このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

ME_2-34-PM-28

電気メスの取扱いで不適切なのはどれか。

1. 対極板は身体の平坦な部分に装着する。

2. 対極板の減菌は必須である。

3. 対極板コード断線アラームが鳴ったら、コネクタの接続を確認する。

4. 能動(メス先)電極の滅菌は必須である。

5. 左右の踵(かかと)を接触させないようにする。

ME_2-32-PM-31

電気メスの取扱いについて誤っているのはどれか。

1. 対極板は身体の平坦な部分に装着する。

2. 対極板コード断線アラームが鳴ったら、コネクタの接続を確認する。

3. 対極板コードを他の電子機器の上に置かない。

4. アクティブ電極(メス先電極)先端部の炭化物は術中に除去する。

5. 広範囲の発赤は電気メスによる熱傷と考える。

国-30-PM-35

電気メスのデイスポーザブル対極板の装着について正しいのはどれか。

a. 対極板の一点に荷重がかからないようにする。

b. 対極板の装着部には絶縁性のある消毒液を使用する。

c. 対極板コードをコイル状に巻く。

d. 身体が小さい場合は対極板を切って小さくする。

e. 対極板と皮膚との間に空気が入らないようにする。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:医用治療機器学/各種治療機器/電磁気治療器
類似問題を見る

ME_2-33-PM-37

電気メスの取扱いで誤っているのはどれか。

1. 対極板の装着部位として大腿部は適している。

2. 対極板は滅菌しないで使用する。

3. 長すぎる対極板コードは丸めて束ねて使用する。

4. 能動電極は滅菌したものを使用する。

5. 使用後に発赤が見られたら熱傷や圧迫壊死を疑う。

ME_2-29-PM-31

電気メスについて誤っているのはどれか。

1. 対極板は身体の平坦な部分に装着する。

2. 対極板コード断線アラームは対極板の接触状態を監視している。

3. ディスポーザブル対極板は滅菌する必要はない。

4. 能動電極は滅菌されているものを使用する。

5. 使用後に発赤が見られることがある。

ME_2-31-PM-36

電気メスの取扱いについて正しいのはどれか。

1. 対極板の装着部位として肩甲骨部が適している。

2. 対極板は滅菌しなくてよい。

3. シングルパッド型対極板では接触不良時にアラームが鳴る。

4. 能動電極はメス先のみ滅菌する。

5. 術後に発赤が見られたら熱傷と断定する。

国-14-AM-68

電気メスの使用法について正しいのはどれか。

a. 患者の体位変換のたびに対極板の装着部位を点検する。

b. 終業点検でコード類の損傷の有無を点検する。

c. 接地された金属部分を患者の身体に接触させない。

d. 通電中に出力の調整を行ってもよい。

e. 余分なメス先コードはたるませずに巻いておく。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:1
分類:医用治療機器学/各種治療機器/電磁気治療器
類似問題を見る

ME_2-39-PM-26

電気メスの安全使用について正しいのはどれか。

1. アクティブ電極は使用時以外は専用ホルダに入れる。

2. 対極板コードは余分な部分を巻き束ねて使用する。

3. ディスポーザブル対極板の装着位置は仙骨部が第一選択である。

4. 通電を知らせるブザーの音量は手術の妨げにならないよう小さくしておく。

5. 手術中に凝固能が下がった場合、出力をあげる。

国-16-AM-73

電気メスの使用に際して正しいのはどれか。

1. 対極板コードの余分な部分はコイル状に巻いて使用する。

2. 対極板の面積はできるだけ小さい方が安全である。

3. 患者のペースメーカのモードを固定レートに変更する。

4. 手術野における揮発性溶剤との併用は安全である。

5. フローティング形電気メスは対極板を用いない。

正答:3
分類:医用治療機器学/各種治療機器/電磁気治療器
類似問題を見る

ME_2-32-PM-57

電気メスの熱傷防止対策として不適当なのはどれか。

1. 患者の背部にたまった薬液を拭き取る。

2. 対極板を筋肉質の部分に貼る。

3. 心電図モニタ用の電極はできるだけ小さい電極を使う。

4. 体位変換時に対極板部を点検する。

5. フローティング形電気メスを使う。

国-3-PM-64

体外通電による除細動に必要なのはどれか。

a. ペースト

b. 対極板

c. 防護メガネ

d. ゴム手袋

e. 電 極

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:医用治療機器学/各種治療機器/電磁気治療器
類似問題を見る

国-6-PM-63

電気メス使用時の注意事項として誤っているのはどれか。

1. 対極板コードの断線

2. 電気ショック

3. 雑音障害

4. 爆発事故

5. 気道閉塞

正答:5
分類:医用治療機器学/各種治療機器/電磁気治療器
類似問題を見る

ME_2-40-PM-32

除細動器の取扱いについて正しいのはどれか。

1. ペーストを胸部全体に塗る。

2. ペーストがない場合は手指消毒用アルコールで代用する。

3. 心室細動の場合は心房細動に比べ低いエネルギーに設定する。

4. 通電時に電極を強く押し付けると熱傷の危険がある。

5. 高濃度酸素がある環境での使用は危険である。

ME_2-30-PM-29

電気メスの取扱いについて誤っているのはどれか。

1. 対極板は身体の平坦な部分に装着する。

2. 対極板接触不良アラーム機能にはデュアルパッド型対極板を使用する。

3. 対極板は減菌しないで使用する。

4. 能動電極は減菌してから使用する。

5. フローティング型電気メスでは保護接地をはずす。

国-1-PM-64

電気メスの高周波分流による熱傷の原因となりうるのはどれか。

a. 対極板のコードを長くとり、コイル状にたるみをつける。

b. 大きな対極板を装着する。

c. 心電図電極用ペーストを対極板に使用する。

d. 肩甲骨付近に対極板を装着する。

e. 接地された金属部分に患者が接触している。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:医用治療機器学/各種治療機器/電磁気治療器
類似問題を見る

国-4-PM-66

レーザ手術装置による事故防止のために必要なのはどれか。

1. 防護眼鏡

2. ゴム手袋

3. 患者安全モニタ

4. ペースト

5. 対極板

正答:1
分類:医用治療機器学/各種治療機器/光治療機器
類似問題を見る

国-13-AM-68

電気メスの熱傷事故の原因として考えられないのはどれか。

1. 対極板コードが断線している。

2. 対極板面積が小さい。

3. 対極板コードが短い。

4. 患者の背部に水分がたまっている。

5. 患者の手が周囲の金属部に接している。

正答:3
分類:医用治療機器学/各種治療機器/電磁気治療器
類似問題を見る

国-12-AM-74

電気メスの対極板装着法として正しいのはどれか。

a. 接触抵抗が少ないように装着する。

b. 出力200Wに対して10cm2の対極板を用いる。

c. 対極板コードはコイル状に巻いておく。

d. 身体の一部をアースされた金属部に接触させておく。

e. 装着部位への血液の付着を避ける。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:医用治療機器学/各種治療機器/電磁気治療器
類似問題を見る

国-31-PM-43

フェイルセーフはどれか。

a. 医療ガス配管端末器のピン方式

b. 電気メスの対極板コード断線検知機構

c. 麻酔器における酸素供給停止時の亜酸化窒素ガス遮断装置

d. IABP装置のバッテリ搭載

e. 心電図モニタの不整脈アラーム

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/システム安全
類似問題を見る

ME_2-36-PM-55

電気メスによる熱傷の原因として考えられないのはどれか。

1. 手術中の体位変換による対極板の位置のずれ

2. メス先電極コードが身体の下敷きとなるような配置

3. 血行状態が良い身体部位への対極板装着

4. 接地された手術台金属部分と身体部分の接触

5. 身体の部分同士がわずかな面積で接触するような体位