このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-32-PM-79

透析用患者監視装置の警報項目とその原因との組合せで正しいのはどれか。

a. 動脈側圧上昇 ----- ダイアライザ内血液凝固

b. 静脈側圧上昇 ----- 脱血不良

c. 透析液圧上昇 ----- 給水圧低下

d. 気泡混入 --------- 返血針脱落

e. 漏 血 ------------ 膜破損

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:生体機能代行装置学/血液浄化療法装置/安全管理
類似問題を見る

国-32-AM-79

透析用患者監視装置で誤っている組合せはどれか。

1. 漏血検知器 ――――― 透過光

2. 気泡検知器 ――――― 超音波

3. 濃度計 ――――――― 浸透圧

4. 温度計 ――――――― サーミスタ

5. 圧力計 ――――――― ストレインゲージ

正答:3
分類:生体機能代行装置学/血液浄化療法装置/安全管理
類似問題を見る

国-31-PM-77

原水中の残留塩素を主として除去する水処理装置はどれか。

1. プレフィルタ

2. 軟水化装置

3. 活性炭濾過装置

4. 逆浸透装置

5. 限外濾過フィルタ

正答:3
分類:生体機能代行装置学/血液浄化療法装置/安全管理
類似問題を見る

国-31-AM-79

血液透析施行中に静脈圧下限警報が鳴った。原因として考えられないのはどれか。

1. 脱血不良

2. ダイアライザ内の血液凝固

3. 静脈側ドリップチャンバ内の血液凝固

4. 動脈側回路の折れ曲がり

5. 静脈側回路の穿刺針からの脱落

正答:3
分類:生体機能代行装置学/血液浄化療法装置/安全管理
類似問題を見る

国-30-AM-77

透析監視項目の異常とその原因との組合せで誤っているのはどれか。

1. 漏血 ------------------------ 透析装置ヒータの故障

2. 空気誤入 -------------------- 補液ラインの閉鎖忘れ

3. 血液側回路内圧上昇 ---------- 血液凝固

4. 血液側回路内圧低下 ---------- 脱血不良

5. 透析液濃度異常 -------------- 電気伝導度計の故障

正答:1
分類:生体機能代行装置学/血液浄化療法装置/安全管理
類似問題を見る

国-29-PM-79

血液透析の導入期にみられる不均衡症候群を予防する対策として誤っているのはどれか。

a. 小さな膜面積のダイアライザを使用する。

b. 高張液を返血側回路から投与する。

c. 透析時間を短くする。

d. 抗凝固薬の投与量を増量する。

e. 血流量を増加させる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:生体機能代行装置学/血液浄化療法装置/安全管理
類似問題を見る

国-28-PM-79

血液透析回路への空気侵入の原因となるのはどれか。

a. 抗凝固薬注入ラインの外れ

b. 透析膜破損による血液漏出

c. 動脈側穿刺針と回路の接続不良

d. 補液ラインの閉鎖忘れ

e. 静脈側穿刺針と回路の接続不良

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:生体機能代行装置学/血液浄化療法装置/安全管理
類似問題を見る

国-28-AM-79

透析装置(コンソール)に組込まれていないのはどれか。

1. 電導度計

2. 気泡検出器

3. 透析液温計

4. 除水制御装置

5. 透析液浸透圧計

正答:5
分類:生体機能代行装置学/血液浄化療法装置/安全管理
類似問題を見る

国-27-PM-79

透折中の溶血の原因で誤っているのはどれか。

1. 配管内消毒液の残存

2. 抗凝固薬注入量の過多

3. 配管材劣化による有害成分の混入

4. 水処理装置の故障による希釈水の汚染

5. 液温監視装置の故障による透析液温の上昇

正答:2
分類:生体機能代行装置学/血液浄化療法装置/安全管理
類似問題を見る

国-27-PM-78

透折中の空気誤入時の対処法で正しいのはどれか。

a. 酸素吸入を行う。

b. 透析液流量を下げる。

c. 抗凝固薬の量を増やす。

d. 血管拡張薬を投与する。

e. 頭を低くして左側臥位をとらせる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:生体機能代行装置学/血液浄化療法装置/安全管理
類似問題を見る

国-27-AM-79

血液浄化法の災害対策で誤っているのはどれか。

1. 患者には、透析を受けるために必要な情報を常に携帯するよう指導する。

2. 透析スタッフは、災害時には上級者に情報を集約し、その指示に従う。

3. 透析スタッフは災害時の通勤手段をあらかじめ用意しておく。

4. 災害が発生したら、透析施設に連絡せず患者個々の判断で対処してもらう。

5. 透折中に地震が発生したら、落下物から身を守り、揺れが収まるまで待つよう患者を教育する。

正答:4
分類:生体機能代行装置学/血液浄化療法装置/安全管理
類似問題を見る

国-26-PM-79

血液浄化装置の監視装置で誤っている組合せはどれか。

1. 漏血検知器 -------- 光透過

2. 気泡検知器 -------- 超音波

3. 濃度計 ------------- 浸透圧

4. 温度計 ------------- サーミスタ

5. 圧力計 ------------- ストレイングージ

正答:3
分類:生体機能代行装置学/血液浄化療法装置/安全管理
類似問題を見る

国-26-PM-78

血液透析監視装置が漏血を検出した際の対処法で誤っているのはどれか。

1. 膜の破損によるリークがないか調べる。

2. 透析液の流量が正しいか確認する。

3. 脱血不良が起きていないか確認する。

4. 漏血の検知器が正しく動作しているか調べる。

5. 目視で確認できない場合は試験紙で判断する。

正答:2
分類:生体機能代行装置学/血液浄化療法装置/安全管理
類似問題を見る

国-26-AM-79

血液透析で正しいのはどれか。

1. いかなる場合も抑制帯を用いて抜針事故を防ぐ。

2. 透析液温度が異常上昇すると溶血を起こす。

3. 誤穿刺をしても術者を交代せず責任を全うする。

4. 空気誤入時には患者を右側臥位とする。

5. 多人数用透析液供給装置では透析液濃度を連続監視する装置を1個以上備える。

正答:2
分類:生体機能代行装置学/血液浄化療法装置/安全管理
類似問題を見る

国-25-PM-79

血液浄化療法中に体内に空気が流入した際の対処法で誤っているのはどれか。

1. 酸素吸入を行う。

2. 血管拡張薬を注射する。

3. 血液ポンプを停止する。

4. 高気圧酸素治療を検討する。

5. 左側臥位にして頭を低くする。

正答:2
分類:生体機能代行装置学/血液浄化療法装置/安全管理
類似問題を見る

国-25-PM-78

透析装置(コンソール)の監視項目に含まれないのはどれか。

1. 気 泡

2. 除水量

3. 回路内圧

4. 溶解酸素量

5. 透析液温度

正答:4
分類:生体機能代行装置学/血液浄化療法装置/安全管理
類似問題を見る

国-25-AM-79

透析液について誤っているのはどれか。

1. カプラは定期的に消毒する。

2. 透析液ナトリウム濃度を上昇させると血圧が安定する。

3. 透析液に用いる原水は水道法による水質基準を満たす必要がある。

4. エンドトキシン捕捉フィルタは細菌も捕捉する。

5. 水処理装置は上流から逆浸透、活性炭吸着、硬水軟化装置の順である。

正答:5
分類:生体機能代行装置学/血液浄化療法装置/安全管理
類似問題を見る

国-24-PM-79

透析液管理で正しいのはどれか。(生体機能代行装置学)

a. 軟水化装置はクロラミンを除去する。

b. 2液混合型では原液を混合した後に希釈する。

c. 活性炭吸着装置は軟水化装置の上流に設置する。

d. 透析液温監視装置は高温による溶血を防止する。

e. エンドトキシンカットフィルタは複数箇所に設置する。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:生体機能代行装置学/血液浄化療法装置/安全管理
類似問題を見る

国-24-AM-79

抜針事故で誤っているのはどれか。(生体機能代行装置学)

1. 事故時には輸血の必要性を判断する。

2. 意識障害のある患者は全員拘束する。

3. 回路接続部の離脱防止のためルアーロックを採用する。

4. 引っ張りを軽減するため長い回路を採用する。

5. 原因として固定不良がある。

正答:2
分類:生体機能代行装置学/血液浄化療法装置/安全管理
類似問題を見る

国-23-PM-79

血液透析中の空気誤入について誤っているのはどれか。

1. 進入路は穿刺針と回路との接続部が多い。

2. 重篤な徴候としてショックがみられる。

3. 直ちに右側臥位をとらせる。

4. 直ちに静脈回路を遮断する。

5. 急性期を過ぎたら高圧酸素療法を検討する。

正答:3
分類:生体機能代行装置学/血液浄化療法装置/安全管理
類似問題を見る