このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-21-PM-84

導電率の最も低いのはどれか。

1. 血液

2. 肝臓

3. 腎臓

4. 骨格筋

5. 脂肪

正答:5
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

国-23-AM-85

導電率の大きさの関係で正しいのはどれか。

1. 脂 肪 < 骨格筋 < 血 液

2. 脂 肪 < 血 液 < 骨格筋

3. 血 液 < 骨格筋 < 脂 肪

4. 肝 臓 < 脂 肪 < 血 液

5. 骨格筋 < 肝 臓 < 脂 肪

正答:1
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

ME_2-35-AM-58

最も導電率の高い組織はどれか。

1. 骨

2. 血 液

3. 骨格筋

4. 肝 臓

5. 肺

国-3-AM-87

電気抵抗率の最も高い組織と最も低い組織はどれか。

a. 血 液

b. 筋 肉

c. 肝 臓

d. 神 経

e. 脂 肪

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

国-25-PM-86

放射線感受性の最も高い組織はどれか。

1. 神 経

2. 脂 肪

3. 筋

4. 血 管

5. 骨 髄

正答:5
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体と放射線
類似問題を見る

国-1-AM-78

電気抵抗率の高い組織はどれか。

a. 骨

b. 脂 肪

c. 血 液

d. 肝

e. 骨格筋

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:1
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

国-18-PM-80

導電率が最も小さいのはどれか。(生作物性材料工学)

1. 血 液

2. 骨格筋

3. 肝 臓

4. 神 経

5. 脂 肪

正答:5
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

国-16-PM-80

生体組織の導電率の大きさの順で正しいのはどれか。

1. 骨 > 脂肪 > 筋肉 > 血液

2. 2. 骨 > 筋肉 > 脂肪 > 血液

3. 筋肉 > 血液 > 骨 > 脂肪

4. 血液 > 筋肉 > 脂肪 > 骨

5. 血液 > 脂肪 > 筋肉 > 骨

正答:4
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

ME_2-38-AM-44

生体組織や細胞の電気的特性について誤っているのはどれか。

1. 低周波での導電率は高周波での導電率より高い。

2. 血液の導電率は骨格筋の導電率より高い。

3. 低周波での誘電率は高周波での誘電率より高い。

4. 肝臓の誘電率は骨の誘電率より高い。

5. 細胞内液の導電率は細胞膜の導電率より高い。

国-26-AM-87

比熱が最も小さいのはどれか。

1. 骨格筋

2. 血 管

3. 血 液

4. 肝 臓

5. 脂 肪

正答:5
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の熱特性
類似問題を見る

国-5-AM-80

次の生体組織のうち、電気抵抗率の最も高いのはどれか。

1. 骨

2. 神 経

3. 肝 臓

4. 心 筋

5. 血 液

正答:1
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

国-28-AM-87

比熱が最も小さいのはどれか。

1. 脂肪

2. 肝臓

3. 筋肉

4. 血漿

5. 脳

正答:1
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の熱特性
類似問題を見る

国-2-AM-89

電気抵抗率の最も低いのはどれか。

1. 脂 肪

2. 肝

3. 筋 肉

4. 血 液

5. 神 経

正答:4
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

国-24-AM-86

最も放射線感受性の高い組織はどれか。(生体物性材料工学)

1. 骨

2. 皮 膚

3. 筋 肉

4. 脊 髄

5. 水晶体

正答:2
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体と放射線
類似問題を見る

ME_2-32-AM-41

導電率が最も大きいのはどれか。

1. 骨格筋

2. 骨

3. リンパ液

4. 心 筋

5. 脂 肪

国-13-PM-80

放射線感受性の高い組織はどれか。

a. 心臓

b. 生殖腺

c. 骨髄

d. 脳

e. 眼

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体と放射線
類似問題を見る

国-28-AM-85

生体の電気特性について正しいのはどれか。

a. α分散は水分子の分極に起因する。

b. β分散は組織の構造に起因する。

c. 脂肪の導電率は筋肉よりも低い。

d. 骨格筋の異方性は弱い。

e. 有髄神経の髄鞘は高い導電性を示す。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

国-33-AM-6

再生能力が高いのはどれか。

a. 心筋細胞

b. 中枢神経細胞

c. 皮膚表皮細胞

d. 骨髄造血細胞

e. 消化管上皮細胞

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

国-6-AM-68

生体と材料の相互作用における慢性全身反応はどれか。

a. 壊死

b. 臓器障害

c. 免疫異常

d. 発癌

e. 肉芽形成

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体物性材料工学/医用材料/相互作用
類似問題を見る

国-29-AM-86

生体における放射線感受性を表す組織加重係数が最も大きいのはどれか。

1. 脳

2. 甲状腺

3. 結 腸

4. 皮 膚

5. 骨皮質

正答:3
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体と放射線
類似問題を見る