このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-6-PM-74

各種エネルギーの安全限界について正しいのはどれか。

1. 皮膚に対する熱作用では高周波電磁波の方が超音波より低い。

2. 生殖細胞に障害を起こす超音波は0.01W/cm2である。

3. 熱傷を起こす温度は42°Cである。

4. 眼障害を起こす高周波電磁波は0.1W/cm2である。

5. ミクロショックを起こす低周波電流は10mAである。

正答:4
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-21-AM-77

各種エネルギーの安全限界で正しいのはどれか。

a. 商用交流によるミクロショック最小誘発電流は1mAである。

b. 高周波電流による睾丸障害限界エネルギーは0.1W/ cm2である。

c. 超音波の生殖細胞への安全限界は0.1W/cm2である。

d. 1kHz以上では人体の感電閾値は周波数に比例する。

e. 患者に対する短時間の接触限界温度は41°Cである。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/安全基準
類似問題を見る

国-20-AM-78

各種エネルギーの安全限界で正しいのはどれか。(医用機器安全管理学)

a. 商用交流1秒間通電による離脱限界電流は1mAである。

b. 高周波電流による眼障害限界は1W/cm2である。

c. 超音波による生殖細胞への安全限界は1W/cm2である。

d. 1kHzを超える漏れ電流の許容値は1kHzの倍数分だけ多い。

e. 患者装着部の熱傷安全限界は41°Cである。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-4-AM-76

各種エネルギーを生体に与えたときの安全限界について正しいのはどれか。

a. 高周波電磁波による熱傷 :1W/cm2

b. 超音波によるキャビテーション :100W/cm2

c. 高周波電磁波による眼障害 :0.01W/cm2

d. 低周波電流によるミクロショック :10μA

e. 温度による熱傷 :45°C

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-4-PM-76

各種エネルギーを生体に与えたときの安全限界について正しいのはどれか。 

a. 高周波電磁波による熱傷 : 1W/cm2

b. 超音波によるキャビテーション : 100W/cm2

c. 高周波電磁波による眼障害 : 0.01W/cm2

d. 低周波電流によるミクロショック : 10μA

e. 温度による熱傷 : 45°C

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-3-PM-75

各種エネルギーの人体に対する影響について誤っているのはどれか。

1. 安全性は周囲条件によって異なることがある。

2. 磁界は1T(テスラ)程度になると人体に大きな影響を及ぼす。

3. 0.1W/cm2程度の高周波電磁波により眼障害を生じることがある。

4. 48°Cの湯に入ると熱傷を起こす危険性が強い。

5. 超音波によりキャビテーションが生じるエネルギーの限界値は、熱作用が生じるよりも大きい。

正答:2
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-24-AM-39

電撃に対する人体反応で誤っているのはどれか。(医用機器安全管理学)

1. 最小感知電流値に1kHz以上では周波数に比例して上昇する。

2. マクロショックの心室細動誘発電流値の1/1000でミクロショックは生じる。

3. ミクロショック電流値は体重が軽いほど大きくなる。

4. 離脱限界電流値は10~20mAである。

5. 女性のマクロショック電流値は男性よりも小さい。

正答:3
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-23-PM-38

人体の商用交流に対する電撃反応の概略値について誤っているのはどれか。

1. 最小感知電流値は1mAである。

2. 離脱限界電流値は10mAである。

3. 最大許容電流値は20mAである。

4. マクロショックの心室細動を誘発する最小電流値は100mAである。

5. ミクロショックの心室細動を誘発する最小電流値は100μAである。

正答:3
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-2-AM-71

医用材料が通常、備えるべき条件として正しいのはどれか。

a. 難加工性である。

b. 生体に対する毒性がない。

c. 血液成分を破壊しない。

d. 発癌性がない。

e. 150°C以上の耐熱性がある。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:生体物性材料工学/医用材料/医用材料の条件
類似問題を見る

ME_2-36-PM-50

電流刺激に対する人体の反応について正しいのはどれか。

1. 体表面に電流が流れることによる電撃をミクロショックという。

2. 心臓に直接0.1μAの商用交流電流が流れると心室細動が起こる。

3. 流れる電流の電流密度が小さくなると熱傷の危険が生じる。

4. 周波数500kHzにおける最小感知電流は約2μAである。

5. 直流電流では電解質の電気分解により組織が損傷する危険がある。

国-5-PM-76

各種エネルギーの生体に対する安全限界としての誤っているのはどれか。

a. 温度による熱傷 ------------------- 55°C

b. 超音波による熱作用 --------------- 10W/cm2

c. 高周波電磁波による障害(睾丸)------- 0.01W/cm2

d. 低周波電流によるミクロショック ------- 0.1mA

e. 低周波電流による離脱限界 --------- 10mA

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:1
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-18-AM-77

同じ吸収線量で生体への作用が最も強い放射線はどれか。(医用機器安全管理学)

1. アルファ線

2. ベータ線

3. ガンマ線

4. 陽子線

5. エックス線

正答:1
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-12-AM-77

エネルギーの人体作用について正しいのはどれか。

a. 1.5Tの超電導MRI検査で頭部に熱傷を起こす。

b. 43°Cの温熱の長時間曝露で低温熱傷が生じる。

c. 15W/cm2の超音波で細胞が破壊される。

d. 2.45GHz、0.5W/cm2の電磁波の照射部位で温度上昇が生じる。

e. 波長193nmの光照射によって深部組織に熱傷が生じる。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-10-AM-79

各種エネルギーの人体に対する影響で正しいのはどれか。

a. レーザー光の作用は波長には関係しない。

b. 高周波電流では熱的作用が大きい。

c. 超音波によるキャビテーションは細胞の破壊につながる。

d. 体表面低周波電流密度が2Ma/cm2程度でも周辺の知覚神経は興奮しない。

e. 60~65°Cの加温を長時間行っても蛋白変性を生じない。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-4-PM-55

皮膚を通して生体内に伝達される物理的エネルギーによって、生体になんらかの不可逆的な障害を生じるといわれているエネルギー密度の限界値はどれか。

1. 10μW/cm2

2. 100μW/cm2

3. 10mW/cm2

4. 100mW/cm2

5. 1000mW/cm2

正答:4
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-20-PM-76

超音波について正しいのはどれか。(機械工学)

a. 振動が20kHz以上の音波である。

b. 速度は波長と周期の積で表される。

c. 波長が長いほど直進性がよい。

d. 周波数が低くなると減衰が大きくなる。

e. 伝達距離に対して指数関数的に減衰する。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:医用機械工学/医用機械工学/波動と音波・超音波
類似問題を見る

国-9-AM-74

悪性腫瘍に対するハイパーサーミアについて誤っているのはどれか。

a. ハイパーサーミアとは温熱療法のことを指す。

b. 腫瘍全体を43°C程度に加温する。

c. 周辺の正常組織はなるべく低温に保つ。

d. 深在性腫瘍の加温にはマイクロ波を用いる。

e. 放射線との併用治療は禁忌である。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:医用治療機器学/各種治療機器/熱治療機器
類似問題を見る

国-23-PM-45

正しいのはどれか。

a. 2.4GHzの電磁波は非電離放射線である。

b. 携帯電話で使用される周波数は約500kHzである。

c. 小電力医用テレメータは出力が10mW以下であれば任意の周波数を用いてよい。

d. 心電計に対する電磁障害は患者測定電流の増加である。

e. 電気メスの影響を抑えるために心臓ベースメーカを固定レートとする。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/電磁環境
類似問題を見る

国-5-PM-60

皮膚を通して生体内に伝達される物理的エネルギーによって、生体に不可逆的な障害が生じるといわれているエネルギー密度の限界値はどれか。

1. 100μW/cm2

2. 100mW/cm2

3. 100W/cm2

4. 100kW/cm2

5. 100MW/cm2

正答:2
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-18-AM-68

マイクロ波手術装置について正しいのはどれか。(医用治療機器学)

a. 心電図モニタに対する電磁波障害はない。

b. 主に誘電加熱による作用を利用する。

c. 2450MHzの周波数を使用する。

d. 対極板が必要である。

e. 凝固より切開に利用されることが多い。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:医用治療機器学/各種治療機器/電磁気治療器
類似問題を見る