このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-32-AM-87

生体の光学的特性について正しいのはどれか。

a. メラニンは可視光よりも紫外光をよく吸収する。

b. 紫外光は波長が長いほど皮膚深部に到達する。

c. 水は可視光よりも赤外光をよく吸収する。

d. 可視光は皮膚表面でほとんど反射する。

e. ヘモグロビンによる可視光の吸収は赤外光に比べ小さい。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:1
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の光特性
類似問題を見る

国-31-AM-88

太陽光線の生体への作用で正しいのはどれか。

a. UVAは真皮まで達する'。

b. DNAは紫外域での吸収が大きい。

c. 血液の散乱はヘマトクリット値により変化する。

d. 水での吸収は赤外光よりも可視光の方が大きい。

e. ピリルビンは可視光領域での吸収が小さい。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:1
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の光特性
類似問題を見る

国-29-AM-87

生体の光特性について誤っているのはどれか。

1. UV C は表皮での散乱と吸収が大きい。

2. UV B は真皮まで到達する。

3. UV A は紫外線の中で最も細胞への致死的作用が強い。

4. メラニンは可視光よりも紫外線の吸収が大きい。

5. ヘモグロビンは赤外線よりも可視光の吸収が大きい。

正答:3
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の光特性
類似問題を見る

国-28-PM-87

生体の光学特性について誤っているのはどれか。

a. 血液の光吸収はヘマトクリット値に依存する。

b. 皮膚に照射された UVc は真皮まで到達する。

c. ヘモグロビンは青色光よりも近赤外光をよく吸収する。

d. メラニンは可視光よりも紫外光をよく吸収する。

e. 水は可視光よりも赤外光をよく吸収する。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の光特性
類似問題を見る

国-27-AM-88

生体組織の光学特性について誤っているのはどれか。

1. 可視光は皮膚での散乱が大きい。

2. 血液の光散乱は大きい。

3. UVAは真皮まで到達する。

4. 水の赤外光の吸収は小さい。

5. 眼球内の可視光の吸収は小さい。

正答:4
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の光特性
類似問題を見る

国-26-PM-87

誤っている組合せはどれか。

1. 組織切開作用 -------------------- レーザー光の収束性

2. 止血作用 ------------------------ レーザー光の干渉性

3. 光解離作用 ---------------------- 光子エネルギー

4. 光音響・機械作用 ---------------- パルスレーザー

5. 光化学作用 --------------------- 光活性物質

正答:2
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の光特性
類似問題を見る

国-25-AM-88

誤っているのはどれか。

a. 紫外線は長い波長ほど皮膚深部に到達する。

b. 生体の高分子物質は紫外線をよく吸収する。

c. 可視領域では血液の光透過率はほぼ一定である。

d. ヘモグロビンは近赤外線をよく吸収する。

e. 遠赤外線の生体作用は熱的作用が主である。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の光特性
類似問題を見る

国-24-PM-87

正しい組合せはどれか。(生体物性材料工学)

a. 光受容 -------- ロドプシン

b. 色 覚 -------- 杆 体

c. 暗所視 ------- ケラチン

d. 紅 斑 ------- ビリルビン

e. 日焼け ------- メラニン

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の光特性
類似問題を見る

国-23-AM-86

皮膚の光反射に影響するのはどれか。

a. 水

b. メラニン

c. ヘモグロビン

d. ミオグロビン

e. ロドプシン

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:1
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の光特性
類似問題を見る

国-22-AM-86

光が生体組織に入射したときの現象で誤っているのはどれか。

1. 吸収によって光強度が減衰する。

2. 散乱によって光ビームが拡がる。

3. 反射によって透過光は減少する。

4. 屈折によって光の方向が変わる。

5. 光速は生体中では空気中より大きい

正答:5
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の光特性
類似問題を見る

国-20-PM-85

紫外線の皮膚への作用について誤っているのはどれか。(生体物性材料工学)

a. 短い波長ほど表皮による吸収が大きい。

b. UVcは真皮まで到達する。

c. 皮膚に紅斑を生じさせる主因はUVcである。

d. UVAによる皮膚の着色は照射後数時間以内に消滅する。

e. UVBによる皮膚の着色は照射後数ヶ月後で消滅する。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の光特性
類似問題を見る

国-18-PM-83

紫外線は長い波長から順にUVA、UVB、UVCと分類される。正しいのはどれか。(生体物性材料工学)

a. 最も皮膚深部に到達するのはUVCである。

b. 表皮による反射吸収が最も大きいのはUVBである。

c. 短時間で生じるメラニン色素の沈着はUVAの作用である。

d. 地表に届く紫外線のほとんどがUVAである。

e. 皮膚に紅斑を生じさせる主因はUVCである。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の光特性
類似問題を見る

国-16-PM-82

電磁波の波長とその領域との組合せで正しいのはどれか。

1. 10m ------------- マイクロ波領域

2. 10mm ------------ 赤外線領域

3. 1μm ------------ 可視光領域

4. 100nm ----------- 紫外線領域

5. 10nm ------------ ガンマ線領域

正答:4
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の光特性
類似問題を見る

国-15-PM-84

皮膚組織をよく透過する光の波長のおおよその値はどれか。

1. 200nm

2. 300nm

3. 500nm

4. 800nm

5. 3000nm

正答:4
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の光特性
類似問題を見る

国-14-PM-79

血中を1mm進むと強さが1/2になるレーザ光が4mm進むとき、強さはどの程度になるか。

1. $\frac{1}{2}$

2. $\frac{1}{4}$

3. $\frac{1}{8}$

4. $\frac{1}{16}$

5. $\frac{1}{32}$

正答:4
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の光特性
類似問題を見る

国-13-PM-79

誤っているのはどれか。

1. 紫外線(波長250nm)照射でDNA損傷が生じる。

2. 緑色光はヘモグロビンによく吸収される。

3. 波長10μmより波長1μmの赤外線の方が生体での透過率が大きい。

4. 赤外線の生体吸収の波長依存性は分子構造を反映する。

5. 体表から放射される赤外線のピーク波長は100μmである。

正答:5
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の光特性
類似問題を見る

国-12-PM-82

光を生体組織に入射したときの現象で誤っているのはどれか。

1. 吸収によって光強度が減衰する。

2. 散乱によって光ビームが拡がる。

3. 反射によって透過光は減少する。

4. 屈折によって光の方向が変わる。

5. 光速は生体中の方が空気中より高い。

正答:5
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の光特性
類似問題を見る

国-8-PM-85

皮膚組織を比較的よく透過する光の波長はどれか。

1. 約200nm

2. 約300nm

3. 約500nm

4. 約800nm

5. 約2000nm

正答:4
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の光特性
類似問題を見る

国-6-AM-87

正しいのはどれか。

a. 生体内では光散乱は少ない。

b. 生体内の光吸収は主にヘモグロビンと皮膚のメラニンによる。

c. 光電式脈波計により血行動態についての情報が得られる。

d. 光によるヘモグロビンの酸素飽和度測定には二種の波長が用いられる。

e. パルス光を用いたヘモグロビンの酸素飽和度測定装置をパルスオキシメータという。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の光特性
類似問題を見る