このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-32-PM-6

誤っているのはどれか。

1. 前腕における脈拍の触知は橈骨動脈で行う。

2. 観血式血圧測定では動脈内にカテーテルを留置する。

3. 非観血式血圧測定ではカフ部の高さを心臓と同じにする。

4. 脈圧は収縮期血圧と拡張期血圧との平均値である。

5. 脈圧の左右差は動脈閉塞性疾患でみられる。

正答:4
分類:医学概論/人体の構造及び機能/循環
類似問題を見る

国-32-AM-7

正しいのはどれか。

a. 心電図のP波に続いて心房が収縮する。

b. 心音の第II音は動脈弁の閉鎖音である。

c. 心臓の正常興奮伝導では、ヒス束がペースメーカとなる。

d. 正常心では拡張期の心室容積が小さいほど心拍出量は増加する。

e. 心電図ST部分の変化は心筋虚血の指標となる。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:医学概論/人体の構造及び機能/循環
類似問題を見る

国-31-AM-7

心血管の構造について誤っているのはどれか。

1. 洞結節は右心房の近傍に存在する。

2. 左冠動脈は二本に分岐する。

3. 僧帽弁は三尖よりなる。

4. 右総頸動脈は腕頭動脈から分岐する。

5. 大動脈壁は三層構造よりなる。

正答:3
分類:医学概論/人体の構造及び機能/循環
類似問題を見る

国-30-PM-7

誤っているのはどれか。

1. 脳血流は内頸動脈と椎骨動脈によって供給される。

2. 頸動脈に圧受容体が存在する。

3. 心臓迷走神経は心拍数を低下させる。

4. カテコラミンは血圧を上昇させる。

5. 冠動脈血流量は拡張期より収縮期の方が多い。

正答:5
分類:医学概論/人体の構造及び機能/循環
類似問題を見る

国-30-AM-7

心臓について誤っているのはどれか。

1. 洞房結節は右房に存在する。

2. 右冠動脈は腕頭動脈から分岐する。

3. 三尖弁は右房と右室との間に存在する。

4. 乳頭筋は心室内に存在する。

5. 上行大動脈は主肺動脈の背側を走行する。

正答:2
分類:医学概論/人体の構造及び機能/循環
類似問題を見る

国-29-AM-8

心電図について誤っているのはどれか。

1. P 波は心房興奮からの回復を表す。

2. QRS 波は心室筋の興奮を表す。

3. ST 部分は心筋虚血と関係する。

4. T 波は心室興奮からの回復を表す。

5. T 波の後にU 波が現れることがある。

正答:1
分類:医学概論/人体の構造及び機能/循環
類似問題を見る

国-28-AM-7

血圧上昇の原因とならないのはどれか。

1. 心拍出量の増加

2. 血管抵抗の上昇

3. 静脈還流量の減少

4. 交感神経活動の冗進

5. 循環血液量の増加

正答:3
分類:医学概論/人体の構造及び機能/循環
類似問題を見る

国-27-PM-7

脈拍と血圧について誤っているのはどれか。

1. 前腕における脈拍の触知は橈骨動脈で行う。

2. 観血式血圧測定では動脈内にカテーテルを留置する。

3. 非観血式血圧測定ではカフ部の高さを心臓と同じにする。

4. 脈圧は収縮期血圧と拡張期血圧との平均値である。

5. 脈圧の左右差は動脈閉塞性疾患でみられる。

正答:4
分類:医学概論/人体の構造及び機能/循環
類似問題を見る

国-27-AM-7

心臓に関係する解剖について誤っているのはどれか。

1. 右室壁は左室壁よりも薄い。

2. 左冠動脈は前下行枝と回旋枝に分かれる。

3. 右肺動脈は上行大動脈の背側を通る。

4. 僧帽弁は二尖弁である。

5. 腱索は心房に認められる。

正答:5
分類:医学概論/人体の構造及び機能/循環
類似問題を見る

国-26-PM-6

心臓の興奮伝導系(刺激伝導系)で房室結節の次に興奮が伝わるのはどれか。

1. 洞房結節

2. ヒス束

3. 右 脚

4. 左 脚

5. プルキンエ線維

正答:2
分類:医学概論/人体の構造及び機能/循環
類似問題を見る

国-26-AM-7

誤っているのはどれか。

1. 左心房と左心室の間には僧帽弁がある。

2. 冠状動脈は上行大動脈起始部から出る。

3. 小腸の静脈血は門脈に集められる。

4. 胸管は右静脈角に入る。

5. 動脈壁は3層からなる。

正答:4
分類:医学概論/人体の構造及び機能/循環
類似問題を見る

国-24-PM-7

正しいのはどれか。(医学概論)

a. 心電図のP波は心室筋の興奮によって生じる。

b. 心電図のPQ時間は心室筋の興奮を表す。

c. 右心室が収縮すると三尖弁は閉鎖する。

d. 駆出率は一回拍出量を拡張末期容積で割って求める。

e. 心音の第2音は房室弁の閉鎖音である。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:医学概論/人体の構造及び機能/循環
類似問題を見る

国-24-AM-8

誤っているのはどれか。(医学概論)

1. 左心房と左心室の間には僧帽弁がある。

2. 冠状動脈は上行大動脈起始部から出る。

3. 小腸の静脈血は門脈に集められる。

4. 胸管は右静脈角に入る。

5. 動脈壁は3層からなる。

正答:4
分類:医学概論/人体の構造及び機能/循環
類似問題を見る

国-23-PM-7

心臓の興奮(刺激)伝導系で心室壁にあるのはどれか。

a. 洞(房)結節

b. 房室結節

c. ヒス束

d. 右脚・左脚

e. プルキンエ線維

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:医学概論/人体の構造及び機能/循環
類似問題を見る

国-22-PM-6

心臓の構造で正しいのはどれか。

a. 僧帽弁は左心房と左心室との間に位置する。

b. 大動脈弁は左心室からの流出路に位置する。

c. 肺動脈弁は腱索で乳頭筋に連結する。

d. 右冠状動脈は前下行枝と回旋枝に分かれる。

e. 左心室壁は右心室壁よりも厚い。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:医学概論/人体の構造及び機能/循環
類似問題を見る

国-22-AM-7

心臓の刺激伝導系の興奮伝播で正しいのはどれか。

1. 洞結節→房室結節→ヒス束→プルキンエ線維→右脚/左脚

2. 洞結節→房室結節→ヒス束→右脚/左脚→プルキンエ線維

3. 房室結節→洞結節→ヒス束一右脚/左脚→プルキンエ線維

4. ヒス束→洞結節→房室結節→右脚/左脚→プルキンエ線維

5. ヒス束→房室結節→洞結節→プルキンエ線維→右脚/左脚

正答:2
分類:医学概論/人体の構造及び機能/循環
類似問題を見る

国-21-AM-14

健常成人の冠循環について正しいのはどれか。

a. 安静時の心拍出量の約5%が注ぐ。

b. 運動時には心拍出量の約25%が注ぐ。

c. 左冠状動脈血流は拡張期に比べて収縮期に増加する。

d. 冠状動脈は大動脈弓から左右一対が分枝する。

e. 冠循環血流の約70%が冠状静脈洞を通って右心房にかえる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:医学概論/人体の構造及び機能/循環
類似問題を見る

国-21-AM-13

心臓の収縮周期における弁開閉の順序について正しいのはどれか。ただし、心室の収縮開始を始点とする。

1. 僧帽弁開放→僧帽弁閉鎖→大動脈弁開放→大動脈弁閉鎖

2. 僧帽弁開放→大動脈弁開放→僧帽弁閉鎖→大動脈弁閉鎖

3. 大動脈弁開放→僧帽弁開放→僧帽弁閉鎖→大動脈弁閉鎖

4. 僧帽弁閉鎖→僧帽弁開放→大動脈弁開放→大動脈弁閉鎖

5. 僧帽弁閉鎖→大動脈弁開放→大動脈弁閉鎖→僧帽弁開放

正答:5
分類:医学概論/人体の構造及び機能/循環
類似問題を見る

国-20-AM-14

循環系について正しいのはどれか。(人体の機能と構造)

a. 末梢の動脈間にみられる吻合枝を終動脈という。

b. 心臓から拍出された血液が末梢に到達して脈拍として触れる。

c. 2つの毛細血管網の間に位置する動脈を門脈という。

d. 頚動脈洞には血圧を感知する圧受容器が備わっている。

e. 血管の平滑筋には交感神経が分布している。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:医学概論/人体の構造及び機能/循環
類似問題を見る

国-20-AM-13

脈圧を増大させるのはどれか。(人体の機能と構造)

1. 心拍数増加

2. 静脈灌流量減少

3. 1回心拍出量増加

4. 心筋収縮性低下

5. 動脈壁コンプライアンス増加

正答:3
分類:医学概論/人体の構造及び機能/循環
類似問題を見る