このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-16-AM-26

完全体外循環中、患者の循環系に空気が入る原因となり得るのはどれか。

a. 左房ベントに陰圧がかかりすぎたとき

b. 貯血槽に十分な血液がないとき

c. 送血ポンプに逆流が生じたとき

d. 術野の吸引が十分でないとき

e. 脱血回路側に過度の陰圧がかかったとき

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/安全管理
類似問題を見る

国-15-PM-53

人工心肺使用中の空気塞栓の原因となるのはどれか。

a. 脱血回路の折れ曲がり

b. ベントポンプの逆回転

c. 送血回路の閉鎖

d. 血液フィルタの日詰まり

e. ローラポンプチューブの破損

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/安全管理
類似問題を見る

国-15-PM-48

体外循環時に血漿遊離ヘモグロビンの増加が認められたとき、原因でないのはどれか。

1. 人工肺など異物への血液の接触

2. 送血ポンプの圧閉度の調節不良

3. 太い送血カニューレの使用

4. 心腔内血液吸引回路からの多量の空気の吸引

5. 熱交換器における血液と温水との温度差の増大

正答:3
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/安全管理
類似問題を見る

国-14-PM-59

膜型人工肺での体外循環中に血液の酸素加能が低下した場合、考えられる原因はどれか。

a. 血漿漏出

b. 血液凝固時間短縮

c. 血圧上昇

d. 胸腔内出血

e. ポンプ流量増加

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:1
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/安全管理
類似問題を見る

国-11-PM-52

人工心肺の熱交換器で血液を加温するとき血液と水との温度差の上限として適切なのはどれか。

1. 2°C

2. 10°C

3. 20°C

4. 30°C

5. 37°C

正答:2
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/安全管理
類似問題を見る

国-11-PM-51

人工肺の交換が必要なのはどれか。

a. 回路内空気混入

b. 血漿漏出

c. 人工肺抵抗の増大

d. 血液漏れ

e. 一時的な停電

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/安全管理
類似問題を見る

国-9-PM-53

人工心肺装置を用いた体外循環中に空気塞栓が発生した。 送血停止の後に行うべき処置として正しいのはどれか。

1. トレンデレンブルグ体位にして低温で上大静脈送血を行う。

2. ファウラー体位にして低温で大動脈送血を行う。

3. トレンデレンブルグ体位にして高温で大動脈送血を行う。

4. ファウラー体位にして高温で上大静脈送血を行う。

5. 仰臥位にして低温で大動脈送血を行う。

正答:1
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/安全管理
類似問題を見る

国-9-PM-52

体外循環中、空気塞栓が発生した。多量の空気の入り込む部位として考えられるのはどれか。

a. 貯血槽

b. 左心ベント挿入部

c. 脱血回路

d. 気管チューブ

e. 熱交換器

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:1
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/安全管理
類似問題を見る

国-8-PM-39

体外循環時のトラブルと処置との組み合わせで正しいのはどれか。

a. 空気塞栓 ――――――――-― 上半身挙上

b. 送血ポンプの停止 ――――-― 手動送血

c. 代謝性アシドーシス ―------― 炭酸水素ナトリウム(重曹)投与

d. 人工肺の故障 ――――――― 心臓マッサージ

e. 低体温からの復温 ――――-― 急速加温

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/安全管理
類似問題を見る

国-7-PM-40

人工心肺操作中のトラブル対策として正しいのはどれか。

a. 停電時には先ず送血回路を閉鎖する。

b. 回路内圧が上昇したら送血を止める。

c. 脱血不能時には先ず脱血カニューレ先端部のチェックが必要である。

d. 空気塞栓の防止には頭側を低くする。

e. 停電に備え非常電源を用意する。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/安全管理
類似問題を見る

国-4-PM-28

人工心肺の使用中に人工肺の交換が必要な場合はどれか。

a. 血圧の低下

b. 酸素化能の低下

c. 膜型肺における血液の漏出

d. 血液の濃縮

e. 脱血の不良

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/安全管理
類似問題を見る

国-2-PM-42

人工心肺の操作中に誤って空気を動脈内に送った場合の処置として正しいのはどれか。

a. 送血ポンプを逆回転する。

b. 送血ポンプを停止する。

c. 患者の頭部を低くする。

d. 逆行性の上大静脈送血をする。

e. 患者の体温を上げる。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/安全管理
類似問題を見る

国-1-PM-51

人工心肺における体外循環中の事故への対応として誤っているのはどれか。

1. 膜型肺における血液の漏出・・・・・・・・人工肺の交換

2. 送血カニューレの脱落・・・・・・・・・・・・送血ポンプの停止

3. 脱血カニューレの脱落・・・・・・・・・・・・脱血回路の閉鎖

4. 大量の空気塞栓・・・・・・・・・・・・・・・・・送血ポンプの停止

5. 停電による送血ポンプの停止・・・・・・脱血回路の閉鎖

正答:5
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/安全管理
類似問題を見る