このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-32-PM-70

外部灌流型膜型肺について誤っているのはどれか。

1. 中空糸の外側を血液が流れる。

2. 落差脱血に用いるのに適している。

3. 内部灌流型膜型肺より圧力損失が小さい。

4. 内部灌流型膜型肺より多く用いられている。

5. 血液の流れは層流になる。

正答:5
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/原理と構成
類似問題を見る

国-32-PM-69

人工心肺における遠心ポンプについて正しいのはどれか。

a. 流量計は不要である。

b. 吸引ポンプに用いることができる。

c. ローラポンプに比べて血液損傷が少ない。

d. 回路閉塞時に回路破裂の心配がない。

e. 空気を送り込む心配がない。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/原理と構成
類似問題を見る

国-32-AM-69

血液ポンプのうち拍動流型はどれか。

a. サック型

b. ダイアフラム型

c. ローラポンプ型

d. 直線流路型

e. コーン型

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:1
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/原理と構成
類似問題を見る

国-31-PM-69

膜型人工肺について正しいのはどれか。

a. 中空糸膜が主に使用される。

b. 多孔質膜が均質膜より多く使用される。

c. 外部潅流型が内部潅流型より多く使用される。

d. 親水性の膜が主に使用される。

e. ポリエチレン製の膜が主に使用される。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:1
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/原理と構成
類似問題を見る

国-31-AM-69

人工心肺送血ポンプにおけるローラポンプと遠心ポンプの比較で正しいのはどれか。

a. ローラポンプは回転数による流量制御が容易である。

b. 遠心ポンプは流量計を必要とする。

c. 血液損傷は遠心ポンプに多く見られる。

d. ローラポンプでは回路閉塞時の回路破裂の危険は少ない。

e. 遠心ポンプは長期補助循環に適している。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/原理と構成
類似問題を見る

国-30-PM-70

人工心肺送血ポンプとしてローラポンプと比較した遠心ポンプの特性で正しいのはどれか。

a. 回転数による流量制御が容易である。

b. ポンプ停止時の逆流がない。

c. 送血回路閉塞時の回路破裂の危険がない。

d. 過度の陰圧発生がない。

e. 血球損傷が多い。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/原理と構成
類似問題を見る

国-30-AM-68

膜型人工肺について正しいのはどれか。

1. 均質膜では血液は酸素ガスと直接接触することはない。

2. 気泡型人工肺よりもタンパク変性が生じやすい。

3. 均質膜は多数の微細な孔の開いている構造からなる。

4. 膜の形態はフィルム型とシート型とに大別される。

5. 均質膜では長時間使用すると血漿漏出が起こる。

正答:1
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/原理と構成
類似問題を見る

国-29-PM-69

遠心ポンプについて正しいのはどれか。

1. 吸引回路用のポンプに適している。

2. 駆出される血液量は回転数に正比例する。

3. 回路閉塞時に回路破裂の危険性が大きい。

4. 同じ回転数でも流量は後負荷によって変化する。

5. 低流量時の回転数調節による流量制御が容易である。

正答:4
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/原理と構成
類似問題を見る

国-29-PM-68

膜型人工肺について正しいのはどれか。

1. 吹送ガス流量を増やすとPaO2 は上昇する。

2. 吹送ガス酸素濃度を上げるとPaCO2 は低下する。

3. 多孔質膜では血液は酸素と直接接触しない。

4. 均質膜では長時間使用すると血漿漏出が起こる。

5. 外部灌流型は内部灌流型よりも血流に乱流が生じやすい。

正答:5
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/原理と構成
類似問題を見る

国-29-AM-70

人工肺に用いられるポリプロピレン多孔質膜について正しいのはどれか。

1. 親水性である。

2. 膜厚は200?400 nm である。

3. 微細孔の大きさは10?nm である。

4. 物質移動係数はシリコーン均質膜よりも高い。

5. ポリプロピレンの気体透過係数はシリコーンよりも高い。

正答:4
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/原理と構成
類似問題を見る

国-28-PM-69

人工心肺中の限外濾過による血液濃縮器について正しいのはどれか。

a. 内部灌流型の装置である。

b. メインの送脱血回路に直列に組み込む。

c. 疎水性の多孔質中空糸膜を用いる。

d. 透析液を必要とする。

e. 排出液の Na、K 濃度は細胞外液型である。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/原理と構成
類似問題を見る

国-28-AM-70

人工心肺装置について誤っている組合せはどれか。

a. ベント回路 ----------------- 心内圧減圧

b. 冠灌流回路 ----------------- 心筋保護液注入

c. 遠心ポンプ ----------------- 心腔内出血回収

d. 血液濃縮器 ----------------- 余剰赤血球掠去

e. 動脈フィルタ --------------- 微小気泡・栓子除去

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/原理と構成
類似問題を見る

国-28-AM-69

膜型人工肺について正しいのはどれか。

1. 送入ガス流量を増やすと PaC02 は低下する。

2. 送入ガス酸素濃度を上げると PaC02 は低下する。

3. ポリプ口ピレン中空糸膜は親水性である。

4. 中空糸膜型の内部灌流型では中空糸内部を送入ガスが流れる。

5. 中空糸膜型では外部灌流型の方が内部灌流型よりも圧力損失が高い。

正答:1
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/原理と構成
類似問題を見る

国-27-PM-69

遠心ポンプについて正しいのはどれか。

a. ローラポンプよりも血液損傷は強い。

b. 同一回転数でも冷却時には流量が低下する。

c. ポンプ回転中に送血回路をクランプしても回路破裂しない。

d. 気泡が混入しても体に送り込まれることはない。

e. ポンプ停止時に逆流が生じない。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/原理と構成
類似問題を見る

国-27-AM-69

中空糸型膜型人工肺について正しいのはどれか。

1. PaO2と独立したPaCO2の制御が可能である。

2. 多孔質膜では血液と酸素は直接接触しない。

3. シリコーン膜では二酸化炭素よりも酸素の透過性が高い。

4. 外部濯流型では内部潅流型よりも血流に乱流が生じにくい。

5. 血漿蛋白が多孔質膜に吸着すると疎水化されて血漿漏出を生じる。

正答:1
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/原理と構成
類似問題を見る

国-26-PM-69

人工心肺装置について誤っている組合せはどれか。

a. 冠灌流回路 --------------------- 心内圧の低減

b. 血液濃縮器 --------------------- 余剰水分の排出

c. 動脈フィルター ------------------ 微小気泡の除去

d. 血液吸引回路 ------------------ 術野内の血液回収

e. ベント回路 --------------------- 心筋保護液の注入

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/原理と構成
類似問題を見る

国-26-AM-70

中空糸多孔質膜を用いた膜型肺について正しいのはどれか。

a. 血漿蛋白が膜に吸着すると中空糸は疎水性になる。

b. 血液と酸素は直接接触しない。

c. 外部灌流型は内部灌流型よりも圧損が小さい。

d. 外部灌流型は血液が外部、ガスが内部を通る。

e. 外部灌流型は内部灌流型よりも血流は層流になりやすい。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/原理と構成
類似問題を見る

国-26-AM-69

人工心肺装置に用いる血液ポンプについて正しいのはどれか。

1. ローラポンプではポンプ停止時の逆流が生じやすい。

2. ローラポンプでは血液損傷は遠心ポンプよりも軽度である。

3. 遠心ポンプでは回路閉塞時に回路破裂の危険性が大きい。

4. 遠心ポンプでは駆出される血液量は回転数に正比例する。

5. 遠心ポンプでは駆出される血液量は後負荷が高いほど減少する。

正答:5
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/原理と構成
類似問題を見る

国-25-PM-70

人工心肺装置に用いる遠心ポンプで正しいのはどれか。

a. 吸引回路用のポンプに適する。

b. チューブ圧閉度の調節が必要である。

c. 低回転時には逆流が生じることがある。

d. 血液損傷はローラポンプよりも軽度である。

e. 回転数が同じでも流量は後負荷によって変化する。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/原理と構成
類似問題を見る

国-25-AM-70

人工心肺用ローラポンプチューブの圧閉度調整で誤っているのはどれか。

1. 落差1mで調整する。

2. 滴下速度は30~50滴/分とする。

3. 過度の圧閉は溶血を増大させる。

4. 不十分な圧閉は溶血を増大させる。

5. 不十分な圧閉は逆流を発生させる。

正答:2
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/原理と構成
類似問題を見る