このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-17-AM-60

パルスオキシメータについて正しいのはどれか。

a. ヘモグロビンの酸素飽和度を非侵襲的に測定する。

b. 緑色光と赤色光に対する吸光度を測定する。

c. 動脈性の拍動は測定の妨げとなる。

d. 低酸素血症の発見に役立つ。

e. 呼吸状態のモニタとして用いられる。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/呼吸関連の計測
類似問題を見る

ME_2-33-PM-28

パルスオキシメータについて正しいのはどれか。

1. 測定にはポーラログラフィを用いる。

2. 厳密な測定には二酸化炭素分圧による補正が必要となる。

3. プローブは生体の測定部位に強く密着させる。

4. 測定時はセンサ周辺の皮膚を冷やす。

5. センサ装着部位の振動は測定誤差の要因となる。

ME_2-36-PM-28

パルスオキシメータについて正しいのはどれか。

1. 測定にはポーラログラフィを用いる。

2. 二酸化炭素分圧による補正が必要となる。

3. センサ部分は測定部位に強く密着させる。

4. センサ周辺の皮膚温度は体温より低く保つ。

5. センサ装着部位の血行不良は誤差要因となる。

ME_2-35-PM-17

パルスオキシメータについて正しいのはどれか。

1. 動脈血酸素分圧を測定する。

2. 測定には超音波を用いる。

3. 採血による校正が必要である。

4. 耳朶で測定できる。

5. 不整脈の鑑別診断ができる。

ME_2-29-AM-45

パルスオキシメータで利用している光特性はどれか。

1. 赤血球での光散乱

2. 脈動する動脈壁での光反射

3. 動脈内のヘモグロビンの光吸収

4. 動脈周囲の組織での光散乱

5. 脈動する動脈壁での光吸収

国-1-AM-83

超音波ドップラ血流計について正しいのはどれか。

a. 無侵襲的な測定法である。

b. 血液によって散乱される超音波を利用している。

c. 血流によって生じる血管壁の運動を利用している。

d. 血流量を直接測定できる。

e. 肺組織の血流測定は困難である。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/循環関連の計測
類似問題を見る

ME_2-34-AM-49

パルスオキシメータについて正しいのはどれか。

1. 溶存酸素量を測定する。

2. 静脈血による吸収の変化を測定する。

3. 酸素化ヘモグロビンは赤外光より赤色光の吸収が大きい。

4. 光の検出にはLEDが用いられる。

5. 測定値に影響する要因として外光侵入がある。

国-25-AM-30

パルスオキシメータで正しいのはどれか。

a. 2種類の波長の光に対する吸光度を測定する。

b. 脈波の脈動成分を利用している。

c. 換気量のモニタとして用いられる。

d. センサ装着部位の指の厚みの校正を必要とする。

e. 異常ヘモグロビンは測定値に影響する。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/呼吸関連の計測
類似問題を見る

国-21-PM-85

生体の光学的特性について誤っているのはどれか。

1. 可視光は皮膚表面でほとんど反射する。

2. 光は波長が長いほど皮膚深部に到達する。

3. 血流量が多いほど組織の光吸収は大きい。

4. 波長が長いほどメラニンの吸収係数は大きい。

5. 血液の分光特性は酸素飽和度によって異なる。

正答:0
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の光特性
類似問題を見る

ME_2-35-AM-43

超音波診断について正しいのはどれか。

1. 心臓内腔の血流方向と速度は同時に表示できない。

2. 冠動脈の狭窄部位の断面は観察できない。

3. 弁口部の圧較差はパルスドプラ法で計測する。

4. 鮮明な画像を得るためにはできるだけ低い周波数の超音波を用いる。

5. 超音波造影剤としてマイクロバブルが使われる。

国-27-AM-30

経皮的血液ガス分析について正しいのはどれか。

1. 侵襲的な計測方法である。

2. 計測のために角質層を除去する。

3. 計測には脈波信号が必要である。

4. 皮下の血流増加のために加温する。

5. 赤外線の吸収を計測している。

正答:4
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/ガス分析計測
類似問題を見る

国-32-PM-22

パルスオキシメータによるモニタリングについて正しいのはどれか。

a. 同じ酸素分圧でも高体温では酸素飽和度が低くなる。

b. 同じ酸素分圧でもアシドーシスでは酸素飽和度が低くなる。

c. インドシアニングリーン(色素)は測定値に影響しない。

d. 一酸化炭素ヘモグロビンは測定誤差の原因にはならない。

e. 末梢循環不全では測定値の信頼性が乏しい。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:臨床医学総論/集中治療医学/集中治療
類似問題を見る

国-25-AM-88

誤っているのはどれか。

a. 紫外線は長い波長ほど皮膚深部に到達する。

b. 生体の高分子物質は紫外線をよく吸収する。

c. 可視領域では血液の光透過率はほぼ一定である。

d. ヘモグロビンは近赤外線をよく吸収する。

e. 遠赤外線の生体作用は熱的作用が主である。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の光特性
類似問題を見る

国-4-PM-72

パルスオキシメータについて正しいのはどれか。

a. 観血的な測定器である。

b. 測定部を透過した光の強度が心拍動に同期して変化する現象を利用する。

c. 酸化ヘモグロビンと還元ヘモグロビンの光吸収スペクトルの相違を利用する。

d. 異常ヘモグロビン存在時には正確な測定ができない。

e. 動脈血酸素含有量を測定する。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/呼吸関連の計測
類似問題を見る

ME_2-35-PM-28

MRI検査について誤っているのはどれか。

1. 動きによるアーチファクトがある。

2. 金属によるアーチファクトがある。

3. 放射線被曝がある。

4. 心拍同期を行うことがある。

5. 身体にループ部分があると熱傷を起こすことがある。

国-26-AM-30

正しいのはどれか。

a. 生体内では光散乱は少ない。

b. 生体内の光吸収は主にヘモグロビンと皮膚のメラニンによる。

c. 光によるヘモグロビンの酸素飽和良測定には複数の波長が用いられる。

d. 光電式脈波計によって血流量の波形が得られる。

e. パルスオキシメータは動脈の血流量を測定できる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/循環関連の計測
類似問題を見る

国-21-AM-47

パルスオキシメトリについて正しいのはどれか。

1. 患者の血液を採取して測定する。

2. 動脈血ヘモグロビンの酸素飽和度を反映する。

3. 末梢動脈の拍動が微弱な時のモニタに適する。

4. 測定値をあらわす記号としてPaO2が用いられる。

5. センサの装着部位として全胸部皮膚が適する。

正答:2
分類:生体計測装置学/生体計測の基礎/生体情報の計測
類似問題を見る

ME_2-37-PM-2

パルスオキシメータについて正しいのはどれか。

1. 動脈血酸素分圧を計測する。

2. 赤色光と近赤外光が使われる。

3. クラーク電極を用いる。

4. 測定部位を2つのLEDで挟む。

5. 血流量を測定できる。

国-5-AM-84

光による計測について正しいのはどれか。

a. 無侵襲計測に利用される。

b. 動脈血の酸素飽和度の計測に用いられる。

c. 脈波の計測に利用される。

d. 可視光は組織を透過しないので赤外光を用いる。

e. 患者監視には適さない。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:1
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/呼吸関連の計測
類似問題を見る

国-7-PM-72

インピーダンスニューモグラフについて正しいのはどれか。

1. 心拍出量が測定できる。

2. 呼気二酸化炭素濃度が測定できる。

3. 脳血流量が測定できる。

4. 無呼吸モニタとして有用である。

5. 換気量が直接測定できる。

正答:4
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/呼吸関連の計測
類似問題を見る