このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-20-PM-52

人工心肺の適正灌流量について誤っているのはどれか。(体外循環装置)

1. 需要に見合う酸素を供給できる灌流量を保つ。

2. 体表面積あたりの成人の灌流量は乳児に比べて多い。

3. 常温体外循環では低体温体外循環と比べて灌流量を低く設定する。

4. 平均大動脈圧を60~80mmHgに維持する。

5. 混合静脈血酸素飽和度70%を目標に灌流量を調節する。

正答:2
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環の病態生理
類似問題を見る

国-30-PM-72

乳幼児の人工心肺を用いた体外循環で成人と比較して正しいのはどれか。

a. 無輸血体外循環が容易である。

b. 体重1 kg 当たりの適正灌流量が少ない。

c. 目標灌流圧が低い。

d. 体液バランスの不均衡が生じやすい。

e. 急速な冷却が望ましい。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環技術
類似問題を見る

国-18-PM-51

人工心肺による体外循環の至適灌流量について誤っているのはどれか。(体外循環装置)

1. 体表面積を基準に求める。

2. 血液を希釈した場合、増加させる。

3. 体温が低下した場合減少させる。

4. 混合静脈血の酸素飽和度によって調節する。

5. 体表面積あたりの成人の灌流量は乳児に比べ多い。

正答:5
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環の病態生理
類似問題を見る

国-14-PM-65

人工心肺を用いる体外循環時の血液希釈について正しいのはどれか。

a. 酸素運搬能が増加する。

b. 末梢組織での循環不全を防止する。

c. 血液使用量を節減する。

d. ヘマトクリット値を20%前後に保つ。

e. 血液粘度が上昇する。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環の病態生理
類似問題を見る

国-17-PM-51

人工心肺による低体温体外循環中に血液を希釈する目的として正しいのはどれか。

a. 空気塞栓症を予防する。

b. 血液の粘度を下げる。

c. 組織灌流を良好にする。

d. 使用血液量を節減する。

e. 生体の酸素需要を促進する。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環の病態生理
類似問題を見る

国-9-PM-50

人工心肺を用いた体外循環時の血液灌流量について正しいのはどれか。

1. 術前の心拍出量より多めの血液量を灌流する。

2. 常温下での適正灌流量は体表面積から求められる。

3. 低体温時には常温時より灌流量を多くする。

4. 末梢血管抵抗は血液灌流量と関係がない。

5. 環流静脈血の酸素飽和度を50%以下に保つ。

正答:2
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環の病態生理
類似問題を見る

国-31-PM-70

人工心肺を用いた体外循環中に血中濃度が低下するのはどれか。

1. 血 糖

2. レニン

3. アドレナリン

4. サイトカイン

5. カルシウム

正答:5
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環の病態生理
類似問題を見る

国-16-PM-48

体外循環について誤っているのはどれか。

1. 生体の酸素需要に見合う灌流量を保つ。

2. 術前の収縮期血圧を維持する。

3. 末梢血管抵抗は適正灌流量の指標となる。

4. 低体温は適正灌流量に対する安全域を拡大する。

5. 血液希釈は微小循環を改善する。

正答:2
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環技術
類似問題を見る

国-10-PM-48

人工心肺による体外循環中に血液を希釈する目的として正しいのはどれか。

a. 空気塞栓症を予防する。

b. 血液の粘度を下げる。

c. 組織灌流を良好にする。

d. 使用血液量を節減する。

e. 生体の酸素需要を促進する。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環の病態生理
類似問題を見る

国-18-PM-49

体外循環回路の充填液とその目的との組み合わせで誤っているのはどれか。(体外循環装置)

1. マニトール液 浸透圧の調節

2. ヘパリン 血液の凝固抑制

3. 濃厚赤血球 膠質浸透圧の維持

4. 炭酸水素ナトリウム アシドーシスの補正

5. 乳酸リンゲル液 総充填量の調整

正答:3
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/原理と構成
類似問題を見る

国-20-PM-50

一定の灌流圧で送血したときの流量について正しいのはどれか。(体外循環装置)

1. 血液を希釈すると増加する。

2. 低体温にすると増加する。

3. 末梢血管抵抗が減少すると減少する。

4. 小さな口径のカニューレを使うと増加する。

5. 血液粘度が上昇すると増加する。

正答:1
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環の病態生理
類似問題を見る

ME_2-34-PM-12

人工心肺でコントロールできないのはどれか。

1. 体外循環血流量

2. 患者の循環血液量

3. 血液温度

4. 呼吸数

5. 動脈血酸素分圧

ME_2-28-PM-34

熱希釈式心拍出量測定で誤っているのはどれか。

1. 末梢静脈よりカテーテルを挿入する。

2. 注入液はできるだけゆっくり注入する。

3. 注入するブドウ糖液は通常0℃に冷却する。

4. カテーテルの種類が異なる場合はカテーテル係数を設定しなおす。

5. 初回測定時には大きな誤差を生じやすい。

国-26-PM-70

人工心肺による体外循環について正しいのはどれか。

1. 血液希釈によって溶血量は増加する。

2. 血液希釈によって膠質浸透圧は増加する。

3. 血液希釈によって血液粘稠度は増加する。

4. 低体温によって血液粘稠度は低下する。

5. 低体温によって組織への酸素の移行は低下する。

正答:5
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環の病態生理
類似問題を見る

国-19-PM-51

人工心肺装置を用いた体外循環が血液に及ぼす影響について正しいのはどれか。(体外循環装置)

a. 血小板は変化しない。

b. リンパ球は減少する。

c. 凝固系が活性化される。

d. 血漿遊離ヘモグロビン濃度が増加する。

e. ヘマトクリット値が上昇する。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環の病態生理
類似問題を見る

国-22-PM-69

低体温について正しいのはどれか。

a. 血液粘度が低下する。

b. 人工心肺の安全限界が狭まる。

c. 組織への酸素移行が減少する。

d. 混合静脈血酸素飽和度が増加する。

e. アルファスタット法による管理ではpHが上昇する。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環の病態生理
類似問題を見る

国-28-PM-70

人工心肺による体外循環中に血中濃度が低下するのはどれか。

a. ナトリウム

b. カリウム

c. アドレナリン

d. グルコース

e. サイトカイン

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:1
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環の病態生理
類似問題を見る

国-29-PM-70

人工心肺による体外循環について正しいのはどれか。

a. 小児の体表面積あたりの灌流量は成人よりも多い。

b. 血液希釈によって酸素解離曲線は右方に移動する。

c. 復温時には混合静脈血酸素飽和度は上昇する。

d. アルカローシスの補正に炭酸水素ナトリウムを用いる。

e. 膠質浸透圧の保持に乳酸加リンゲルを用いる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:0
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環の病態生理
類似問題を見る

国-31-PM-72

慢性腎不全による維持透析患者における人工心肺管理で正しいのはどれか。

1. 無輸血体外循環が容易で ある。

2. 血清カリウム値は高めになるよう補正する。

3. 灌流圧は高めになる場合が多い。

4. 利尿薬を大量に用い自尿の確保に努める。

5. 術中透析施行中はその流量分だけ灌流量を増やす。

正答:3
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環の病態生理
類似問題を見る

ME_2-30-PM-28

熱希釈式心拍出量測定で正しいのはどれか。

1. 末梢動脈よりカテーテルを挿入する。

2. 注入液はできるだけゆっくり注入する。

3. 注入するブドウ糖液は体温に調整して使用する。

4. カテーテル係数は常に一定値に設定しておく。

5. 不整脈では測定回数を多くしてその平均値を使用する。