このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-6-PM-74

各種エネルギーの安全限界について正しいのはどれか。

1. 皮膚に対する熱作用では高周波電磁波の方が超音波より低い。

2. 生殖細胞に障害を起こす超音波は0.01W/cm2である。

3. 熱傷を起こす温度は42°Cである。

4. 眼障害を起こす高周波電磁波は0.1W/cm2である。

5. ミクロショックを起こす低周波電流は10mAである。

正答:4
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-20-AM-78

各種エネルギーの安全限界で正しいのはどれか。(医用機器安全管理学)

a. 商用交流1秒間通電による離脱限界電流は1mAである。

b. 高周波電流による眼障害限界は1W/cm2である。

c. 超音波による生殖細胞への安全限界は1W/cm2である。

d. 1kHzを超える漏れ電流の許容値は1kHzの倍数分だけ多い。

e. 患者装着部の熱傷安全限界は41°Cである。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-5-PM-76

各種エネルギーの生体に対する安全限界としての誤っているのはどれか。

a. 温度による熱傷 ------------------- 55°C

b. 超音波による熱作用 --------------- 10W/cm2

c. 高周波電磁波による障害(睾丸)------- 0.01W/cm2

d. 低周波電流によるミクロショック ------- 0.1mA

e. 低周波電流による離脱限界 --------- 10mA

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:1
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-4-AM-76

各種エネルギーを生体に与えたときの安全限界について正しいのはどれか。

a. 高周波電磁波による熱傷 :1W/cm2

b. 超音波によるキャビテーション :100W/cm2

c. 高周波電磁波による眼障害 :0.01W/cm2

d. 低周波電流によるミクロショック :10μA

e. 温度による熱傷 :45°C

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-4-PM-76

各種エネルギーを生体に与えたときの安全限界について正しいのはどれか。 

a. 高周波電磁波による熱傷 : 1W/cm2

b. 超音波によるキャビテーション : 100W/cm2

c. 高周波電磁波による眼障害 : 0.01W/cm2

d. 低周波電流によるミクロショック : 10μA

e. 温度による熱傷 : 45°C

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-18-AM-78

エネルギーの生体作用について正しいのはどれか。(医用機器安全管理学)

1. 皮膚に対する熱作用効果は高周波電磁波の方が超音波より低い。

2. 生殖細胞に対する超音波の安全限界は10mW/cm2である。

3. 熱傷を起こす温度は患者短時間接触のとき、43°Cである。

4. 眼障害に対する高周波電磁波の安全限界は100mW /cm2である。

5. ミクロショックで心室細動を起こす低周波電流は10μAである。

正答:4
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

ME_2-36-PM-50

電流刺激に対する人体の反応について正しいのはどれか。

1. 体表面に電流が流れることによる電撃をミクロショックという。

2. 心臓に直接0.1μAの商用交流電流が流れると心室細動が起こる。

3. 流れる電流の電流密度が小さくなると熱傷の危険が生じる。

4. 周波数500kHzにおける最小感知電流は約2μAである。

5. 直流電流では電解質の電気分解により組織が損傷する危険がある。

国-23-PM-38

人体の商用交流に対する電撃反応の概略値について誤っているのはどれか。

1. 最小感知電流値は1mAである。

2. 離脱限界電流値は10mAである。

3. 最大許容電流値は20mAである。

4. マクロショックの心室細動を誘発する最小電流値は100mAである。

5. ミクロショックの心室細動を誘発する最小電流値は100μAである。

正答:3
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-10-AM-79

各種エネルギーの人体に対する影響で正しいのはどれか。

a. レーザー光の作用は波長には関係しない。

b. 高周波電流では熱的作用が大きい。

c. 超音波によるキャビテーションは細胞の破壊につながる。

d. 体表面低周波電流密度が2Ma/cm2程度でも周辺の知覚神経は興奮しない。

e. 60~65°Cの加温を長時間行っても蛋白変性を生じない。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-12-AM-77

エネルギーの人体作用について正しいのはどれか。

a. 1.5Tの超電導MRI検査で頭部に熱傷を起こす。

b. 43°Cの温熱の長時間曝露で低温熱傷が生じる。

c. 15W/cm2の超音波で細胞が破壊される。

d. 2.45GHz、0.5W/cm2の電磁波の照射部位で温度上昇が生じる。

e. 波長193nmの光照射によって深部組織に熱傷が生じる。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-3-PM-75

各種エネルギーの人体に対する影響について誤っているのはどれか。

1. 安全性は周囲条件によって異なることがある。

2. 磁界は1T(テスラ)程度になると人体に大きな影響を及ぼす。

3. 0.1W/cm2程度の高周波電磁波により眼障害を生じることがある。

4. 48°Cの湯に入ると熱傷を起こす危険性が強い。

5. 超音波によりキャビテーションが生じるエネルギーの限界値は、熱作用が生じるよりも大きい。

正答:2
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-31-PM-37

電流に対する人体の反応について正しいのはどれか。

a. 直接心臓に電流が流れ込んで起こる電撃をマクロショックという。

b. 直流電流は交流電流に比べて生体組織に化学的変化を起こしにくい。

c. 直接心臓に10μAの商用交流電流が流れると心室細動が誘発される。

d. 体表面に0.1Aの商用交流電流が流れると心室細動か誘発される。

e. 最小感知電流閾値は1kHzを境に周波数に比例して上昇する。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-25-PM-39

電撃に対する人体反応について誤っているのはどれか。

1. 同じ通電エネルギー量では商用交流が直流よりも電撃リスクは 大きい。

2. 最小感知電流値は周波数に反比例する。

3. 商用交流におけるミクロショック心室細動誘発電流値は0.1mA である。

4. 商用交流の離脱電流値は最小感知電流値の約 10倍である。

5. 小児のマクロショック電流値は成人男性の 1/2 である。

正答:2
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-2-PM-82

電撃について誤っているのはどれか。

a. 電流の周波数が極端に高くなると人体は反応しにくい。

b. 商用電源の周波数付近(50~100Hz)の電流で人体は最も反応しやすい。

c. マクロショックの場合、10mAぐらいでビリビリ感じ始める。

d. 500kHz以上の高周波では微少な電流でも反応する。

e. ミクロショック心室細動電流は最少感知電流の1/100である。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-24-AM-39

電撃に対する人体反応で誤っているのはどれか。(医用機器安全管理学)

1. 最小感知電流値に1kHz以上では周波数に比例して上昇する。

2. マクロショックの心室細動誘発電流値の1/1000でミクロショックは生じる。

3. ミクロショック電流値は体重が軽いほど大きくなる。

4. 離脱限界電流値は10~20mAである。

5. 女性のマクロショック電流値は男性よりも小さい。

正答:3
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-6-PM-77

熱傷による皮膚障害の恐れがない高周波電磁波エネルギーの上限として正しいのはどれか。

1. 0.01W/cm2

2. 0.1W/cm2

3. 1W/cm2

4. 10W/cm2

5. 100W/cm2

正答:3
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-15-AM-78

各種エネルギーの生体に対する作用で誤っているのはどれか。

a. 超音波の照射エネルギーが1W/cm2を超えるとキャビテーションを起こす。

b. がん組織を42.5°C以上に加温すると壊死が生じる。

c. レーザ光以外の可視光線でも網膜損傷が起こる。

d. 細胞分裂が盛んな組織では放射線の感受性が高い。

e. 短時間でも3Tの磁界を生体に作用させるとがんが発生する。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-8-AM-78

各種エネルギーの人体作用について誤っているのはどれか。

a. 1.5Tの超伝導磁石によるMRI検査で頭部に熱傷を起こす。

b. 40°Cの温熱で癌細胞が死滅する。

c. 15W/cm2の超音波で細胞が破壊される。

d. 1GHz、0.5W/cm2の電磁波により皮膚で温度上昇が生じる。

e. 波長150nmの光線照射により深部組織に熱傷が生じる。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-3-PM-89

正しいのはどれか。

1. 手に感じられない電流値でもミクロショックは起きる。

2. 手に30mAの商用交流が流れても行動の自由は失われない。

3. 人体は50~100Hzの交流に最も感じにくい。

4. 心室細動を誘発するマクロショックとミクロショックの電流値の比は10,000:1である。

5. 0.3mA程度の商用交流ではミクロショックを起こさない。

正答:1
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る

国-32-AM-40

電撃に対する人体の反応について正しいのはどれか。

1. 体表から受ける電撃をミクロショックという。

2. 直接心臓に0.01mAの商用交流が流れると心室細動を誘発する。

3. 直流電流は交流電流に比べて生体組織に化学的変化を起こしやすい。

4. 商用交流の離脱限界電流値は最小感知電流値の5倍程度である。

5. 最小感知電流閾値は50~60Hzを超えると周波数に比例して上昇する。

正答:3
分類:医用機器安全管理学/医用機器の安全管理/各種エネルギーの人体への危険度
類似問題を見る