このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

ME_2-30-PM-20

炭酸ガスレーザ手術装置について誤っているのはどれか。

1. 主に凝固用として使う。

2. 多関節ミラーで導光する。

3. 波長は10.6μmである。

4. 組織深部には到達しない。

5. 出力光はガラスに吸収される。

ME_2-33-PM-17

炭酸ガスレーザ手術装置について正しいのはどれか。

1. 光ファイバで導光する。

2. 凝固専用である。

3. 波長10.6μmの赤外光を使用する。

4. 組織深部に到達する。

5. 出力光はガラスを透過する。

ME_2-36-PM-5

Er:YAGレーザ手術装置について正しいのはどれか。

1. 中空導波路で導光する。

2. 発振形態は連続波である。

3. 波長10.6μmの赤外光を使用する。

4. 1mm以上の組織深部までレーザ光が到達する。

5. 出力光はガラスを透過する。

国-21-AM-69

CO2レーザ手術装置について正しいのはどれか。

a. フラッシュランプ励起を用いている。

b. レーザ波長は10.6μmである。

c. レーザ光は水分に吸収される。

d. 多関節ミラーを使用したマニピュレータで伝送する。

e. 内径2mmの動脈からの出血を止められる。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:医用治療機器学/各種治療機器/光治療機器
類似問題を見る

国-14-AM-71

Nd:YAGレーザ手術装置について正しいのはどれか。

a. 非接触照射で鋭利な切開ができる。

b. 半導体レーザを使用している。

c. 発振波長は近赤外領域にある。

d. 石英ガラス光ファイバで伝送できる。

e. 生体組織へ照射した場合の発熱深さは0.1mm以内である。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:医用治療機器学/各種治療機器/光治療機器
類似問題を見る

ME_2-40-AM-57

CO2レーザ手術装置について正しいのはどれか。

1. 関節式マニピュレータは導光路に用いられる。

2. 発振波長は1.06μmである。

3. 組織表面でレーザ光の大部分が反射される。

4. ガイド光は不要である。

5. 液体レーザである。

国-13-AM-71

CO2レーザ手術装置について正しいのはどれか。

a. 固体レーザを用いている。

b. レーザ波長は10.6μmである。

c. レーザ光は水分に吸収される。

d. 金鏡を使用したマニピュレータで伝送する。

e. 内径2mmの動脈からの出血を止められる。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:医用治療機器学/各種治療機器/光治療機器
類似問題を見る

国-4-PM-65

炭酸ガス(CO2)レーザについて誤っているのはどれか。

a. 組織の表層で吸収されるので切開力が弱い。

b. 導光路としては多関節金属パイプ方式が使用される。

c. 波長は10.6μmである。

d. 光ファイバを利用した内視鏡として使用される。

e. 組織内での光散乱が強いので凝固、止血に使用される。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:医用治療機器学/各種治療機器/光治療機器
類似問題を見る

ME_2-38-PM-5

炭酸ガスレーザ手術装置について正しいのはどれか。

1. 石英ファイバで導光する。

2. 切開専用である。

3. 低出力の炭酸ガスレーザ光をガイド光として利用する。

4. 光熱作用を用いる。

5. フラッシュランプ励起により発振する。

国-25-PM-36

網膜光凝固装置で正しいのはどれか。

a. 近赤外レーザ光を用いて病変部位を熱凝固させる。

b. 使用するレーザ出力は10~100Wである。

c. 1回の照射時間は0.2~1.0秒である。

d. 眼底鏡と組み合わせて使用する。

e. 網膜細動脈瘤の治療に適用できる。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:医用治療機器学/各種治療機器/光治療機器
類似問題を見る

国-23-PM-36

超音波吸引手術装置について正しいのはどれか。

a. 50MHzの超音波振動を利用する。

b. 超音波エネルギーを集束させて切開する。

c. 先端は100~300μmの振幅で振動する。

d. 滅菌した生理食塩液を使用する。

e. 皮膚切開に多用する。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:医用治療機器学/各種治療機器/超音波治療機器
類似問題を見る

国-10-AM-71

尿路系結石破砕治療について誤っているのはどれか。

a. 超音波方式には25MHz程度の周波数が使われる。

b. 超音波方式のロッド先端は30~100μm振動する。

c. 電気水圧方式では水中放電を用いて圧力波を発生する。

d. レーザ方式では石英光ファイバーによって結石にレーザ光を導く。

e. レーザ方式ではパルスレーザよりも連続波レーザを使用する。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:医用治療機器学/各種治療機器/機械的治療機器
類似問題を見る

国-21-AM-73

超音波吸引手術器について正しいのはどれか。

a. 5MHzの超音波振動を利用する。

b. 骨切削に多用する。

c. 先端は100~300μmの振幅で振動する。

d. 使用時には滅菌した生理食塩液が必要である。

e. 切開時の出血を熱凝固によって止血する。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:医用治療機器学/各種治療機器/超音波治療機器
類似問題を見る

国-24-AM-37

網膜光凝固装置で誤っているのはどれか。(医用治療機器学)

1. 紫外線レーザ光が使用される。

2. 使用するレーザ出力は100~1000mW程度である。

3. レーザ光を網膜上で結像し目的部位を熱凝固させる。

4. スリットランプ顕微鏡と組み合わせて使用する。

5. 糖尿病性網膜症に適応可能である。

正答:1
分類:医用治療機器学/各種治療機器/光治療機器
類似問題を見る

国-22-PM-34

マイクロ波手術器で正しいのはどれか。

a. 用いられる電磁波の標準的波長は約1.2mである。

b. モノポーラ電極を利用する。

c. マイクロ波は電極まで同軸ケーブルで伝送する。

d. 切開より凝固に適している。

e. 対極板による電流の回収が必要である。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:医用治療機器学/各種治療機器/電磁気治療器
類似問題を見る

ME_2-30-AM-50

Nd:YAGレーザ治療装置について誤っているのはどれか。

1. レーザ媒質は固体結晶である。

2. 角膜切開手術に用いられる。

3. 凝固止血効果がある。

4. 石英ガラスファイバで伝送できる。

5. 励起にフラッシュランプを用いる。

国-26-PM-36

レーザー手術装置で正しいのはどれか。

a. CO2レーザーには石英ファイバーが使用される。

b. 半導体レーザーは疼痛治療に用いられる。

c. 歯科治療用に Er:YAG レーザーが用いられる。

d. Nd:YAG レーザーの波長は近赤外領域である。

e. 組織表面の凝固にはレンズの焦点を絞る。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:医用治療機器学/各種治療機器/光治療機器
類似問題を見る

国-8-AM-75

超音波破砕吸引器について正しいのはどれか。

a. 利用される超音波の周波数は25kHz程度である。

b. プローブ先端の振動振幅は100~300μm程度である。

c. 太い血管だけが選択的に凝固される。

d. 肺切除の手術に利用される。

e. プローブ先端の振動によって除去したい組織を乳化する。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:医用治療機器学/各種治療機器/超音波治療機器
類似問題を見る

国-19-AM-72

超音波吸引手術装置について正しいのはどれか。(医用治療機器学)

a. 周波数が20~30MHzの超音波が用いられる。

b. 先端チップを1~3μmの振幅で振動させ、組織を破砕する。

c. 破砕組織を生理食塩液とともに吸引する。

d. 電気メスより切開速度が遅い。

e. 皮膚の切開に適している。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:医用治療機器学/各種治療機器/超音波治療機器
類似問題を見る

国-5-AM-84

光による計測について正しいのはどれか。

a. 無侵襲計測に利用される。

b. 動脈血の酸素飽和度の計測に用いられる。

c. 脈波の計測に利用される。

d. 可視光は組織を透過しないので赤外光を用いる。

e. 患者監視には適さない。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:1
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/呼吸関連の計測
類似問題を見る