このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-4-AM-87

エックス線CTについて正しいのはどれか。

a. 分解能の高い断層像を得ることができる。

b. 吸収係数の像を示すと考えてよい。

c. コンピュータ処理によって画像を得る方法である。

d. エックス線被曝はほとんどない。

e. 化学シフトの測定も可能である。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:1
分類:生体計測装置学/画像診断法/エックス線による画像計測
類似問題を見る

国-28-PM-30

MRI について正しいのはどれか。

a. 放射線被曝がない。

b. 軟組織の画像化には適さない。

c. . 体動に強い。

d. 酸素原子の空間分布を測定するo

e. 血流の情報が得られる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:生体計測装置学/画像診断法/核磁気共鳴画像計測
類似問題を見る

国-13-AM-60

MRIについて正しいのはどれか。

a. 骨のカルシウムを強く描出する。

b. 侵襲度の低い計測法である。

c. 傾斜磁場を利用している。

d. 脊椎の描写には適当でない。

e. RIを必要とする。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体計測装置学/画像診断法/核磁気共鳴画像計測
類似問題を見る

ME_2-36-PM-4

SPECTについて誤っているのはどれか。

1. X線CTに比べ空間分解能が高い。

2. RIからのγ線を検出する。

3. コンピュータで画像化する。

4. 3次元画像が得られる。

5. 放射線被曝がある。

国-10-AM-61

MRIについて正しいのはどれか。

a. 電子の持つスピンを利用した測定技術である。

b. 傾斜磁場により被写体の位置の情報を得る。

c. エックス線撮影と比較して軟部組織の病変を診断しやすい。

d. 緩和とはスピンの歳差運動の回転が遅くなることである。

e. 磁気シールドルームを必要としない。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体計測装置学/画像診断法/核磁気共鳴画像計測
類似問題を見る

国-23-PM-32

MRIについて正しいのはどれか。

a. 電子スピンの変化を利用している。

b. 静磁場が必要である。

c. 水素原子の分布を画像化している。

d. ラジオ波照射後の変化を画像化している

e. 共鳴周波数は条件によらず一定である。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:生体計測装置学/画像診断法/ラジオアイソトープによる画像計測
類似問題を見る

ME_2-39-PM-40

SPECT装置について正しいのはどれか。

1. 装置から放射線を照射する。

2. β線を遮蔽する必要がある。

3. 撮影に要する時間は1秒程度である。

4. 多数の断面の断層画像が得られる。

5. X線CTに比べて空間分解能が高い。

国-18-AM-61

MRIについて誤っているのはどれか。(生体計測装置学)

1. 静磁場の発生に超伝導滋石が用いられる。

2. 共鳴にはRF波を必要とする。

3. 水素原子の分布を画像化できる。

4. 血流分布を知ることができる。

5. 静磁場強度が変化しても共鳴周波数は一定である。

正答:5
分類:生体計測装置学/画像診断法/ラジオアイソトープによる画像計測
類似問題を見る

国-31-AM-32

超音波を用いた画像計測について誤っているのはどれか。

1. 動画の撮影が可能である。

2. Mモードは弁の動きを描画できる。

3. Aモードでは断層像が得られる。

4. コンベックス走査はリニア走査より深部視野が広い。

5. 血流の画像が得られる。

正答:3
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-22-AM-32

MRIについて正しいのはどれか。

a. 電子の持つスピンを利用した測定技術である。

b. 緩和とはスピンの歳差運動の回転が遅くなることである。

c. 磁気シールドルームを必要としない。

d. 傾斜磁場によって被写体の位置情報を得る。

e. エックス線撮影よりも軟部組織の描出に優れる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:生体計測装置学/画像診断法/ラジオアイソトープによる画像計測
類似問題を見る

国-25-AM-32

エックス線による画像計測で誤っているのはどれか。

1. 生体を透過したエックス線を計測して画像化が行われる。

2. 造影剤を使って血管を画像化できる。

3. 骨のエックス線吸収係数は水の約0.5倍である。

4. 空気のエックス線吸収係数はほぼゼロである。

5. 患者の体動はアーチファクトの原因となる。

正答:3
分類:生体計測装置学/画像診断法/エックス線による画像計測
類似問題を見る

ME_2-28-PM-23

MRI診断装置について誤っているのはどれか。

1. X線CTよりも検査時間が長い。

2. 血管像を得るためには造影剤が必要である。

3. 骨や空気による画像への影響がない。

4. X線CTよりも体動に弱い。

5. 検査前に補聴器をはずす。

ME_2-28-AM-48

水素原子の核磁気共鳴を利用して組織内の水分量の差などを画像化するのはどれか。

1. 超音波診断装置

2. X線CT

3. ガンマカメラ

4. MRI

5. PET

ME_2-35-PM-28

MRI検査について誤っているのはどれか。

1. 動きによるアーチファクトがある。

2. 金属によるアーチファクトがある。

3. 放射線被曝がある。

4. 心拍同期を行うことがある。

5. 身体にループ部分があると熱傷を起こすことがある。

国-4-AM-86

ディジタルラジオグラフィについて正しいのはどれか。

a. 鮮明な断層像を得ることができる。

b. イメージングプレートを使う方法がある。

c. 画像処理ができる。

d. エックス線TVの画像を用いる方法もある。

e. エックス線CTにも用いられている。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:生体計測装置学/画像診断法/エックス線による画像計測
類似問題を見る

国-19-AM-61

診断用MRIについて正しいのはどれか。(生体計測装置学)

1. 生体への放射線防護対策が必要である.

2. 生体組織に含まれている窒素原子の分布を画像化している。

3. 磁気共鳴現象を起こすためにマイクロ波を照射する。

4. 血管撮影には造影剤を必要とする。

5. 静磁場を発生させるために超伝導磁石が用いられている。

正答:5
分類:生体計測装置学/画像診断法/ラジオアイソトープによる画像計測
類似問題を見る

国-29-AM-32

MRI 検査について誤っているのはどれか。

1. 水素原子の空間分布を画像化する。

2. 軟部組織の画像化に適している。

3. 血流の測定が可能である。

4. 臓器の3 次元構造を画像化できる。

5. 動きのある臓器の撮影に適している。

正答:5
分類:生体計測装置学/画像診断法/核磁気共鳴画像計測
類似問題を見る

国-30-PM-31

X 線CT 画像について正しいのはどれか。

a. 臓器の3 次元構造が得られる。

b. 画像再構成法として逆投影法がある。

c. 血管の撮像が可能である。

d. X 線を双方向に照射する。

e. 空間分解能は1程度である。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:1
分類:生体計測装置学/画像診断法/エックス線による画像計測
類似問題を見る

国-16-AM-64

パルスオキシメータについて正しいのはどれか。

a. 無侵襲モニタリングが可能である。

b. 測定部位の厚みによる校正が必要である。

c. 動脈性の拍動はアーチファクトの原因となる。

d. 血液の光吸収特性を利用する。

e. 酸素飽和度が高いと赤色光の吸光度は低下する。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:生体計測装置学/生体の物理・化学現象の計測/循環関連の計測
類似問題を見る

国-32-AM-33

磁気共鳴画像(MRI)について正しいのはどれか。

a. 撮影には被曝を伴う。

b. 骨の撮像はできない。

c. 軟部組織の撮像に適している。

d. 動きのある臓器も撮像できる。

e. 血管の撮像が可能である。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:生体計測装置学/画像診断法/核磁気共鳴画像計測
類似問題を見る