このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-27-PM-40

非接地配線方式について正しいのはどれか。

a. 設備の主たる目的は感電防止である。

b. 集中治療室に必要な設備である。

c. 電路の片側と大地との絶縁を監視している。

d. 非常電源と連動した設備である。

e. 使用する絶縁変圧器の電源容量には制限がない。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/安全基準
類似問題を見る

国-7-PM-76

心カテーテル検査室で設備しなくてもよいものはどれか。

1. 保護接地

2. 等電位接地

3. 非接地配線方式

4. 一般非常電源

5. 特別非常電源

正答:5
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/安全基準
類似問題を見る

国-10-AM-81

非接地配線方式について正しいのはどれか。

a. 主たる目的はマクロショックの防止である。

b. 設備側に絶縁変圧器を設ける。

c. 非接地式電路の二次側には絶縁監視装置を設備しなければならない。

d. ME機器を用いる全ての医用室に設備しなければならない。

e. 停電を防止できるので非常電源の代わりになる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/安全基準
類似問題を見る

国-7-PM-79

非接地配線方式について正しいのはどれか。

a. 一線の地絡時にも電源の供給を確保することを目的としている。

b. 絶縁監視装置(アイソレーションモニタ)は必要でない。

c. 一つの医用機器の絶縁不良事故で容易に停電する。

d. 絶縁トランスが設備側にあるため、機器故障時に漏れ電流は増加する。

e. 手術室やICUのように生命維持管理装置を使う場所では採用することが望ましい。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/安全基準
類似問題を見る

国-18-AM-85

非接地配線方式について正しいのはどれか。(医用機器安全菅理学)

a. 主目的はマクロショックの防止である。

b. 設備側に絶縁変圧器を設ける。

c. 電路の二次側には絶縁監視装置を設備しなければならない。

d. 検体検査室には設備しなければならない。

e. 停電を防止できるので非常電源の代わりになる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/安全管理技術
類似問題を見る

ME_2-35-PM-52

非接地配線方式について誤っているのはどれか。

1. 停電時にも電源の供給を維持する。

2. 心臓カテーテル室には設けなければならない。

3. 絶縁監視装置は電路の対地インピーダンスを監視する。

4. 絶縁監視装置の表示値が2mA以上で警報が作動する。

5. 絶縁変圧器の定格容量は7.5kVA以下である。

ME_2-39-PM-58

非接地配線設備について誤っているのはどれか。

1. 漏電遮断器を設置する。

2. 絶縁変圧器を設置する。

3. マクロショック対策として有効である。

4. 絶縁監視装置の警報は表示値2mA以上で作動する。

5. 負荷の一線地絡時にも電源供給が維持される。

国-12-AM-80

病院の電気設備で誤っているのはどれか。

1. 等電位接地はミクロショック防止のシステムである。

2. 非接地配線方式にはアイソレーションモニタが必要である。

3. 非接地配線方式に使用する絶縁変圧器は電源容量が大きいほどよい。

4. ME機器を使う医用室には医用3Pコンセントが必要である。

5. 人工透析室では非接地配線方式が必要である。

正答:3
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/安全基準
類似問題を見る

国-1-PM-81

非接地配電方式について正しいのはどれか。

a. 1線の地絡時にも電源の供給を確保することを目的としている。

b. 絶縁監視装置(アイソレーションモニタ)は必要ではない。

c. 一つの医用機器の絶縁不良事故で容易に停電を生じる。

d. 絶縁トランスが設備側にあるため、機器故障時に洩れ電流は増加する。

e. 手術室やICUのように生命維持管理装置を使う場所には設置することが望ましい。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/安全基準
類似問題を見る

国-15-AM-83

病院電気設備の安全基準について正しいのはどれか。

a. 等電位接地はミクロショック防止のための設備である。

b. 医用接地センターには10Ω以下の接地抵抗を持つ接地極を設ける。

c. 生命維持管理装置用の非常電源として一般非常電源を用いる。

d. 非接地配線方式はミクロショック防止に役立つ。

e. 集中治療室には必要に応じて瞬時特別非常電源を設ける。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/安全基準
類似問題を見る

ME_2-34-PM-43

人工呼吸器を使用する一般病室で不要な設備はどれか。

1. 圧縮空気配管

2. 吸引設備

3. 医用接地

4. 酸素配管

5. 非接地配線

ME_2-32-PM-53

医用接地について誤っているのはどれか。

1. 医用室には3Pコンセントを設備しなければならない。

2. 医用接地は建物の鉄骨部分に接続することで容易に実現できる。

3. 等電位接地はマクロショック対策を目的としたシステムである。

4. 非接地配線方式の絶縁変圧器は二次側電路を接地しない方式である。

5. 等電位接地は0.1Ω以下の導線で接地センタに接続する。

国-22-AM-19

麻酔器に備えなくてもよい安全装置はどれか。

1. 圧力調整器

2. ガス遮断装置

3. 酸素供給圧警報装置

4. 低酸素防止装置

5. 停電用バッテリー

正答:5
分類:臨床医学総論/麻酔科学/麻酔
類似問題を見る

国-24-AM-41

交流無停電電源(UPS)で正しいのはどれか。(医用機器安全管理学)

a. 地絡による停電対策が主目的である。

b. コンセント外郭の色は緑色でもよい。

c. 瞬時特別非常電源に含まれる。

d. 一般非常電源と組合せて使用する。

e. 人工透析室には設けなければならない。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/安全基準
類似問題を見る

ME_2-36-PM-44

等電位接地について正しいのはどれか。

1. 主たる目的はマクロショックの防止である。

2. 接地には電気抵抗10Ω以下の導線を用いる。

3. 患者周囲の絶縁された部分を接地する。

4. 心臓カテーテル検査室に設ける必要がある。

5. 接地線は複数の医用接地センタに分散させて接続する。

国-8-AM-89

非接地配線方式について正しいのはどれか。

a. 主目的はミクロショックを防止することにある。

b. ME機器故障時に漏れ電流を低く抑えることができる。

c. 1線の地絡時にも電源の供給を確保することができる。

d. 心臓手術室では必要性が高い。

e. 保護接地の設備は不要である。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/安全基準
類似問題を見る

ME_2-37-PM-39

容積制御方式の輸液ポンプについて誤っているのはどれか。

1. ポンプは点滴スタンドの低い所に設置する。

2. 輸液セットはどれを使用してもよい。

3. チューブは強く引っ張らないで、まっすぐ取りつける。

4. 安全のため滴下センサを取りつける。

5. 保管中は充電のため商用電源に接続しておく。

国-16-AM-82

病院電気設備の安全基準について正しいのはどれか。

a. 特別非常電源の連続運転時間は10時間以上である。

b. 一般非常電源の電圧確立時間は1分以内である。

c. 非接地配線方式の設備目的は停電時の電源供給である。

d. 非接地配線方式では機器の保護接地は必要ない。

e. 非接地配線方式の絶縁変圧器の巻数比は1:1である。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/安全基準
類似問題を見る

国-14-AM-83

病院電気設備の安全基準(JIS T 1022)について正しいのはどれか。

a. 接地極として病院建物の鉄骨を使用してよい。

b. 非接地配線方式はミクロショック防止に有効である。

c. 手術灯は一般非常電源から給電される。

d. 非常電源用コンセントの色は赤である。

e. 非常電源は医用室以外の電気設備にも共用できる。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/安全基準
類似問題を見る

国-17-AM-83

病院電気設備の安全基準について誤っているのはどれか。

1. 非接地配線方式はミクロショックによる心室細動発生防止を目的としている。

2. 医用電気機器を使用する医用室には保護接地端子を設けなければならない。

3. 等電位接地では露出導電部分を0.1Ω以下の導線で接地センタに接続する。

4. 医用接地極の接地抵抗値は10Ω以下である。

5. 接地幹線として建物の鉄骨や鉄筋が使用できる。

正答:1
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/安全基準
類似問題を見る