このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-25-AM-10

ポビドンヨードについて誤っているのはどれか。

a. 皮膚縫合前の創内洗浄は創治癒を高める。

b. 粘膜の消毒に禁忌である。

c. 関節注射時の皮膚消毒に有効である。

d. ヨードアレルギーを起こす可能性がある。

e. 金属腐食性が強い。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:1
分類:臨床医学総論/外科学概論/消毒、滅菌
類似問題を見る

国-23-PM-22

粘膜の消毒に用いるのはどれか。

a. グルコン酸クロルヘキシジン

b. エタノール

c. フェノール

d. 塩化ベンザルコニウム

e. ポビドンヨード

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:臨床医学総論/外科学概論/消毒、滅菌
類似問題を見る

国-22-PM-10

速乾性エタノール手指消毒で正しいのはどれか。

1. 事前の手指洗浄は必要ない。

2. 1回1mlを使用する。

3. 手荒れの予防には皮膚に擦り込まない。

4. 消毒後タオルで十分に薬液を拭きとる。

5. 有芽胞菌は殺菌されない。

正答:5
分類:臨床医学総論/外科学概論/消毒、滅菌
類似問題を見る

国-22-AM-22

滅菌法で正しいのはどれか。

a. 高圧蒸気滅菌はプラスチック製品の滅菌に適している。

b. ガス滅菌で用いる酸化エチレンガスは人体に無害である。

c. 放射線滅菌は行われない。

d. ガスプラズマ滅菌では過酸化水素が用いられる。

e. 濾過滅菌は注射用水の製造に用いられる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:臨床医学総論/外科学概論/消毒、滅菌
類似問題を見る

国-22-AM-21

手術後感染の予防で正しいのはどれか。

a. 手術の妨げにならなければ除毛処置は行わない

b. 術中は低体温で管理する。

c. 手術創面への消毒薬の使用は有用である。

d. 長時間の手術は感染のリスクを高める。

e. 術前の栄養管理は有用である。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:臨床医学総論/外科学概論/消毒、滅菌
類似問題を見る

国-21-AM-45

消毒について正しいのはどれか。

a. MRSAにはポピドンヨードは無効である。

b. 病原体プリオンには3%ドデシル硫酸ナトリウムを用いる。

c. B型肝炎ウィルスにはグルタールアルデヒドを用いる。

d. インフルエンサウィルスには病室の消毒は必要ない。

e. O - 157にはアルコールは無効である。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:臨床医学総論/外科学概論/消毒、滅菌
類似問題を見る

国-20-AM-48

感染とその対策について誤っているのはどれか。(滅菌・消毒学)

1. 手指を介した接触感染が院内感染経路として最も多い。

2. 血液汚染物に接触した場合は手袋を装着していても手指消毒が必要である。

3. 手指に目に見える汚染がある場合は石けんと流水による手洗いを行う。

4. 1回の診察行為に対し1回の手洗いが原則である。

5. 使用済み注射針はリキヤップをして捨てる。

正答:5
分類:臨床医学総論/外科学概論/消毒、滅菌
類似問題を見る

国-20-AM-30

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)に有効な消毒薬はどれか。(滅菌・消毒学)

a. グルタールアルデヒド

b. 塩化ベンザルコニウム

c. クロルヘキシジン

d. 次亜塩素酸ナトリウム

e. ポビドンヨード

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:臨床医学総論/外科学概論/消毒、滅菌
類似問題を見る

国-19-AM-47

最も強力な消毒薬はどれか。(滅菌・消毒学)

1. ポビドンヨード

2. 消毒用アルコール

3. クロルヘキシジン

4. グルタールアルデヒド

5. 塩化ベンザルコニウム

正答:4
分類:臨床医学総論/外科学概論/消毒、滅菌
類似問題を見る

国-19-AM-45

院内感染のスタンダードプレコーション(標準予防策)に含まれる項目はどれか。(滅菌・消毒学)

a. 防護用具の使用

b. 抗生物質の使用

c. 医療器具の再使用

d. 血液媒介病原体対策

e. 患者配置

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:臨床医学総論/外科学概論/消毒、滅菌
類似問題を見る

国-18-PM-90

正しいのはどれか。(滅菌消毒学)

a. 呼吸回路の滅菌にオートクレープを用いる。

b. エチレンオキサイドガス滅菌は短時間で完了する。

c. 手術用手洗い水の消毒に紫外線を用いる。

d. 放射線滅菌ではガンマ線を用いる。

e. 消毒用エタノールは細菌芽胞に有効である。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:臨床医学総論/外科学概論/消毒、滅菌
類似問題を見る

国-18-AM-49

滅菌法とその対象物との組合せで正しいのはどれか。(滅菌消毒学)

a. 乾 熱 プラスチック

b. 高圧蒸気 金属

c. エチレンオキサイドガス 内視鏡

d. 放射線 ゴム

e. 過酸化水素水低温プラズマ リネン

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:臨床医学総論/外科学概論/消毒、滅菌
類似問題を見る

国-18-AM-48

C型肝炎ウイルスに有効な消毒薬はどれか。(滅菌消毒学)

a. 消毒用エタノール

b. クロルヘキシジン

c. 次亜塩素酸ナトリウム

d. グルタールアルデヒド

e. フェノール

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:臨床医学総論/外科学概論/消毒、滅菌
類似問題を見る

国-18-AM-46

院内感染のスタンダードプレコーション(標準予防策)に含まれないのはどれか。(滅菌消毒学)

1. 手 袋

2. シューズカバー

3. マスク

4. ゴーダル

5. ガウン

正答:2
分類:臨床医学総論/外科学概論/消毒、滅菌
類似問題を見る

国-15-AM-46

次亜塩素酸ナトリウムについて正しいのはどれか。

a. 金属機器に有用である。

b. 自然の状態で分解しにくい。

c. 各種ウイルスを不活化できる。

d. 耐性菌ができない。

e. 安価である。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:臨床医学総論/外科学概論/消毒、滅菌
類似問題を見る

国-12-AM-45

誤っているのはどれか。

1. グルタールアルデヒドはB型肝炎ウイルスに無効である。

2. グルタールアルデヒドはファイバースコープの消毒に用いられる。

3. クレゾール石けん液は結核菌に有効である。

4. ホルマリンは腹腔鏡の消毒に用いられる。

5. エチレンオキサイドガス(EOG)はプラスチック製器具の滅菌に用いられる。

正答:1
分類:臨床医学総論/外科学概論/消毒、滅菌
類似問題を見る

国-10-AM-38

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の不活化に無効な消毒薬はどれか。

1. 消毒用エタノール

2. イソプロピルアルコール

3. ヨードホルム

4. グルタールアルデヒド

5. 次亜塩素酸ナトリウム液

正答:3
分類:臨床医学総論/外科学概論/消毒、滅菌
類似問題を見る

国-9-AM-21

滅菌・消毒法について正しいのはどれか。

1. 結核菌汚染物には逆性石けんが有効である。

2. MRSA汚染物にはエチレンオキサイドガス(EOG)滅菌は無効である。

3. C型肝炎ウィルス汚染物には次亜塩素酸ナトリウム液が有効である。

4. B型肝炎ウィルスには煮沸消毒は無効である。

5. ヒト免疫不全ウィルス(HIV)には煮沸消毒は無効である。

正答:3
分類:臨床医学総論/外科学概論/消毒、滅菌
類似問題を見る

国-2-AM-47

滅菌、消毒について正しいのはどれか。

a. ホルムアルデヒドはフレオンで中和される。

b. イソプロピルアルコールに消毒作用はない。

c. 次亜塩素酸ソーダはB型肝炎ウイルスの消毒に有効である。

d. クロールヘキシジンは手術野の消毒に有効である。

e. エチレンオキサイドは炭酸ガスが存在すると効力を失う。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:臨床医学総論/外科学概論/消毒、滅菌
類似問題を見る