このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-30-PM-10

周術期の感染管理について正しいのはどれか。

1. 手術部位は周辺部から中心部に向かって消毒する。

2. 手術部位の皮膚消毒には0.1 %ポビドンヨードを用いる。

3. 手術部位はカミソリで剃毛する。

4. 大腸の手術後には経口抗生物質を併用する。

5. MRSA の消毒薬感受性は高い。

正答:5
分類:臨床医学総論/外科学概論/患者管理
類似問題を見る

国-27-AM-12

ワルファリンの効果を弱めるのはどれか。

a. うなぎ

b. そ ば

c. 納 豆

d. ビタミンK剤

e. カリウム剤

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:臨床医学総論/外科学概論/患者管理
類似問題を見る

国-23-PM-23

全身麻酔下の低体温による周術期合併症で誤っているのはどれか。

1. 薬物代謝の遅延

2. 麻酔の覚醒遅延

3. 交感神経系の抑制

4. シバリング(ふるえ)の発生

5. 免疫機能の低下

正答:3
分類:臨床医学総論/外科学概論/患者管理
類似問題を見る

国-23-AM-21

手術部位感染のリスク因子はどれか。

a. 小 児

b. 高血圧

c. 糖尿病

d. 手術時間

e. 低体温

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:臨床医学総論/外科学概論/患者管理
類似問題を見る