このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-12-AM-73

超音波吸引手術装置について誤っているのはどれか。

1. 振動数は20~30kHzである。

2. ニッケル製トランスデューサは磁歪素子である。

3. メス先の最大ストロークは300μmである。

4. 術中の灌流液には蒸留水を用いる。

5. 血管を残すことができる。

正答:4
分類:医用治療機器学/各種治療機器/超音波治療機器
類似問題を見る

国-34-AM-37

超音波凝固切開装置について正しいのはどれか。

a. 5 ?10 mm の振幅で先端が振動する。

b. 55 kHz 前後の振動を用いる。

c. 凝固温度はレーザメスよりも低温である。

d. 対極板が必要である。

e. 内視鏡外科手術での使用は禁忌である。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

国-21-AM-73

超音波吸引手術器について正しいのはどれか。

a. 5MHzの超音波振動を利用する。

b. 骨切削に多用する。

c. 先端は100~300μmの振幅で振動する。

d. 使用時には滅菌した生理食塩液が必要である。

e. 切開時の出血を熱凝固によって止血する。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:医用治療機器学/各種治療機器/超音波治療機器
類似問題を見る

国-8-AM-75

超音波破砕吸引器について正しいのはどれか。

a. 利用される超音波の周波数は25kHz程度である。

b. プローブ先端の振動振幅は100~300μm程度である。

c. 太い血管だけが選択的に凝固される。

d. 肺切除の手術に利用される。

e. プローブ先端の振動によって除去したい組織を乳化する。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:医用治療機器学/各種治療機器/超音波治療機器
類似問題を見る

国-30-AM-36

超音波凝固切開手術装置について正しいのはどれか。

a. 先端はl ~ 3mm の振幅で振動する。

b. 50kHz前後の周波数を用いる。

c. 凝固温度は電気メスよりも低温である。

d. 内視鏡外科手術で頻用される。

e. 骨切開に有効である。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:医用治療機器学/各種治療機器/超音波治療機器
類似問題を見る

国-9-AM-71

マイクロ波手術器について誤っているのはどれか。

1. 肝臓の手術に使用される。

2. 凝固・止血のために用いられる。

3. 約2.5GHzが用いられる。

4. 対極板が必要である。

5. メス先は針状である。

正答:4
分類:医用治療機器学/各種治療機器/電磁気治療器
類似問題を見る

国-22-PM-37

超音波吸引手術器で正しいのはどれか。

1. 100 MHz の振動を利用する。

2. 先端は1~2mmの振幅で振動する。

3. 冷却には蒸留水を用いる。

4. 金属メスより鋭利に切開する。

5. 骨切離に適する。

正答:3
分類:医用治療機器学/各種治療機器/超音波治療機器
類似問題を見る

国-4-PM-67

超音波吸引器について正しいのはどれか。

a. 利用される超音波の周波数は20数KHz程度である。

b. プローブ先端の振動は100~300μm程度である。

c. 太い血管だけ選択的に凝固される。

d. 肺切除の手術に利用される。

e. プローブ先端の振動によって除去したい組織を乳化する。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:医用治療機器学/各種治療機器/超音波治療機器
類似問題を見る

ME_2-29-AM-50

次の組合せで誤っているのはどれか。

1. 電気メスの搬送周波数 -- 400kHz

2. マイクロ波メスの周波数 -- 300MHz

3. 低温常圧型冷凍手術装置の冷却最低温度 -- -196℃

4. 超音波吸引手術装置の先端チップ振動振幅 -- 150μm

5. CO2レーザメスの発振波長 -- 10.6μm

国-23-PM-36

超音波吸引手術装置について正しいのはどれか。

a. 50MHzの超音波振動を利用する。

b. 超音波エネルギーを集束させて切開する。

c. 先端は100~300μmの振幅で振動する。

d. 滅菌した生理食塩液を使用する。

e. 皮膚切開に多用する。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:医用治療機器学/各種治療機器/超音波治療機器
類似問題を見る

国-31-AM-39

超音波凝固切開装置で誤っているのはどれか。

1. アクティブブレードは45~55kHzの周波数で振動する。

2. 70~100°Cで組織中のタンパク質を凝固させる。

3. 細い血管からの出血を止めることができる。

4. 電気メスに比べて短時間で凝固切開が可能である。

5. 内視鏡外科手術に用いられる。

正答:4
分類:医用治療機器学/各種治療機器/超音波治療機器
類似問題を見る

ME_2-31-PM-16

発熱を主作用としない手術装置はどれか。

1. 電気メス

2. CO2レーザメス

3. マイクロ波メス

4. 赤外線コアギュレータ

5. 超音波メス

国-19-AM-72

超音波吸引手術装置について正しいのはどれか。(医用治療機器学)

a. 周波数が20~30MHzの超音波が用いられる。

b. 先端チップを1~3μmの振幅で振動させ、組織を破砕する。

c. 破砕組織を生理食塩液とともに吸引する。

d. 電気メスより切開速度が遅い。

e. 皮膚の切開に適している。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:医用治療機器学/各種治療機器/超音波治療機器
類似問題を見る

国-25-PM-37

超音波切開凝固装置で誤っているのはどれか。

1. アクティブブレードは45~55kHzの周波数で振動する。

2. 70~100°Cで組織中のタンパク質を凝固させる。

3. 凝固しながら切開ができる。

4. 電気メスに比べて凝固操作が短時間で可能である。

5. 内視鏡下手術に用いられる。

正答:4
分類:医用治療機器学/各種治療機器/超音波治療機器
類似問題を見る

国-10-AM-72

マイクロ波治療器と関係があるのはどれか。

a. 誘導損失による組織発熱

b. 皮膚癌の治療

c. 肝臓手術中の熱凝固止血

d. 使用周波数40.68MHz

e. コイル型アプリケータ

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:医用治療機器学/各種治療機器/電磁気治療器
類似問題を見る

国-14-AM-61

超音波診断について正しいのはどれか。

a. 肺表面では超音波の大部分が反射される。

b. 超音波造影剤は血管壁との音響インピーダンスの差によって造影効果を得る。

c. 音響インピーダンスは骨より筋肉の方が大きい。

d. 20~100kHzの超音波が用いられる。

e. 周波数が高いほど生体内での減衰が大きい。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-20-AM-72

超音波凝固切開装置について正しいのはどれか。(医用治療機器学)

a. 20~200kHzの超音波が使用される。

b. 摩擦による発熱で凝固切開する。

c. カテーテル操作で血管内に挿入する。

d. 組織の剥離には適さない。

e. 血管の凝固切離はできない。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:1
分類:医用治療機器学/各種治療機器/超音波治療機器
類似問題を見る

ME_2-39-PM-13

電気メスについて正しいのはどれか。

1. 負荷抵抗を5kΩとして設計する。

2. 2450MHzの周波数を使用する。

3. 切開はメス先からのアーク放電を利用する。

4. 神経・筋刺激低減のために出力回路にコイルを挿入している。

5. スプレー凝固では高周波電流を連続的に流す。

国-22-PM-34

マイクロ波手術器で正しいのはどれか。

a. 用いられる電磁波の標準的波長は約1.2mである。

b. モノポーラ電極を利用する。

c. マイクロ波は電極まで同軸ケーブルで伝送する。

d. 切開より凝固に適している。

e. 対極板による電流の回収が必要である。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:医用治療機器学/各種治療機器/電磁気治療器
類似問題を見る

ME_2-38-AM-50

頸動脈超音波検査で誤っているのはどれか。

1. 3.5MHzのリニアプローブを用いる。

2. 内頚動脈などの血管径の計測ができる。

3. 超音波ドプラ法では血流速度が得られる。

4. カラードプラ法では血流方向の検出ができる。

5. 組織ハーモニックイメージングは高調波を用いる。