このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-32-PM-73

心筋保護について正しいのはどれか。

a. 送血回路から側枝を出し送血ポンプの圧力で注入する。

b. 細胞内液型心筋保護液中のNa濃度は細胞外液型より低い。

c. 逆行性心筋保護では右室の心筋保護液灌流が不十分となりやすい。

d. 血液併用心筋保護液では晶質液性心筋保護液より注入温度を低くする。

e. 初回注入量の目安は80mL/kgである。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環技術
類似問題を見る

国-32-AM-72

乳児の人工心肺について正しいのはどれか。

1. チアノーゼ性心疾患では非チアノーゼ性より灌流量を多く設定する。

2. 体表面積当たりの灌流量は成人例より少なく設定する。

3. 遠心ポンプの使用率は成人例より高い。

4. 無輸血手術は成人例より容易である。

5. 目標灌流圧は成人例より高く設定する。

正答:1
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環技術
類似問題を見る

国-31-PM-73

人工心肺を用いた開心術中の心筋保護について正しいのはどれか。

a. 細胞内液型心筋保護液のナトリウム濃度は細胞外液型より低い。’

b. 高カルシウム液で心停止を得る。

c. 心筋保護液に血液を混じる場合には超低温がよい。

d. 僧帽弁手術では選択的冠灌流が必要である。

e. 逆行性冠灌流の場合には冠静脈洞から注入する。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環技術
類似問題を見る

国-31-AM-71

乳児の人工心肺を用いた体外循環で成人と比較して正しいのはどれか。

a. 無血充填時の希釈率が高くなる。

b. 体表面積当たりの至適潅流量が多い。

c. 至適潅流圧が高い。

d. 無輸血体外循環が容易である。

e. 水分バランスの管理が容易である。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:1
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環技術
類似問題を見る

国-30-PM-72

乳幼児の人工心肺を用いた体外循環で成人と比較して正しいのはどれか。

a. 無輸血体外循環が容易である。

b. 体重1 kg 当たりの適正灌流量が少ない。

c. 目標灌流圧が低い。

d. 体液バランスの不均衡が生じやすい。

e. 急速な冷却が望ましい。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環技術
類似問題を見る

国-29-PM-73

貯血槽の血液レベルが急激に低下した。対応として正しいのはどれか。

a. 脱血回路の確認

b. 貯血槽に乳酸加リンゲル液を急速補液

c. 一時的な送血流量低減

d. 左房ベント挿入

e. 血管収縮剤投与

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:1
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環技術
類似問題を見る

国-29-PM-72

成人の人工心肺操作条件で適切でないのはどれか。

1. ヘマトクリット値:25%

2. 混合静脈血酸素飽和度:75%

3. 送血流量:2.4 L/min/m2

4. 平均動脈圧:70 mmHg

5. 中心静脈圧:20mmHg

正答:5
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環技術
類似問題を見る

国-29-AM-73

人工心肺による体外循環において送血流量を上げるべきなのはどれか。

1. 脱血不良時

2. 大動脈遮断時

3. 大動脈遮断解除時

4. 復温時

5. 大動脈解離発生時

正答:4
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環技術
類似問題を見る

国-29-AM-72

大動脈遮断解除後、心筋温37 ℃、完全体外循環、左心ベント下の心筋酸素消費量が最も高い状態はどれか。

1. 心静止

2. 心室細動

3. 心室ペーシング、心拍動60 回/分

4. 心室ペーシング、心拍動80 回/分

5. 心房ペーシング、心拍動80 回/分

正答:2
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環技術
類似問題を見る

国-28-PM-72

人工心肺による体外循環中の操作について誤っているのはどれか。

a. 平均動脈圧を 60~80 mmHg に維持する。

b. 混合静脈血酸素飽和度を 70 % 以上に維持する。

c. ACT (activatclotting time)を 200~300 秒 に維持する。

d. 復温時の送血温と脱血温の差を 10°C 以上に維持する。

e. プロタミンはヘパリン初期投与量の 3~5 倍 を投与する。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環技術
類似問題を見る

国-27-PM-72

人工心肺による体外循環で潅流圧低下を引き起こすのはどれか。

a. 大動脈遮断解除

b. 血漿増量剤投与

c. 冷却開始

d. 血管収縮剤投与

e. 大動脈解離

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環技術
類似問題を見る

国-27-AM-72

人工心肺の適正濯流について誤っているものはどれか。

a. 平均動脈圧を60~80mmHgに維持する。

b. 側副血行路の多い右左短絡疾患では濯流量を少なめにする。

c. 低体温体外循環では常温体外循環よりも潅流量を多くする。

d. 混合静脈血酸素飽和度(SvO2)70%以上を目標に潅流量を調節する。

e. 体重あたりの濯流量は成人に比べて小児の方が多い。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環技術
類似問題を見る

国-27-AM-70

人工心肺による体外循環時に使用される薬剤について誤っている組合せはどれか。

a. マンニトール 浸透圧の調節

b. 乳酸加リンゲル 膠質浸透圧の保持

c. 炭酸水素ナトリウム アルカローシスの補正

d. ハプトグロビン製剤 高度溶血への対応

e. 塩化カルシウム 心収縮力の増強

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環技術
類似問題を見る

国-26-PM-72

混合静脈血酸素飽和度について誤っているのはどれか。

1. 肺動脈カテーテルで測定できる。

2. 生体の酸素消費の状態によって変化する。

3. 50%では嫌気性代謝が亢進する。

4. 80%は低心拍出量状態を意味する。

5. 人工心肺中の加温時には低下する。

正答:4
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環技術
類似問題を見る

国-26-AM-72

成人の中等度低体温での人工心肺操作条件で適切でないのはどれか。

a. 平均動脈圧 -------------------- 70mmHg

b. 送血流量 ---------------------- 120mL/min/kg

c. 中心静脈圧 -------------------- 20 mmHg

d. ヘモグロビン ------------------- 6.0g/dL

e. 混合静脈血酸素飽和度 ---------- 75%

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環技術
類似問題を見る

国-25-PM-72

完全体外循環中の灌流条件で適切でないのはどれか。

1. ヘモグロビン値:5g/dL

2. 平均大動脈圧:70mmHg

3. 中心静脈圧:3cmH2O

4. 混合静脈血酸素飽和度:80%

5. 全血活性化凝固時間:450秒

正答:1
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環技術
類似問題を見る

国-25-AM-72

心筋保護について正しいのはどれか。

a. 阻血時間の延長を目的としている。

b. 血液を併用した心筋保護液がある。

c. 化学的心停止は高カルシウムが基本である。

d. 心筋保護液は大動脈遮断前に注入される。

e. 逆行性注入は冠静脈洞から行われる。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環技術
類似問題を見る

国-25-AM-71

人工心肺の操作で誤っているのはどれか。

1. PaO2は吹送ガス濃度の増減で調整する。

2. 至適灌流量で体外循環を開始する。

3. 大動脈遮断時には一時的に送血流量を下げる。

4. 心腔内圧の減圧はベント吸引によって行う。

5. 離脱開始時には最初に脱血量を減少させる。

正答:2
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環技術
類似問題を見る

国-24-PM-70

人工心肺中の操作で誤っているのはどれか。(生体機能代行装置学)

1. PaCO2は吹送ガス流量の増減で調整できる。

2. ACTを400秒以上に維持する。

3. 復温は送脱血温の温度較差を10°C以内にする。

4. 大動脈遮断解除時は一時的に送血量を増加させる。

5. 離脱開始時は最初に脱血量を減少させる。

正答:4
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環技術
類似問題を見る

国-24-PM-69

人工心肺による体外循環で使用される薬剤について誤っている組合せはどれか。(生体機能代行装置学)

1. 乳酸加リンゲル 血液希釈

2. マニトール 浸透圧の調整

3. 重炭酸ナトリウム アルカローシスの補正

4. アルブミン 膠質浸透圧の保持

5. ヘパリン 血液凝固能の低下

正答:3
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環技術
類似問題を見る