このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

ME_2-36-PM-4

SPECTについて誤っているのはどれか。

1. X線CTに比べ空間分解能が高い。

2. RIからのγ線を検出する。

3. コンピュータで画像化する。

4. 3次元画像が得られる。

5. 放射線被曝がある。

国-22-PM-30

PET装置で正しいのはどれか。

a. 放射性同位元素の崩壊時に1個のガンマ線が出る。

b. コリメータでガンマ線を検出する。

c. 同時計数法を用いて断層像を得る。

d. 使用核種の半減期はSPECTより短い。

e. 空間分解能はエックス線CTより低い。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:生体計測装置学/画像診断法/核磁気共鳴画像計測
類似問題を見る

国-4-AM-87

エックス線CTについて正しいのはどれか。

a. 分解能の高い断層像を得ることができる。

b. 吸収係数の像を示すと考えてよい。

c. コンピュータ処理によって画像を得る方法である。

d. エックス線被曝はほとんどない。

e. 化学シフトの測定も可能である。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:1
分類:生体計測装置学/画像診断法/エックス線による画像計測
類似問題を見る

国-5-AM-87

ディジタルラジオグラフィについて正しいのはどれか。

a. ベータ線を利用する。

b. コンピュータによる画像処理が有効である。

c. 従来の透過像撮影に比べて被曝が少ない。

d. 濃度分解能が高い。

e. 多種の核種を使用する方法もある。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:生体計測装置学/画像診断法/エックス線による画像計測
類似問題を見る

国-29-PM-30

超音波診断装置について正しいのはどれか。

a. 被曝に伴う侵襲性がある。

b. 全身撮影が可能である。

c. 心室の壁厚を測定できる。

d. 血管内の画像が得られる。

e. 実時間の撮影が可能である。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-5-AM-88

エックス線CTについて正しいのはどれか。

a. 線源と検出器を走査させてエックス線強度を測定する。

b. 画像を得るのにコンピュータが必要である。

c. 空間分解能はおよそ2mmが限界である。

d. 被曝は少ないので問題とならない。

e. 組織の形態の測定に適している。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:生体計測装置学/画像診断法/エックス線による画像計測
類似問題を見る

国-30-PM-31

X 線CT 画像について正しいのはどれか。

a. 臓器の3 次元構造が得られる。

b. 画像再構成法として逆投影法がある。

c. 血管の撮像が可能である。

d. X 線を双方向に照射する。

e. 空間分解能は1程度である。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:1
分類:生体計測装置学/画像診断法/エックス線による画像計測
類似問題を見る

国-5-AM-85

MRI(核磁気共鳴法)について正しいのはどれか。

a. 原子核の磁性を利用した計測法である。

b. 組織中の水素原子の密度を測ることができる。

c. 空間分解能がエックス線CTより一桁高い。

d. 測定時間が短いので実時間の測定に適している。

e. 代謝機能の測定に利用する方法もある。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:生体計測装置学/画像診断法/核磁気共鳴画像計測
類似問題を見る

国-4-AM-86

ディジタルラジオグラフィについて正しいのはどれか。

a. 鮮明な断層像を得ることができる。

b. イメージングプレートを使う方法がある。

c. 画像処理ができる。

d. エックス線TVの画像を用いる方法もある。

e. エックス線CTにも用いられている。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:生体計測装置学/画像診断法/エックス線による画像計測
類似問題を見る

国-31-AM-33

ラジオアイソトープによる画像計測について誤っているのはどれか。

1. PETの空間分解能はX線CTと同程度である。

2. PETでは陽電子の対消滅によるγ線を検出する。

3. SPECTでは人体の3次元構造を画像化する。

4. 体内での放射線の散乱を考慮する必要がある。

5. 体内での放射線の吸収を考慮する必要がある。

正答:1
分類:生体計測装置学/画像診断法/ラジオアイソトープによる画像計測
類似問題を見る

国-11-AM-60

正しいのはどれか。

a. 脳の機能を観察するにはエックス線CTがMRIより優れている。

b. MRIは組織の透磁率の差を画像化する。

c. エックス線CTはMRIより生体への侵襲度が大きい。

d. ヘリカルスキャンは連続して高速にCT像を得る走査方式である。

e. MRIでは地磁気の100倍程度の直流磁場が用いられる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:生体計測装置学/画像診断法/エックス線による画像計測
類似問題を見る

ME_2-35-AM-45

MRI検査について正しいのはどれか。

1. 撮像する断面の方向の制約がある。

2. 血管撮影には造影剤が必要である。

3. 臓器内に空気があると撮像できない。

4. 生体内の水分子の存在状態を画像化する。

5. 脊髄の描出能はX線CTより劣る。

ME_2-28-AM-48

水素原子の核磁気共鳴を利用して組織内の水分量の差などを画像化するのはどれか。

1. 超音波診断装置

2. X線CT

3. ガンマカメラ

4. MRI

5. PET

国-31-AM-32

超音波を用いた画像計測について誤っているのはどれか。

1. 動画の撮影が可能である。

2. Mモードは弁の動きを描画できる。

3. Aモードでは断層像が得られる。

4. コンベックス走査はリニア走査より深部視野が広い。

5. 血流の画像が得られる。

正答:3
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-18-AM-60

エックス線CTについて正しいのはどれか。(生体計測装置学)

a. エックス線の減衰は元素の種類によって異なる。

b. 各組織のエックス線吸収係数を画像化している。

c. 組織の代謝量を知るのに適している。

d. 単純エックス線最影より測定時間が短い。

e. 単純エックス線撮影より患者の被爆量が少ない。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:1
分類:生体計測装置学/画像診断法/エックス線による画像計測
類似問題を見る

ME_2-38-AM-55

生体情報を測定するのに生体外から生体にエネルギーを加える必要がないのはどれか。

1. MRI装置

2. X線CT装置

3. NIRS(Near Infrared Spectroscopy)装置

4. 脳磁図計

5. 超音波診断装置

国-29-PM-31

X 線CTについて誤っているのはどれか。

1. 臓器の立体的な構造を画像化する。

2. 複数のX線検出器を使用する。

3. 動画を撮影することが可能である。

4. 空間分解能は1mm程度である。

5. 組織のX線吸収係数を画像化する。

正答:3
分類:生体計測装置学/画像診断法/エックス線による画像計測
類似問題を見る

国-20-AM-62

エックス線CTについて正しいのはどれか。(生体計測装置学)

a. CT値とはエックス線の吸収率の相対値である。

b. シンチレーション検出器が用いられる。

c. ヘリカル方式によって撮影時間が短縮される。

d. 無侵襲な計測である。

e. 代謝機能を画像化できる

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:1
分類:生体計測装置学/画像診断法/エックス線による画像計測
類似問題を見る

国-16-AM-62

MRIの特徴についてエックス線CTと比較したとき、誤っているのはどれか。

1. 軟部組織において高コントラストの明瞭な像が得られる。

2. 造影剤なしで血管撮影が可能である。

3. 化学シフトを調べることができる。

4. 撮像時間が短い。

5. 大きな作動音を発する。

正答:4
分類:生体計測装置学/画像診断法/ラジオアイソトープによる画像計測
類似問題を見る

ME_2-39-PM-18

X線を使った診断機器について正しいのはどれか。

1. 単純撮影ではX線発生装置、X線検出器、患者の順に配置する。

2. 単純撮影ではX線量を増やしてもX線像の濃度は変わらない。

3. X線CTではX線量を増やすとCT値が高くなる。

4. X線管は真空管である。

5. 撮影対象が同じであればX線の被曝量は診断機器に依存しない。