このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

ME_2-33-PM-4

超音波診断装置について誤っているのはどれか。

1. 超音波プローブの振動子は超音波の送受信を交互に行う。

2. 連続波ドプラ法によって弁狭窄前後の圧較差が算出できる。

3. Bモードの輝度変調は反射強度が強いほど明るく表示される。

4. Mモード表示はプローブを動かさずに送受信を行う。

5. 画像のフレームレートを高くするには走査線数を増す必要がある。

ME_2-39-AM-52

超音波ドプラ法について誤っているのはどれか。

1. パワードプラ法では血流の方向が判別できる。

2. パルスドプラ法では観察領域の深さによって計測できる最大流速が変化する。

3. 連続波ドプラ法では狭窄した弁の前後の圧較差を算出できる。

4. カラードプラ法では血流の方向を色で表現する。

5. ドプラ法では超音波ビームと血流のなす角度によって計測値が変化する。

国-17-AM-58

超音波ドプラ血液計について正しいのはどれか。

a. 連続波ドプラ法は距離分解能を有する。

b. パルスドプラ法は測定可能な速度に上限がある。

c. パルスドプラ法はサンプルボリューム内の速度成分を測定できる。

d. カラードプラ法は血流速度の2次元分布を測定できる。

e. カラードプラ法はエイリアシングが発生しない。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/循環関連の計測
類似問題を見る

ME_2-28-PM-20

超音波ドプラ血流計について誤っているのはどれか。

1. 血流の速度が計測できる。

2. 非侵襲的に計測ができる。

3. ビームと直交する血流は計測されない。

4. 25kHz程度の超音波を用いる。

5. 血球からの音響反射を利用する。

国-28-PM-28

トランジツトタイム型超音波血流計の特徴で正しいのはどれか。

a. ゼロ点補正が必要である。

b. 体表面からの測定が可能である。

c. . 伝搬速度を利用する。

d. 電気的に非干渉である。

e. 複数チャネルの同時計測が可能である。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/循環関連の計測
類似問題を見る

国-16-AM-60

超音波ドプラ法について正しいのはどれか。 

a. パルスドプラではパルス幅が短いと距離分解能は向上する。

b. 超音波ビームの入射角が0度に近いと血流方向の情報は得られない。

c. 連続波による血流計測では送受信用に一つの振動子が用いられる。

d. パルスドプラは高速血液の計測に適する。

e. パワードプラではエイリアシングが出現しない。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/循環関連の計測
類似問題を見る

国-20-AM-57

超音波ドプラ血流計について正しいのはどれか。(生体計測装置学)

a. パルスドプラ法はサンプルボリューム内の速度成分を測定できる。

b. パルスドプラ法には測定可能な速度に上限がある。

c. 連続波ドプラ法は距離分解能を有する。

d. カラードプラ法ではエイリアシングが発生しない。

e. カラードプラ法は血流速度の2次元分布を測定できる。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/循環関連の計測
類似問題を見る

国-30-AM-29

トランジットタイム型超音波血流計について正しいのはどれか。

a. ドプラ効果を利用する。

b. ゼロ点補正が不要である。

c. 体表面からの計測ができない。

d. 順・逆方向の伝播時間差を利用している。

e. 赤血球からの散乱波を利用する。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/循環関連の計測
類似問題を見る

国-15-AM-60

ドップラー診断装置について正しいのはどれか。

a. 連続波ドップラーではカラードップラー断層像を作ることができない。

b. 連続波ドップラーでは測定できる血流速度に上限がある。

c. パルス波ドップラーではエイリアシングが出現しない。

d. 計測できる深度はパルス繰り返し周期によって制限される。

e. カラードップラーでは血流の相対速度の分布を色で表示する。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:0
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/循環関連の計測
類似問題を見る

国-25-PM-30

超音波診断装置で誤っているのはどれか。

1. 超音波ビーム軸方向の2ヵ所を弁別する能力を距離分解能とい う。

2. Bモードは生体の断面をリアルタイムで観察するのに適している。

3. リニア走査方式は心臓の画像診断に適している。

4. 胎児心拍数の測定にはドプラ法が用いられる。

5. 腹部超音波診断に用いる周波数は3~5MHzである。

正答:3
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-22-AM-29

超音波ドプラ血流計について正しいのはどれか。

1. 血流がプローブに向かうと受信周波数は発信周波数より高くなる。

2. 連続波ドプラ法では特定部位の血流速を識別できる。

3. 周波数折り返し現象(エイリアシング)は血流速が小さいと起こる。

4. 最大計測深度はパルス繰り返し周波波数が高いほど深い。

5. パルスドプラ法では繰り返し周波数は5MHz以上である。

正答:1
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/循環関連の計測
類似問題を見る

国-29-AM-31

超音波ドプラ血流計について正しいのはどれか。

a. 血流がプローブに向かっているとき、受信周波数は送信周波数よりも低くなる。

b. 超音波ビームの照射方向が血流方向に対して垂直なとき、ドプラシフトは観測されない。

c. 周波数折り返し現象は血流速度が速いほど起こりやすい。

d. パルス繰り返し周波数は超音波の振動周波数の2 倍以上とする。

e. 最大計測深度はパルス繰り返し周波数が高いほど大きい。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/循環関連の計測
類似問題を見る

ME_2-35-AM-43

超音波診断について正しいのはどれか。

1. 心臓内腔の血流方向と速度は同時に表示できない。

2. 冠動脈の狭窄部位の断面は観察できない。

3. 弁口部の圧較差はパルスドプラ法で計測する。

4. 鮮明な画像を得るためにはできるだけ低い周波数の超音波を用いる。

5. 超音波造影剤としてマイクロバブルが使われる。

ME_2-31-AM-50

超音波診断装置で誤っているのはどれか。

1. 反射波の強さを明るさで表示するのがBモードである。

2. Mモードは動きのある臓器の計測に使用される。

3. 成人の心臓検査にはセクタプローブを使う。

4. カラードプラ法は連続波を用いる。

5. 連続波ドプラ法は弁膜症の診断に有用である。

ME_2-38-AM-50

頸動脈超音波検査で誤っているのはどれか。

1. 3.5MHzのリニアプローブを用いる。

2. 内頚動脈などの血管径の計測ができる。

3. 超音波ドプラ法では血流速度が得られる。

4. カラードプラ法では血流方向の検出ができる。

5. 組織ハーモニックイメージングは高調波を用いる。

国-32-PM-30

超音波診断装置について正しいのはどれか。

a. 狭窄部位の高血流速度の測定にはパルス波を用いる。

b. 心臓弁運動の定量にはMモードを用いる。

c. 組織性状の画像化には高調波が有用である。

d. 腹部の画像描出にはセクタ走査が適している。

e. Bモード画像描出には連続波を用いる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-13-AM-61

超音波ドップラー血流計について正しいのはどれか。

a. 血流方向がプローブに向かっているとき、受信周波数は発信周波数より低くなる。

b. 超音波ビームの照射方向が血流方向に対して垂直なとき、ドップラーシフトは観測されない。

c. 周波数折り返し現象は血流速度が速いほど起こりやすい。

d. パルス繰り返し周波数は10MHz以上である。

e. 最大計測深度はパルス繰り返し周波数が高いほど大きい。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/循環関連の計測
類似問題を見る

ME_2-31-PM-6

超音波画像診断装置で誤っているのはどれか。

1. プローブの振動子は超音波の送受信を交互に行う。

2. パルスドプラ法では断層像とドプラ情報を交互に採取している。

3. プローブの中心周波数が高いと距離分解能は向上する。

4. セクタスキャンでは振動子を駆動させる時間差を替えてビーム方向を変える。

5. 画像のフレーム数を多くするには1画面当たりの走査線数を増やす。

国-13-PM-50

超音波流量計について誤っているのはどれか。

a. 電気的干渉を受けやすい。

b. 計測原理に伝播時間差を利用するタイプがある。

c. 零点調整作業が不要である。

d. プローブと管壁との間に異物が入ると誤差の原因となる。

e. ホール素子を用いている。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/循環関連の計測
類似問題を見る

国-27-AM-31

超音波を用いた画像計測について正しいのはどれか。

1. リアルタイムでの撮影ができない。

2. 100 kHz~1MHzの周波数を使用する。

3. Bモードを使用して臓器の形状を撮影する。

4. 血流速の画像化にはAモードを使用する。

5. 臓器での音波の透過を撮影する。

正答:3
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る