このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-8-AM-78

各種エネルギーの人体作用について誤っているのはどれか。

a. 1.5Tの超伝導磁石によるMRI検査で頭部に熱傷を起こす。

b. 40°Cの温熱で癌細胞が死滅する。

c. 15W/cm2の超音波で細胞が破壊される。

d. 1GHz、0.5W/cm2の電磁波により皮膚で温度上昇が生じる。

e. 波長150nmの光線照射により深部組織に熱傷が生じる。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-12-AM-77

エネルギーの人体作用について正しいのはどれか。

a. 1.5Tの超電導MRI検査で頭部に熱傷を起こす。

b. 43°Cの温熱の長時間曝露で低温熱傷が生じる。

c. 15W/cm2の超音波で細胞が破壊される。

d. 2.45GHz、0.5W/cm2の電磁波の照射部位で温度上昇が生じる。

e. 波長193nmの光照射によって深部組織に熱傷が生じる。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-9-AM-78

各種エネルギーの人体への作用で正しいのはどれか。

1. 全身が30°C程の温度にさらされると白血球が死滅する。

2. 磁界の人体に及ぼす作用の一つとしてキャビテーションがある。

3. 超音波の加熱作用は10W/cm2以上の照射により初めて発現する。

4. 放射線の感受性は細胞分裂が盛んな細胞ほど高い傾向を示す。

5. 波長1400nm以上の光を長時間浴びると皮膚の色素の増加を来す。

正答:4
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-30-AM-87

生体組織の熱に対する性質で誤っているのはどれか。

1. 免疫に関係する細胞は体温が下がると機能が低下する。

2. 組織の温度が4を超えると細胞生存率が低下する。

3. 温溶血現象は60°C を超えた付近で現れる。

4. がん組織は正常組織に比べて温度感受性が高い。

5. 熱による組織の凝固は水分の沸騰に伴う細胞質の飛散で生じる。

正答:5
分類:医用機械工学/医用機械工学/波動と音波・超音波
類似問題を見る

国-10-AM-79

各種エネルギーの人体に対する影響で正しいのはどれか。

a. レーザー光の作用は波長には関係しない。

b. 高周波電流では熱的作用が大きい。

c. 超音波によるキャビテーションは細胞の破壊につながる。

d. 体表面低周波電流密度が2Ma/cm2程度でも周辺の知覚神経は興奮しない。

e. 60~65°Cの加温を長時間行っても蛋白変性を生じない。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-3-PM-75

各種エネルギーの人体に対する影響について誤っているのはどれか。

1. 安全性は周囲条件によって異なることがある。

2. 磁界は1T(テスラ)程度になると人体に大きな影響を及ぼす。

3. 0.1W/cm2程度の高周波電磁波により眼障害を生じることがある。

4. 48°Cの湯に入ると熱傷を起こす危険性が強い。

5. 超音波によりキャビテーションが生じるエネルギーの限界値は、熱作用が生じるよりも大きい。

正答:2
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-6-PM-74

各種エネルギーの安全限界について正しいのはどれか。

1. 皮膚に対する熱作用では高周波電磁波の方が超音波より低い。

2. 生殖細胞に障害を起こす超音波は0.01W/cm2である。

3. 熱傷を起こす温度は42°Cである。

4. 眼障害を起こす高周波電磁波は0.1W/cm2である。

5. ミクロショックを起こす低周波電流は10mAである。

正答:4
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-11-AM-79

エネルギーの人体への作用について誤っているのはどれか。

1. 癌細胞は正常細胞より熱に弱い。

2. 加温すると細胞の放射線感受性が高まる。

3. 低酸素状態の細胞は熱に強い。

4. 可視光はヘモグロビンに吸収される。

5. 生体に強い超音波が作用すると熱を生じる。

正答:3
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-5-PM-76

各種エネルギーの生体に対する安全限界としての誤っているのはどれか。

a. 温度による熱傷 ------------------- 55°C

b. 超音波による熱作用 --------------- 10W/cm2

c. 高周波電磁波による障害(睾丸)------- 0.01W/cm2

d. 低周波電流によるミクロショック ------- 0.1mA

e. 低周波電流による離脱限界 --------- 10mA

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:1
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-6-PM-77

熱傷による皮膚障害の恐れがない高周波電磁波エネルギーの上限として正しいのはどれか。

1. 0.01W/cm2

2. 0.1W/cm2

3. 1W/cm2

4. 10W/cm2

5. 100W/cm2

正答:3
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-4-AM-76

各種エネルギーを生体に与えたときの安全限界について正しいのはどれか。

a. 高周波電磁波による熱傷 :1W/cm2

b. 超音波によるキャビテーション :100W/cm2

c. 高周波電磁波による眼障害 :0.01W/cm2

d. 低周波電流によるミクロショック :10μA

e. 温度による熱傷 :45°C

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-10-AM-78

エネルギーの人体への作用について正しいのはどれか。

1. 400nm以下の波長の光を長時間浴びても障害を生じない。

2. 常伝導磁石による静磁場に30分間爆露されると発熱による障害を生じる。

3. 加熱作用を生じる超音波の強さはキャビテーションを生じるそれよりも大きい。

4. 温熱療法(ハイパーサーミア)では42.5°C以上で細胞致死効果が急激に高まる。

5. 細胞分裂が盛んな組織ほど放射線感受性は低い。

正答:4
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-4-PM-76

各種エネルギーを生体に与えたときの安全限界について正しいのはどれか。 

a. 高周波電磁波による熱傷 : 1W/cm2

b. 超音波によるキャビテーション : 100W/cm2

c. 高周波電磁波による眼障害 : 0.01W/cm2

d. 低周波電流によるミクロショック : 10μA

e. 温度による熱傷 : 45°C

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-21-AM-77

各種エネルギーの安全限界で正しいのはどれか。

a. 商用交流によるミクロショック最小誘発電流は1mAである。

b. 高周波電流による睾丸障害限界エネルギーは0.1W/ cm2である。

c. 超音波の生殖細胞への安全限界は0.1W/cm2である。

d. 1kHz以上では人体の感電閾値は周波数に比例する。

e. 患者に対する短時間の接触限界温度は41°Cである。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/安全基準
類似問題を見る

国-11-AM-65

治療用物理エネルギーの特性で誤っているのはどれか。

1. マイクロ波照射で生体組織の誘電加温ができる。

2. 高周波電流に対しては神経の感受性が低い。

3. レーザ光は収束性に優れている。

4. 衝撃波は凸面反射板で収束する。

5. 高周波電流の通電で生体組織にジュール熱が発生する。

正答:4
分類:医用治療機器学/治療基礎/治療の基礎
類似問題を見る

国-22-PM-38

悪性腫瘍の温熱療法で正しいのはどれか。

a. 腫瘍組織を39~40°Cに加温する。

b. マイクロ波加温法は深在性腫瘍の加温に適する。

c. RF波加湿法では組織を二つの電極で挾む。

d. 放射線療法や化学療法と併用される。

e. 熱耐性は1週目で最大となる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:医用治療機器学/各種治療機器/熱治療機器
類似問題を見る

国-5-PM-60

皮膚を通して生体内に伝達される物理的エネルギーによって、生体に不可逆的な障害が生じるといわれているエネルギー密度の限界値はどれか。

1. 100μW/cm2

2. 100mW/cm2

3. 100W/cm2

4. 100kW/cm2

5. 100MW/cm2

正答:2
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-9-AM-74

悪性腫瘍に対するハイパーサーミアについて誤っているのはどれか。

a. ハイパーサーミアとは温熱療法のことを指す。

b. 腫瘍全体を43°C程度に加温する。

c. 周辺の正常組織はなるべく低温に保つ。

d. 深在性腫瘍の加温にはマイクロ波を用いる。

e. 放射線との併用治療は禁忌である。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:医用治療機器学/各種治療機器/熱治療機器
類似問題を見る

国-7-PM-74

誤っているのはどれか。

1. 生体内に皮膚を通して伝達される物理的エネルギーの密度が100mW/cm2以上になると不可逆的障害を引き起こす。

2. 神経・筋細胞を興奮させる低周波電流密度は約1mA/cm2以上である。

3. 電撃で人体に最も危険な周波数帯域は50~100Hzである。

4. 高周波電磁波は10W/cm2以上になって初めて熱傷を引き起こす。

5. 超音波によるキャビテーション(空洞化現象)は10W/cm2で起こる。

正答:4
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-13-AM-78

正しいのはどれか。

1. 1W/cm2の超音波の照射で血中に気泡が発生する。

2. 1Tの静磁場では心室細動が起こる。

3. 10mW/cm2のCO2レーザを胸部に照射すると呼吸が停止する。

4. 45°Cで皮膚表面を3時間加温すると熱傷が起こる。

5. 1.5N/m2の圧縮荷重で健常人の大腿骨が骨折する。

正答:4
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る