このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-29-AM-32

MRI 検査について誤っているのはどれか。

1. 水素原子の空間分布を画像化する。

2. 軟部組織の画像化に適している。

3. 血流の測定が可能である。

4. 臓器の3 次元構造を画像化できる。

5. 動きのある臓器の撮影に適している。

正答:5
分類:生体計測装置学/画像診断法/核磁気共鳴画像計測
類似問題を見る

国-26-PM-32

エックス線を使用した撮影について誤っているのはどれか。

a. 体内から反射してきたエックス線を撮影する。

b. 組織でのエックス線の吸収に関する画像が得られる。

c. 臓器の動きの撮影が可能である。

d. 造影剤は分解能の改善のために使用する。

e. 軟部組織の撮影に適している。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:生体計測装置学/画像診断法/エックス線による画像計測
類似問題を見る

国-29-PM-30

超音波診断装置について正しいのはどれか。

a. 被曝に伴う侵襲性がある。

b. 全身撮影が可能である。

c. 心室の壁厚を測定できる。

d. 血管内の画像が得られる。

e. 実時間の撮影が可能である。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-30-AM-32

臨床用MRIについて正しいのはどれか。

a. 軟部組織の画像化に適している。

b. 炭素原子の空間分布を画像化する。

c. 水分の少ない組織の撮影に適している。

d. 撮像法としてT1強調がある。

e. 血管造影が可能である。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:生体計測装置学/画像診断法/核磁気共鳴画像計測
類似問題を見る

ME_2-35-AM-45

MRI検査について正しいのはどれか。

1. 撮像する断面の方向の制約がある。

2. 血管撮影には造影剤が必要である。

3. 臓器内に空気があると撮像できない。

4. 生体内の水分子の存在状態を画像化する。

5. 脊髄の描出能はX線CTより劣る。

国-10-AM-61

MRIについて正しいのはどれか。

a. 電子の持つスピンを利用した測定技術である。

b. 傾斜磁場により被写体の位置の情報を得る。

c. エックス線撮影と比較して軟部組織の病変を診断しやすい。

d. 緩和とはスピンの歳差運動の回転が遅くなることである。

e. 磁気シールドルームを必要としない。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体計測装置学/画像診断法/核磁気共鳴画像計測
類似問題を見る

国-28-AM-33

単純エックス線撮影について正しいのはどれか。

1. 臓器から反射したエックス線を撮影する。

2. 造影剤はエックス線に対する透過性が高い。

3. 動きがある臓器には使用しない。

4. 高密度の器官はエックス線を吸収して陰影を作る。

5. 体動の影響は少ない。

正答:4
分類:生体計測装置学/画像診断法/エックス線による画像計測
類似問題を見る

国-16-AM-62

MRIの特徴についてエックス線CTと比較したとき、誤っているのはどれか。

1. 軟部組織において高コントラストの明瞭な像が得られる。

2. 造影剤なしで血管撮影が可能である。

3. 化学シフトを調べることができる。

4. 撮像時間が短い。

5. 大きな作動音を発する。

正答:4
分類:生体計測装置学/画像診断法/ラジオアイソトープによる画像計測
類似問題を見る

国-19-AM-61

診断用MRIについて正しいのはどれか。(生体計測装置学)

1. 生体への放射線防護対策が必要である.

2. 生体組織に含まれている窒素原子の分布を画像化している。

3. 磁気共鳴現象を起こすためにマイクロ波を照射する。

4. 血管撮影には造影剤を必要とする。

5. 静磁場を発生させるために超伝導磁石が用いられている。

正答:5
分類:生体計測装置学/画像診断法/ラジオアイソトープによる画像計測
類似問題を見る

ME_2-28-PM-23

MRI診断装置について誤っているのはどれか。

1. X線CTよりも検査時間が長い。

2. 血管像を得るためには造影剤が必要である。

3. 骨や空気による画像への影響がない。

4. X線CTよりも体動に弱い。

5. 検査前に補聴器をはずす。

ME_2-38-AM-57

X線CTについて正しいのはどれか。

1. MRIよりも軟部組織の描出に優れている。

2. 造影剤を用いずに血管像を描出できる。

3. 撮影時に放射線同位元素(RI)が必要である。

4. マルチスライスCTにより冠動脈の3D表示ができる。

5. 石灰化は描出できない。

国-22-AM-32

MRIについて正しいのはどれか。

a. 電子の持つスピンを利用した測定技術である。

b. 緩和とはスピンの歳差運動の回転が遅くなることである。

c. 磁気シールドルームを必要としない。

d. 傾斜磁場によって被写体の位置情報を得る。

e. エックス線撮影よりも軟部組織の描出に優れる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:生体計測装置学/画像診断法/ラジオアイソトープによる画像計測
類似問題を見る

ME_2-36-AM-42

MRIとX線CTの比較で誤っているのはどれか。

1. MRIのほうが肺の状態を観察するのに適している。

2. MRIのほうが病変部と正常組織のコントラストが良好である。

3. X線CTのほうが短時間で広範囲の検査が可能である。

4. MRIでは放射線被曝がない。

5. MRIでは造影剤を用いなくても血管を描出できる。

国-7-AM-85

サーモグラフィについて正しいのはどれか。

1. 外部から赤外線を照射してその反射率を画像化する。

2. 検出器には超伝導を利用したSQUIDが使われる。

3. 着衣のままで検査ができる。

4. レイノー病による手足の血流障害の診断に利用されている。

5. 腎臓などの深部臓器の診断に有用である。

正答:4
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/体温計測
類似問題を見る

国-30-PM-31

X 線CT 画像について正しいのはどれか。

a. 臓器の3 次元構造が得られる。

b. 画像再構成法として逆投影法がある。

c. 血管の撮像が可能である。

d. X 線を双方向に照射する。

e. 空間分解能は1程度である。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:1
分類:生体計測装置学/画像診断法/エックス線による画像計測
類似問題を見る

国-13-AM-60

MRIについて正しいのはどれか。

a. 骨のカルシウムを強く描出する。

b. 侵襲度の低い計測法である。

c. 傾斜磁場を利用している。

d. 脊椎の描写には適当でない。

e. RIを必要とする。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体計測装置学/画像診断法/核磁気共鳴画像計測
類似問題を見る

国-27-PM-32

内視鏡画像計測について誤っているのはどれか。

1. 撮像素子にはCCDを用いる。

2. 電子内視鏡では画像を光ファイバで伝送する。

3. 狭帯域光を用いると血管を強調できる。

4. カプセル内視鏡は腸を対象とする。

5. 超音波内視鏡は粘膜下の病変の診断に適している。

正答:2
分類:生体計測装置学/画像診断法/内視鏡装置による計測
類似問題を見る

ME_2-38-AM-55

生体情報を測定するのに生体外から生体にエネルギーを加える必要がないのはどれか。

1. MRI装置

2. X線CT装置

3. NIRS(Near Infrared Spectroscopy)装置

4. 脳磁図計

5. 超音波診断装置

国-29-PM-31

X 線CTについて誤っているのはどれか。

1. 臓器の立体的な構造を画像化する。

2. 複数のX線検出器を使用する。

3. 動画を撮影することが可能である。

4. 空間分解能は1mm程度である。

5. 組織のX線吸収係数を画像化する。

正答:3
分類:生体計測装置学/画像診断法/エックス線による画像計測
類似問題を見る

国-31-PM-30

X線を使用した医用画像について正しいのはどれか。

a. X線に対する臓器の反射率を画像化する。

b. X線CTの空間分解能は0.5~1mm程度である。

c. X線CTは臓器の立体構造を画像化できる。

d. 造影剤はX線画像のコントラストを増強する。

e. 体表面に近い臓器の画像化に適している。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:生体計測装置学/画像診断法/エックス線による画像計測
類似問題を見る