このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-7-PM-47

病態と対策との組合せで正しいのはどれか。

a. うっ血性心不全 ――――――――― ECUM(体外限外濾過法)

b. アルミニウム蓄積症 ――― デスフェリオキサミン(デスフェラール)

c. 貧血 ―――――――――――――――――--― 高Na透析液

d. 二次性上皮小体(副甲状腺)機能亢進症 ――------― 重曹透析

e. 高K血症 ――――――――――――――-----― カルシトニン

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:1
分類:生体機能代行装置学/血液浄化療法装置/血液浄化の実際
類似問題を見る

国-12-PM-64

血液浄化療法とその特徴との組合せで正しいのはどれか。

a. CAPD―――――――――――体外循環が不要

b. 血液濾過法――――――――――透析液が必要

c. 持続動静脈血液濾過――――人工透析膜が不要

d. 二重濾過血漿分離交換法―――遠心分離装置が必要

e. 冷却濾過法―――――――へパリン投与が必要

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:生体機能代行装置学/血液浄化療法装置/原理と構造
類似問題を見る

国-9-PM-63

維持透析患者の病態生理で正しい組合せはどれか。

a. 低カルシウム ―――――---上皮小体(副甲状腺)機能亢進

b. 水分過剰 ―――――――- うっ血性心不全

c. レニン分泌過剰 ――――- 血圧低下

d. 酢酸不耐症 ―――――― 血圧上昇

e. アルミニウム ―――――-- 骨軟化症

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:生体機能代行装置学/血液浄化療法装置/血液浄化の実際
類似問題を見る

国-13-PM-65

治療に用いられる組合せとして正しいのはどれか。

a. 血漿交換療法 ――――――― FFP

b. 二重膜濾過法 ――――――― 血漿分画器

c. LDL吸着法 ――――-ポリミキシンB固定化線維

d. 血液吸着 ――――- 重症筋無力症

e. エントトキシン吸着法 ――― 活性炭カラム

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:生体機能代行装置学/血液浄化療法装置/原理と構造
類似問題を見る

国-15-AM-13

血液について適切でない組合せはどれか。

1. 赤血球 ――-----― 酸素の運搬

2. 白血球 ――-----― 免疫グロブリンの生成

3. 血小板 ―――----- 食作用

4. フィブリノゲン ――― 凝固因子

5. アルブミン ――--― 膠質浸透圧の保持

正答:3
分類:医学概論/人体の構造及び機能/血液
類似問題を見る

国-31-PM-22

消毒滅菌について正しい組合せはどれか。

a. 消化器内視鏡 ――――― 次亜塩素酸ナトリウム

b. 粘 膜 ―――――――― エタノール

c. 皮膚創傷部位 ――――― クロルヘキシジングルコン酸塩

d. 膀胱鏡 ―――――――― グルタルアルデヒド

e. 手術器具 ――――――― 高圧蒸気滅菌

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:臨床医学総論/手術医学/消毒、滅菌
類似問題を見る

国-8-AM-25

血球の機能として正しい組合せはどれか。

a. 赤血球 ―――――― 酸素の運搬

b. 好中球 ―――――― 異物の処理

c. 好塩基球 ――――― 急性アレルギー

d. T細胞 ―――――― 体液性免疫反応

e. B細胞 ―――――― 細胞性免疫反応

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:1
分類:医学概論/人体の構造及び機能/血液
類似問題を見る

国-14-PM-49

治療技術と対象疾患との組合せで正しいのはどれか。

a. LDL吸着 ―――――――----------------― 潰瘍性大腸炎

b. 免疫吸着 ――――――――---------------- 多発性骨髄腫

c. 二重膜濾過血漿交換 ―――--------------- 家族性高脂血症

d. ポリミキシンB固定化ファイバを用いた直接血液吸着―― エンドトキシン血症

e. 酢酸セルロース顆粒球吸着ビーズを用いた直接血液吸着―――― 重症筋無力症

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:0
分類:生体機能代行装置学/血液浄化療法装置/血液浄化の実際
類似問題を見る

国-10-PM-85

正しい組合せはどれか。

a. 人工血管―――ポリテトラフルオロエチレン

b. 人工弁―――――――パイロライトカーボン

c. 人工腎臓――――――シリコーンゴム

d. 人工肺―――――――セルロース

e. 眼内レンズ―――ポリメチルメタクリレート

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:生体物性材料工学/医用材料/医用材料の種類
類似問題を見る

国-9-PM-51

人工肺について誤っている組合せはどれか。

1. ポリプロピレン膜 ――――--― 疎水性

2. シリコーン膜 ―――――――- 親水性

3. 気泡型人工肺 ――――――― 除泡

4. 多孔質膜 ――――――――― 血液漏出

5. 固形型膜 ――――――――― ガス拡散

正答:2
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/原理と構成
類似問題を見る

国-11-AM-46

消毒薬について誤っている組合せはどれか。

1. クロールヘキシジン ――――――---- 手術器具

2. ヨードホルム ―――――――――---- 皮膚

3. グルタールアルデヒド ―――--------- B型肝炎ウイルス

4. ホウ酸 ――――――――――――--- 眼

5. エチルアルコール ―――――------- 多孔質膜型人工肺

正答:5
分類:臨床医学総論/手術医学/消毒、滅菌
類似問題を見る

国-7-AM-5

正しい組合せはどれか。

a. 成長ホルモン ――――――――― 血糖値低下

b. 甲状腺刺激ホルモン ―――――― 甲状腺濾胞の減少

c. プロラクチン ――――――――-― 乳汁分泌

d. オキシトシン ――――――――― 子宮筋収縮

e. 糖質コルチコイド ――――――― ストレス

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:医学概論/人体の構造及び機能/内臓機能の調節
類似問題を見る

国-7-AM-35

適切でない組合せはどれか。

1. 上腹手術後合併症 ――――― 無気肺

2. 心内膜炎 ――――――――― 肺塞栓症

3. 未熟児 ―――――――――― 肝硬変

4. 緊張性気胸 ―――――――― 循環不全

5. 敗血症 ―――――――――― 多臓器不全

正答:3
分類:臨床医学総論/内化学概論/内科学概論
類似問題を見る

国-9-PM-86

人工臓器とその材料に要求される性質との組合せで適切でないのはどれか。

1. 人工弁 ――――――――― 抗血栓性

2. 人工関節 ―――――――― 耐摩耗性

3. 透析膜 ――――――――― 選択透過性

4. 人工血管 ―――――――― 耐熱性

5. ぺースメーカ ――――――- 耐腐食性

正答:4
分類:生体物性材料工学/医用材料/医用材料の条件
類似問題を見る

国-14-AM-9

ホルモン分泌を直接調節する因子として正しい組合せはどれか。

1. アドレナリン分泌 ――――- 動脈血酸素分圧

2. インスリン分泌 ―――――- 迷走神経

3. 糖質コルチコイド分泌 ――- 血漿ブドウ糖濃度

4. 甲状腺ホルモン分泌 ――― 交感神経

5. エストロゲン分泌 ――----- 下垂体前葉ホルモン

正答:5
分類:医学概論/人体の構造及び機能/内臓機能の調節
類似問題を見る

国-7-AM-44

薬剤の組合せで正しいのはどれか。

a. 催眠鎮静薬 ――――― ドパミン

b. 抗痙攣薬 ―――――― ケタミン

c. 降圧薬 ――――――― カルシウム拮抗薬

d. 抗不整脈薬 ――――― リドカイン

e. 抗凝血薬 ―――――― ヘパリン

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:医学概論/臨床工学に必要な医学的基礎/薬理学の基礎
類似問題を見る

国-7-PM-50

血液浄化療法に用いられる原理で適切な組み合わせはどれか。

a. 拡散 ―――――― 溶質の可逆的な移動

b. 濾過 ―――――― 溶質の濃度差による推進力

c. 浸透 ―――――― 溶媒の移動

d. 吸着 ―――――― 吸着剤との親和力

e. 透析 ―――――― 半透膜を介した拡散分離操作

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:生体機能代行装置学/血液浄化療法装置/原理と構造
類似問題を見る

国-9-AM-35

誤っている組合わせはどれか。

1. ルシトニン ――――-----― 血清カルシウム濃度低下作用

2. パラトルモン ―――――--- 血清ナトリウム濃度上昇作用

3. アルドステロン ――――--- カリウムイオン排出促進作用

4. 糖質コルチコイド ――-―― 抗炎症作用

5. グルカゴン ――――――― 血糖上昇作用

正答:2
分類:医学概論/人体の構造及び機能/内臓機能の調節
類似問題を見る

国-8-PM-39

体外循環時のトラブルと処置との組み合わせで正しいのはどれか。

a. 空気塞栓 ――――――――-― 上半身挙上

b. 送血ポンプの停止 ――――-― 手動送血

c. 代謝性アシドーシス ―------― 炭酸水素ナトリウム(重曹)投与

d. 人工肺の故障 ――――――― 心臓マッサージ

e. 低体温からの復温 ――――-― 急速加温

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/安全管理
類似問題を見る

国-11-PM-87

正しい組合せはどれか。

a. ポリテトラフルオロエチレン ――――― 人工骨

b. ハイドロキシアパタイト ――――――― 人工弁

c. ポリ塩化ビニル ―――――――――-- 膜型人工肺

d. セルロースアセテート ――――――― 人工腎

e. 高密度ポリエチレン ―――――――― 人工関節

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:生体物性材料工学/医用材料/医用材料の種類
類似問題を見る