このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-32-AM-40

電撃に対する人体の反応について正しいのはどれか。

1. 体表から受ける電撃をミクロショックという。

2. 直接心臓に0.01mAの商用交流が流れると心室細動を誘発する。

3. 直流電流は交流電流に比べて生体組織に化学的変化を起こしやすい。

4. 商用交流の離脱限界電流値は最小感知電流値の5倍程度である。

5. 最小感知電流閾値は50~60Hzを超えると周波数に比例して上昇する。

正答:3
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-31-PM-37

電流に対する人体の反応について正しいのはどれか。

a. 直接心臓に電流が流れ込んで起こる電撃をマクロショックという。

b. 直流電流は交流電流に比べて生体組織に化学的変化を起こしにくい。

c. 直接心臓に10μAの商用交流電流が流れると心室細動が誘発される。

d. 体表面に0.1Aの商用交流電流が流れると心室細動か誘発される。

e. 最小感知電流閾値は1kHzを境に周波数に比例して上昇する。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

ME_2-36-PM-50

電流刺激に対する人体の反応について正しいのはどれか。

1. 体表面に電流が流れることによる電撃をミクロショックという。

2. 心臓に直接0.1μAの商用交流電流が流れると心室細動が起こる。

3. 流れる電流の電流密度が小さくなると熱傷の危険が生じる。

4. 周波数500kHzにおける最小感知電流は約2μAである。

5. 直流電流では電解質の電気分解により組織が損傷する危険がある。

ME_2-34-PM-52

電撃電流の値と成人の生体反応の関係について正しいのはどれか。

1. 体表から心室細動を誘発する電流閾値は100kHzでは1mAである。

2. 心臓に10μAの直撃電流が流れると心室細動が誘発される。

3. 体表電極から商用交流電流が10mA以上流れると筋の持続的収縮が起こる。

4. 交流電流は直流電流に比べて生体組織に化学的な変化を起こしやすい。

5. 1kHzを超えると周波数に比例して感知電流の閾値が下がる。

国-15-AM-77

健常成人男性の電撃に対する生体反応で正しいのはどれか。

a. ミクロショックで心室細動を起こす電流値はマクロショックの最小感知電流の1/1000である。

b. マクロショックで心室細動を起こす電流値はミクロショックの1万倍である。

c. 離脱限界電流は5mA程度である。

d. 商用交流の周波数付近で最も反応しやすい。

e. 心電波形の受攻期に電気的刺激が加わると心室細動に移行しやすくなる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-9-AM-77

電撃に対する人体反応について正しいのはどれか。

1. マクロショックでビリビリ感じる程度の電流値を離脱限界電流という。

2. 人体内部の細胞が良導体であるのは純水と同じ性質を有するからである。

3. 人体の電撃反応は電流の流入・流出部位によっても異なる。

4. ミクロショック心室細動電流の値は最小感知電流の値とほぼ等しい。

5. 電撃を引き起こす電流閾値は周波数が低いほど小さい。

正答:3
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

ME_2-32-PM-50

電流と人体反応の関係で正しいのはどれか。

1. マクロショックにおける心室細動誘発電流は最小感知電流の1000倍である。

2. 心臓カテーテルを通って心臓内に50μAの商用交流が流れると室細動を起こす。

3. 手足に貼った電極から5mA、60Hzの交流電流が流れると手足を動かせなくなる。

4. 直流電流には電気分解による生体組織損傷のリスクがある。

5. 100kHzにおける電撃閾値は50Hzの場合の2000倍である。

国-2-PM-82

電撃について誤っているのはどれか。

a. 電流の周波数が極端に高くなると人体は反応しにくい。

b. 商用電源の周波数付近(50~100Hz)の電流で人体は最も反応しやすい。

c. マクロショックの場合、10mAぐらいでビリビリ感じ始める。

d. 500kHz以上の高周波では微少な電流でも反応する。

e. ミクロショック心室細動電流は最少感知電流の1/100である。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-4-PM-75

電気の生体に与える影響について正しいのはどれか。

a. 最少感知電流は離脱限界電流より小さい。

b. 生体に離脱限界以上の電流が流れると行動の自由を失う。

c. ミクロショック心室細動電流はマクロショック心室細動電流の1/100である。

d. 手に20mAの商用交流が流れても行動の自由は失われない。

e. 高周波電流は生体に熱作用をもたらす。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-1-PM-74

電撃について正しいのはどれか。

1. 人体の反応は流れる電流の周波数には無関係である。

2. His束心電図検査は心臓に直接電流が流れ込み、心室細動が発生しないよう注意して行われる。

3. 皮膚に0.01mAの商用交流電流が流れるとビリビリと感じる。

4. 体表から受ける電撃により起こる事故死の多くは心筋症によるものである。

5. ミクロショックの場合数μAの交流電流でも危険である。

正答:2
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-25-PM-39

電撃に対する人体反応について誤っているのはどれか。

1. 同じ通電エネルギー量では商用交流が直流よりも電撃リスクは 大きい。

2. 最小感知電流値は周波数に反比例する。

3. 商用交流におけるミクロショック心室細動誘発電流値は0.1mA である。

4. 商用交流の離脱電流値は最小感知電流値の約 10倍である。

5. 小児のマクロショック電流値は成人男性の 1/2 である。

正答:2
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-11-AM-77

商用交流によるマクロショックについて誤っているのはどれか。

a. 電流が心臓に直接流入することを想定している。

b. 0.1mAの電流流入は知覚できる。

c. 心室細動は100mA以上の電流で生じる。

d. 10mA以下では離脱が可能である。

e. 50mA以上で呼吸困難を起こすことがある。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:1
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-2-PM-81

商用交流を1秒間通電したときの人体の電撃反応として正しいのはどれか。

a. 最少感知電流0.1mA

b. 離脱限界電流は10mA

c. マクロショック心室細動電流は100mA

d. ミクロショック心室細動電流は0.01mA

e. 心室細動が誘発される電流値はミクロショックではマクロショックの1/100

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-10-AM-77

電撃に対する人体の反応について誤っているのはどれか。

1. 電流の流出入部位によって異なる。

2. 最小感知電流の10~20倍の電流で行動の自由を失う。

3. 50kHz付近で最も感じやすい。

4. 1mAの商用交流が体表に流れるとビリビリ感じる。

5. 心室細動は最小感知電流より小さい電流によっても誘発される。

正答:3
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-17-PM-81

交流電流(周波数<100kHz)が人体に流入する場合、正しいのはどれか。

1. 人体内に定在波が生じる。

2. 離脱電流とは刺激のために筋肉が弛緩してしまう電流閾値である。

3. 周波数が高いほど感知電流は低い。

4. 感知電流以下でも電流が直接心臓に流入すれば心室細動を発生し得る。

5. 電流密度が等しい場合、筋組織は脂肪組織より大きなジュール熱を発生する。

正答:4
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

国-23-PM-38

人体の商用交流に対する電撃反応の概略値について誤っているのはどれか。

1. 最小感知電流値は1mAである。

2. 離脱限界電流値は10mAである。

3. 最大許容電流値は20mAである。

4. マクロショックの心室細動を誘発する最小電流値は100mAである。

5. ミクロショックの心室細動を誘発する最小電流値は100μAである。

正答:3
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-4-AM-75

電気の生体に与える影響について正しいのはどれか。

a. 最少感知電流は離脱限界電流より小さい。

b. 生体に離脱限界以上の電流が流れると行動の自由を失う。

c. ミクロショック心室細動電流はマクロショック心室細動電流の1/100である。

d. 電流が流れても行動の自由は失われない。

e. 高周波電流は生体に熱作用をもたらす。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

ME_2-40-PM-51

電撃閾値の周波数特性について正しいのはどれか。

1. 直流で閾値は最小である。

2. 商用交流付近で閾値は最大である。

3. 1kHz以上で閾値は周波数に比例して高くなる。

4. 体表から100Hz、10mAの電流で心室細動を誘発する。

5. 10kHzで感知できる電流の最小値は200mA程度である。

国-6-PM-73

電撃に対する人体の反応に対して誤っているのはどれか。

1. 電流の流出入部によって異なる。

2. 最小感知電流の10倍の電流で行動の自由を失う。

3. 50kHz付近で最も感じやすい。

4. 1mAの商用交流が体表に流れるとビリビリ感じる。

5. 感じられない電流により心室細動が誘発される。

正答:3
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-24-AM-39

電撃に対する人体反応で誤っているのはどれか。(医用機器安全管理学)

1. 最小感知電流値に1kHz以上では周波数に比例して上昇する。

2. マクロショックの心室細動誘発電流値の1/1000でミクロショックは生じる。

3. ミクロショック電流値は体重が軽いほど大きくなる。

4. 離脱限界電流値は10~20mAである。

5. 女性のマクロショック電流値は男性よりも小さい。

正答:3
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る