このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-2-PM-67

電気メスについて誤っているのはどれか。

a. 生体側に電流によるジュール熱を発生させる。

b. 切開にはバースト波が用いられる。

c. 凝固には連続正弦波が用いられる。

d. 十分な大きさの対極板を身体に密着させ、対極板コードに断線のないことを確認する。

e. 対極板回路の高周波抵抗が増大すると熱傷事故の危険がある。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:医用治療機器学/各種治療機器/電磁気治療器
類似問題を見る

国-31-PM-32

マイクロ波手術装置で正しいのはどれか。

a. ISM周波数を使用する。

b. 同軸ケープルを使用する。

c. 渦電流損で発熱する。

d. 対極板を使用する。

e. 組織を凝固する。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:医用治療機器学/各種治療機器/電磁気治療器
類似問題を見る

国-7-PM-64

電気メスについて正しいのはどれか。

a. 高周波電流を使用する。

b. ジュール熱で凝固や切開を行う。

c. 電流は対極板を通じて本体に環流する。

d. 図Aは切閉に使用される電流波形である。

e. 図Bは凝固に使用される電流波形である。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:1
分類:医用治療機器学/各種治療機器/電磁気治療器
類似問題を見る

国-19-AM-71

マイクロ波手術装置について正しいのはどれか。(医用治療機器学)

a. 対極板を使用する。

b. 使用中に可燃性ガスを併用しない。

c. 手術電極付近では電気メスを併用しない。

d. 出力同軸ケーブルはガス滅菌する。

e. バイポーラ電極を使用する。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:医用治療機器学/各種治療機器/電磁気治療器
類似問題を見る

国-27-PM-33

電気メスについて正しいのはどれか。

a. スプレー凝固にはバースト波が用いられる。

b. ゲルパッド型対極板は静電結合である。

c. バイポーラ電極はニードル型である。

d. 対極板は広く均一に装着する必要がある。

e. 混合モードではクレストファクタが大きいほど凝固作用は強い。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:医用治療機器学/各種治療機器/電磁気治療器
類似問題を見る

国-33-PM-32

電気メスについて正しいのはどれか。

a. 切開には連続正弦波が用いられる。

b. 対極板接触面積の増加は熱傷の原因である。

c. 出力回路には抵抗が挿入されている。

d. スプリット型対極板は接触インピーダンスを測定する。

e. バイポーラ電極は挟まれた部位を凝固する。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

国-21-AM-72

超音波凝固切開装置について正しいのはどれか。

1. 超音波集束による衝撃波を利用する。

2. 非接触的に凝固切開する。

3. 血管の凝固切開が可能である。

4. 鋭利な切開能力を特徴とする。

5. 電気メスとの併用は禁忌である。

正答:3
分類:医用治療機器学/各種治療機器/超音波治療機器
類似問題を見る

国-29-PM-33

電気メスについて正しいのはどれか。

a. 凝固出力は連続波である。

b. 点検用負荷抵抗には無誘導抵抗器が使用される。

c. 対極板面積の安全範囲は出力に依存する。

d. 静電結合型対極板の表面は絶縁されている。

e. スプレー凝固では雑音障害は発生しない。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:医用治療機器学/各種治療機器/電磁気治療器
類似問題を見る

国-32-AM-35

電気メスについて正しいのはどれか。

1. 500MHzの高周波が用いられる。

2. 出力電力と必要な対極板面積は反比例する。

3. 純切開にはバースト波が用いられる。

4. 出力回路にはコンデンサが直列に挿入される。

5. 高周波接地は対極板側回路を抵抗により接地する。

正答:4
分類:医用治療機器学/各種治療機器/電磁気治療器
類似問題を見る

国-15-AM-69

結石破砕器で誤っているのはどれか。

1. 電気水圧方式では水中放電を用いる。

2. レーザ方式ではHe-Neレーザを用いる。

3. 体外衝撃波方式では発生衝撃波を収束させる。

4. 体外衝撃波方式では音響インピーダンス整合を行う。

5. 体外衝撃波方式では画像診断装置を併用する。

正答:2
分類:医用治療機器学/各種治療機器/機械的治療機器
類似問題を見る

国-8-AM-71

電気メス使用について正しいのはどれか。

a. 凝固には低周波電流モードを用いる。

b. 対極板の接触面積を大きくする。

c. 対極板コードはできるだけ短いものにする。

d. 高周波分流が大きいと熱傷の危険がある。

e. 熱傷は対極板以外の部位では発生しない。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:医用治療機器学/各種治療機器/電磁気治療器
類似問題を見る

ME_2-29-PM-13

体外衝撃波結石破砕装置の衝撃波について正しいのはどれか。

1. 縦波である。

2. 空気中で発生させる。

3. 発生にレーザ方式がある。

4. 熱作用を利用している。

5. 分散させて使用する。

国-8-AM-57

生体計測で使用される電極について正しいのはどれか。

a. 電極ペーストの主な役割は皮膚と電極との間のインピーダンスを下げることである。

b. 電極と電解質との界面で電極電位が発生し基線が変動する原因となる。

c. 脳波は針電極を用いるより皿電極を用いた方が雑音の少ない測定ができる。

d. 不分極電極を用いると、通常の電極を用いた場合より信号振幅が小さくなる。

e. 双極導出とは基準電極との電位差を差動増幅器を用いて測定する方法である。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:1
分類:生体計測装置学/生体計測の基礎/生体情報の計測
類似問題を見る

国-18-AM-68

マイクロ波手術装置について正しいのはどれか。(医用治療機器学)

a. 心電図モニタに対する電磁波障害はない。

b. 主に誘電加熱による作用を利用する。

c. 2450MHzの周波数を使用する。

d. 対極板が必要である。

e. 凝固より切開に利用されることが多い。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:医用治療機器学/各種治療機器/電磁気治療器
類似問題を見る

ME_2-40-PM-4

高周波カテーテルアブレーションについて誤っているのはどれか。

1. 局所麻酔で施行できる。

2. 肺動脈カテーテルを用いる。

3. 心房細動の治療に用いる。

4. 対極板が必要である。

5. 高周波電流を流して心筋を焼灼する。

国-15-AM-74

マイクロ波手術装置について正しいのはどれか。

a. 周波数は5GHzである。

b. 硬組織切開に用いる。

c. 対極板は不要である。

d. 組織中の水分に誘電熱を発生させる。

e. バイポーラ型針状電極を用いる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:医用治療機器学/各種治療機器/電磁気治療器
類似問題を見る

国-31-PM-35

超音波吸引手術器で正しいのはどれか。

a. 振動子は5MHzで振動する。

b. 対極板が必要である。

c. 電気メスより止血機能に優れる。

d. 生理食塩液で洗浄しながら使用する。

e. 白内障手術に用いる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:医用治療機器学/各種治療機器/超音波治療機器
類似問題を見る

ME_2-30-AM-50

Nd:YAGレーザ治療装置について誤っているのはどれか。

1. レーザ媒質は固体結晶である。

2. 角膜切開手術に用いられる。

3. 凝固止血効果がある。

4. 石英ガラスファイバで伝送できる。

5. 励起にフラッシュランプを用いる。

国-28-PM-32

電気メスについて正しいのはどれか。

a. スプリット形対極板により電極の接触不良を監視する。

b. 凝固には断続波を用いる。

c. 発振器にはマグネトロンを用いる。

d. 静電結合型対極板の接触抵抗は導電型よりも低い。

e. 対極板面積の安全範囲は出力に依存する。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:医用治療機器学/各種治療機器/電磁気治療器
類似問題を見る

ME_2-29-AM-48

超音波凝固切開装置について正しいのはどれか。

1. 使用周波数は5MHz程度である。

2. 超音波発生にピエゾ素子(電歪素子)を用いる。

3. 腹腔鏡下では用いられない。

4. 対極板を使用する。

5. 組織の温度を100℃以上に加熱する。