このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

ME_2-38-AM-44

生体組織や細胞の電気的特性について誤っているのはどれか。

1. 低周波での導電率は高周波での導電率より高い。

2. 血液の導電率は骨格筋の導電率より高い。

3. 低周波での誘電率は高周波での誘電率より高い。

4. 肝臓の誘電率は骨の誘電率より高い。

5. 細胞内液の導電率は細胞膜の導電率より高い。

ME_2-32-AM-44

生体の電気的な性質として誤っているのはどれか。

1. 導電率は周波数の増加とともに増加する。

2. 誘電率は周波数の増加とともに減少する。

3. 細胞内外液は脂肪組織と比較して導電率が大きい。

4. 細胞膜は細胞内外液と比べて導電率が極めて小さい。

5. γ分散は生体固有の組織構造による分散である。

国-26-AM-85

生体の電気的特性で誤っているのはどれか。

1. 活動電位の発生は生体の能動特性である。

2. 組織によっては異方性を示す。

3. 低周波では導電率が大きい。

4. 高周波では誘電率が小さい。

5. β分散は細胞膜と細胞質との構造に起因する。

正答:3
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

国-21-PM-84

導電率の最も低いのはどれか。

1. 血液

2. 肝臓

3. 腎臓

4. 骨格筋

5. 脂肪

正答:5
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

国-4-AM-62

誤っているのはどれか。

1. 電流密度が小さいと生体は導電体であると同時に誘電体とみなされる。

2. 電流密度が小さいと細胞膜は絶縁体、細胞内外液は導電体とみなされる。

3. 電流密度が大きいと神経細胞や筋細胞は興奮現象を生じる。

4. 直流では電流密度と導電率との積は電界の強さを表す。

5. 生体では周波数が増加するにしたがって導電率が増加し誘電率が減少する。

正答:4
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

国-28-AM-85

生体の電気特性について正しいのはどれか。

a. α分散は水分子の分極に起因する。

b. β分散は組織の構造に起因する。

c. 脂肪の導電率は筋肉よりも低い。

d. 骨格筋の異方性は弱い。

e. 有髄神経の髄鞘は高い導電性を示す。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

国-29-PM-85

生体の電気特性について誤っているのはどれか。

1. 低周波では誘電率が大きい。

2. 骨格筋は異方性が大きい。

3. 細胞膜は大きな電気容量をもつ。

4. α分散はイオンの集散に起因する。

5. β分散は約GHzで生じる。

正答:5
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

国-6-AM-64

生体物性について誤っているのはどれか。

1. 電気インピーダンスが生体内の部位によって異なる値を示すことは異方性である。

2. 刺激強度と反応とが比例関係にないことは非線形性である。

3. 導電率や誘電率が周波数によって変化することは周波数依存性である。

4. 人間の全身の骨格筋が60~150Wの熱を産生することは産熱である。

5. 神経細胞において、あるレベル以上の電気刺激で膜電位が跳躍的に変化してインパルスを発生することは細胞膜の興奮性である。

正答:1
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

国-34-AM-85

生体組織の受動的電気特性について正しいのはどれか。

a. 導電率は周波数とともに増加する。

b. a 分散は水分子の緩和現象に起因する。

c. 皮下脂肪の導電率は筋組織よりも高い。

d. 骨格筋は異方性を示す。

e. インピーダンスは非線形性を示す。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

国-15-PM-83

正しいのはどれか。

1. 細胞膜は直流電流を通しにくい。

2. 生体組織の導電率は周波数に反比例する。

3. 比誘電率の大きさは生体組織の種類に依存しない。

4. 細胞外液は細胞内液よりカリウムイオンを多く含む。

5. 興奮していない細胞内の電位は細胞外に対して正である。

正答:1
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

国-19-PM-80

生体組織の受動的な電気特性で誤っているのはどれか。(生体物性材料工学)

1. 細胞内外液中のイオンが関係している。

2. 組織によって異なった値を示す。

3. 分散特性がある。

4. 薄い細胞膜は細胞が大きな静電容量をもつ主因である。

5. 周波数の増加に従い導電率は減少する。

正答:5
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

国-15-PM-80

導電率の最も低い組織はどれか。

1. 血 液

2. 骨格筋

3. 肝 臓

4. 腎 臓

5. 脂 肪

正答:5
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

国-33-AM-85

生体の電気特性で誤っているのはどれか。

1. 血液の導電率は温度依存性がある。

2. 皮下脂肪の導電率は肝臓の導電率より高い。

3. b 分散は細胞の組織構造に依存する。

4. c 分散は水分子の緩和現象に起因する。

5. 静止電位は細胞内外のイオン濃度差による。

ME_2-40-AM-31

半導体について誤っているのはどれか。

1. 主に4価の元素が材料として使われる。

2. 抵抗率は導体より大きい。

3. 真性半導体では温度が高くなると導電率が増加する。

4. 同一電界中での電子の平均速度は銅線中よりも遅い。

5. キャリアとして電子と正孔がある。

国-4-AM-61

生体物性について誤っているのはどれか。

1. 異方性とは、例えば電気インピーダンスが生体内の部位によって異なる値を示すことをいう。

2. 非線形とは、例えば刺激強度と反応とが比例関係にないことをいう。

3. 周波数依存性とは、例えば導電率や誘電率が周波数によって変化することをいう。

4. 産熱とは、例えば人間の全身の骨格筋では60~150Wの熱を産生することをいう。

5. 細胞膜の興奮性とは、例えば神経細胞において、あるレベル以上の電気刺激で膜電位が飛躍的に変化してインパルスを発生することをいう。

正答:1
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

国-34-AM-87

生体の磁気特性について誤っているのはどれか。

1. 生体の比透磁率は 5000 程度である。

2. 水素の原子核は磁気モーメントをもつ。

3. 神経伝導で磁界が発生する。

4. 酸素化ヘモグロビンは反磁性体である。

5. 脱酸素化ヘモグロビンは常磁性体である。

国-2-AM-61

生体物性について誤っているのはどれか。

1. 異方性とは、例えば電気インピーダンスが生体内の部位によって異なる値を示すことをいう。

2. 非線形とは、例えば刺激強度と反応とが比例関係にないことをいう。

3. 周波数依存性とは、例えば導電率や誘電率が周波数によって変化することをいう。

4. 粘弾性とは、例えば筋組織が粘性と弾性の両方の性質をあわせ持つことをいう。

5. 細胞膜の興奮性とは、例えば神経細胞において、あるレベル以上の電気刺激で膜電位が跳躍的に変化してインパルスを発生することをいう。

正答:1
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

国-14-PM-85

誤っているのはどれか。

1. ヘマトクリット値が高いほど血液粘度は高くなる。

2. ずり速度が大きいほど血液粘度は高くなる。

3. 体温が低いほど血液粘度は高くなる。

4. 血液の導電率は脂肪組織より高い。

5. 赤血球の密度は全血の密度より大きい。

正答:2
分類:医用機械工学/医用機械工学/生体の流体現象
類似問題を見る

国-6-AM-85

生体組織の電気的性質として正しいのはどれか。

a. 生体の電気抵抗率は周波数に依存しない。

b. 細胞膜は微小な直流に対してほぼ完全な絶縁物と考えてよい。

c. 生体組織の中では骨は電気抵抗率が高い。

d. 生体組織の中では血液は電気抵抗率が高い。

e. 生体組織の中では脂肪は電気抵抗率が低い。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

国-1-AM-59

超音波について誤っているのはどれか。

1. 振動数20kHz以上の音波のことである。

2. 波動の緩衝を起こしたり、吸収、反射、散乱されながら伝搬する。

3. 振動数が高いほど指向性が鋭い。

4. 2MHzの超音波の波長は生体中で約7mmである。

5. 強力な超音波を液体中に照射するとキャビテーションを起こす。

正答:4
分類:医用機械工学/医用機械工学/波動と音波・超音波
類似問題を見る