このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-29-PM-30

超音波診断装置について正しいのはどれか。

a. 被曝に伴う侵襲性がある。

b. 全身撮影が可能である。

c. 心室の壁厚を測定できる。

d. 血管内の画像が得られる。

e. 実時間の撮影が可能である。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

ME_2-35-AM-45

MRI検査について正しいのはどれか。

1. 撮像する断面の方向の制約がある。

2. 血管撮影には造影剤が必要である。

3. 臓器内に空気があると撮像できない。

4. 生体内の水分子の存在状態を画像化する。

5. 脊髄の描出能はX線CTより劣る。

国-1-AM-83

超音波ドップラ血流計について正しいのはどれか。

a. 無侵襲的な測定法である。

b. 血液によって散乱される超音波を利用している。

c. 血流によって生じる血管壁の運動を利用している。

d. 血流量を直接測定できる。

e. 肺組織の血流測定は困難である。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/循環関連の計測
類似問題を見る

ME_2-30-AM-52

腹腔鏡下外科手術について正しいのはどれか。

1. 胃粘膜の除去にマイクロ波を用いる。

2. プローブ先端のフォトダイオードにより画像化する。

3. 気腹ガスに二酸化炭素を用いる。

4. 電気メスは使用できない。

5. 硬性鏡は使用しない。

国-24-AM-29

スワン・ガンツカテーテルで正しいのはどれか。(生体計測装置学)

1. 左心室内圧の測定に用いる。

2. 冠状動脈の造影に用いる。

3. 熱希釈法による心拍出量の計測に用いる。

4. カテーテルの挿入は上腕動脈から行う。

5. 多数の電極がカテーテル先端部に配置されている。

正答:3
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/循環関連の計測
類似問題を見る

国-12-AM-59

超音波診断について正しいのはどれか。

a. 肺表面では超音波の大部分が反射される。

b. 超音波造影剤は血液との音響インピーダンスの差によって造影効果を得る。

c. 胎児診断には禁忌である。

d. 音響インピーダンスは骨より筋肉の方が大きい。

e. 周波数が高いほど生体内での減衰が大きい。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

ME_2-38-AM-50

頸動脈超音波検査で誤っているのはどれか。

1. 3.5MHzのリニアプローブを用いる。

2. 内頚動脈などの血管径の計測ができる。

3. 超音波ドプラ法では血流速度が得られる。

4. カラードプラ法では血流方向の検出ができる。

5. 組織ハーモニックイメージングは高調波を用いる。

ME_2-36-AM-42

MRIとX線CTの比較で誤っているのはどれか。

1. MRIのほうが肺の状態を観察するのに適している。

2. MRIのほうが病変部と正常組織のコントラストが良好である。

3. X線CTのほうが短時間で広範囲の検査が可能である。

4. MRIでは放射線被曝がない。

5. MRIでは造影剤を用いなくても血管を描出できる。

国-5-PM-72

パルスオキシメータについて正しいのはどれか。

a. 非侵襲的な測定ができる。

b. 静脈血酸素分圧を測定する。

c. 連続測定はできない。

d. 血管内への色素投与時には正確な測定ができない。

e. 心室細動時には測定できない。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/呼吸関連の計測
類似問題を見る

ME_2-39-PM-31

超音波凝固切開装置について正しいのはどれか。

1. 電気メスに比べて切開部位の組織温度は高くなる。

2. 非接触で凝固できる。

3. 凝固と切開はフットスイッチで切り替える。

4. 煙が発生するため視野が悪くなる。

5. 内視鏡下手術に用いられる。

国-21-AM-47

パルスオキシメトリについて正しいのはどれか。

1. 患者の血液を採取して測定する。

2. 動脈血ヘモグロビンの酸素飽和度を反映する。

3. 末梢動脈の拍動が微弱な時のモニタに適する。

4. 測定値をあらわす記号としてPaO2が用いられる。

5. センサの装着部位として全胸部皮膚が適する。

正答:2
分類:生体計測装置学/生体計測の基礎/生体情報の計測
類似問題を見る

国-27-PM-32

内視鏡画像計測について誤っているのはどれか。

1. 撮像素子にはCCDを用いる。

2. 電子内視鏡では画像を光ファイバで伝送する。

3. 狭帯域光を用いると血管を強調できる。

4. カプセル内視鏡は腸を対象とする。

5. 超音波内視鏡は粘膜下の病変の診断に適している。

正答:2
分類:生体計測装置学/画像診断法/内視鏡装置による計測
類似問題を見る

国-16-AM-64

パルスオキシメータについて正しいのはどれか。

a. 無侵襲モニタリングが可能である。

b. 測定部位の厚みによる校正が必要である。

c. 動脈性の拍動はアーチファクトの原因となる。

d. 血液の光吸収特性を利用する。

e. 酸素飽和度が高いと赤色光の吸光度は低下する。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/循環関連の計測
類似問題を見る

国-5-AM-82

超音波検査法について正しいのはどれか。

a. 超音波の波長が短いほど分解能が増すが、生体内での減衰は大きくなる。

b. 超音波は音響インピーダンスの異なる境界面で一部反射される。

c. 超音波の生体内の音速は空気中とほぼ等しい。

d. 超音波エコー断層法は組織の血液含量の差を利用するものである。

e. 超音波ドップラ法は血流速度の計測に用いられる。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

ME_2-28-PM-20

超音波ドプラ血流計について誤っているのはどれか。

1. 血流の速度が計測できる。

2. 非侵襲的に計測ができる。

3. ビームと直交する血流は計測されない。

4. 25kHz程度の超音波を用いる。

5. 血球からの音響反射を利用する。

国-14-AM-61

超音波診断について正しいのはどれか。

a. 肺表面では超音波の大部分が反射される。

b. 超音波造影剤は血管壁との音響インピーダンスの差によって造影効果を得る。

c. 音響インピーダンスは骨より筋肉の方が大きい。

d. 20~100kHzの超音波が用いられる。

e. 周波数が高いほど生体内での減衰が大きい。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-20-AM-72

超音波凝固切開装置について正しいのはどれか。(医用治療機器学)

a. 20~200kHzの超音波が使用される。

b. 摩擦による発熱で凝固切開する。

c. カテーテル操作で血管内に挿入する。

d. 組織の剥離には適さない。

e. 血管の凝固切離はできない。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:1
分類:医用治療機器学/各種治療機器/超音波治療機器
類似問題を見る

国-32-PM-30

超音波診断装置について正しいのはどれか。

a. 狭窄部位の高血流速度の測定にはパルス波を用いる。

b. 心臓弁運動の定量にはMモードを用いる。

c. 組織性状の画像化には高調波が有用である。

d. 腹部の画像描出にはセクタ走査が適している。

e. Bモード画像描出には連続波を用いる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-8-AM-62

超音波検査法について正しいのはどれか。

a. 超音波の波長が短いほど生体内での減衰は大きくなる。

b. 超音波は音響インピーダンスの異なる境界面で一部が反射される。

c. 超音波の生体内の音速は空気中とほぼ等しい。

d. 超音波エコー断層法は組織の血液含量の差を利用するものである。

e. 超音波ドップラ法は血流速度の計測に用いられる。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

ME_2-33-PM-28

パルスオキシメータについて正しいのはどれか。

1. 測定にはポーラログラフィを用いる。

2. 厳密な測定には二酸化炭素分圧による補正が必要となる。

3. プローブは生体の測定部位に強く密着させる。

4. 測定時はセンサ周辺の皮膚を冷やす。

5. センサ装着部位の振動は測定誤差の要因となる。