) }{2}$

3. $\frac {II-I}{2}$

4. $\left( II-III\right) -I$

5. $\frac {3\left( I+III\right) }{2}$

正答:2
分類:生体計測装置学/生体電気・磁気計測/心臓循環器計測
類似問題を見る

国-27-PM-27

心電図モニタにおいて心拍数のカウントに影響を及ぼす可能性がないのはどれか。

1. 体動の発生

2. 心電図のT波の増高

3. 電気メスの使用

4. ペースメーカの使用

5. パルスオキシメータの使用

正答:5
分類:生体計測装置学/生体電気・磁気計測/心臓循環器計測
類似問題を見る

国-27-AM-28

筋電計について適切な組合せはどれか。

1. 周波数特性 5Hz~kHz

2. 時定数 0.3s

3. 最大感度 mV/DIV

4. CMRR 20dB

5. 入力インピーダンス 1MΩ

正答:1
分類:生体計測装置学/生体電気・磁気計測/脳・神経系計測
類似問題を見る

国-26-PM-27

小電力医用テレメータについて正しいのはどれか。

a. 1チャネル分の占有周波数帯域幅は 25 kHz である。

b. C型は8チャネルを占有している。

c. ゾーンは色の違いで区別する。

d. 送信出力電力は電波法で規定されていlる。

e. 送信周波数は420-450kHz である。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:生体計測装置学/生体電気・磁気計測/心臓循環器計測
類似問題を見る

国-26-AM-29

標準的な紙送り速度で脳波計測を行ったところ、図のような波形が得られた。網かけ部分の波形の種類はどれか。

1. α波

2. β波

3. γ波

4. ∂波

5. θ波

正答:1
分類:生体計測装置学/生体電気・磁気計測/脳・神経系計測
類似問題を見る

国-26-AM-28

心電計について誤っているのはどれか。

a. 右手と左手の電極を入れ替えるとI誘導の極性が変わる。

b. aVFは心臓の下壁の情報を反映している。

c. aVRはI、II、III 誘導の任意の2つから算出できる。

d. QRS平均電気軸は単極胸部誘導から求める。

e. 単極胸部誘導は右足の電極を基準にした電位差を記録する。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:生体計測装置学/生体電気・磁気計測/心臓循環器計測
類似問題を見る

国-25-AM-28

心電図の誘導法の特徴で誤っているのはどれか。

1. II誘導は右手と左足の電位差を表す。

2. 右手の筋電雑音はIII誘導に影響が出る。

3. aVF誘導はVF誘導の1.5倍の電位変化を表す。

4. QRS平均電気軸は標準肢誘導で計算できる。

5. 単極胸部誘導はウィルソンの中心電極を利用する。

正答:2
分類:生体計測装置学/生体電気・磁気計測/心臓循環器計測
類似問題を見る

国-24-PM-27

筋電計として適切でないのはどれか。(生体計測装置学)

1. 周波数帯減は5Hz~10kHzである。

2. 運動単位の測定には針電極を使う。

3. 同相除去比は100dB程度である。

4. 時定数は0.03秒である。

5. 入力インピーダンスは100kΩ程度である。

正答:5
分類:生体計測装置学/生体電気・磁気計測/脳・神経系計測
類似問題を見る

国-24-PM-26

医用テレメータで正しいのはどれか。(生体計測装置学)

1. 入力部の正電極の色は赤色である。

2. 低減遮断のための時定数は3.2秒以上である。

3. 心電図のサンプリング周波数は50Hz程度である。

4. 使用周波数帯域に5つのバンドが割り当てられている。

5. ゾーン配置した区域内では同一色ラベルの送信機が使われる。

正答:5
分類:生体計測装置学/生体電気・磁気計測/心臓循環器計測
類似問題を見る