このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-32-PM-30

超音波診断装置について正しいのはどれか。

a. 狭窄部位の高血流速度の測定にはパルス波を用いる。

b. 心臓弁運動の定量にはMモードを用いる。

c. 組織性状の画像化には高調波が有用である。

d. 腹部の画像描出にはセクタ走査が適している。

e. Bモード画像描出には連続波を用いる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-32-AM-32

超音波を用いた医用画像計測で描出の最も困難な臓器はどれか。

1. 心 臓

2. 乳 腺

3. 小 腸

4. 肝 臓

5. 腎 臓

正答:3
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-31-AM-32

超音波を用いた画像計測について誤っているのはどれか。

1. 動画の撮影が可能である。

2. Mモードは弁の動きを描画できる。

3. Aモードでは断層像が得られる。

4. コンベックス走査はリニア走査より深部視野が広い。

5. 血流の画像が得られる。

正答:3
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-30-AM-31

X線CT検査と比較して超音波検査の利点で正しいのはどれか。

a. 画質がよい。

b. 視野が広い。

c. 肺内病変の評価に向いている。

d. 実時間画像が得られる。

e. 携帯性に優れている。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-29-PM-30

超音波診断装置について正しいのはどれか。

a. 被曝に伴う侵襲性がある。

b. 全身撮影が可能である。

c. 心室の壁厚を測定できる。

d. 血管内の画像が得られる。

e. 実時間の撮影が可能である。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:5
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-28-AM-32

超音波画像計測について正しいのはどれか。

1. 生体軟部組織での音速は約km/sである。

2. 軟組織よりも硬組織の方が音速は速い。

3. 動きのある臓器の撮影には不適である。

4. 約kHzの音波を使用する。

5. ドプラ法で臓器の形状が得られる。

正答:2
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-27-AM-31

超音波を用いた画像計測について正しいのはどれか。

1. リアルタイムでの撮影ができない。

2. 100 kHz~1MHzの周波数を使用する。

3. Bモードを使用して臓器の形状を撮影する。

4. 血流速の画像化にはAモードを使用する。

5. 臓器での音波の透過を撮影する。

正答:3
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-26-PM-31

超音波画像計測について正しいのはどれか。

1. 生体軟部組織での音速は約km/sである。

2. 軟部組織よりも硬組織の方が音速は速い。

3. 動きのある臓器の撮影には不適である。

4. 約kHzの音波を使用する。

5. ドプラ撮影では臓器の形状が得られる。

正答:2
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-25-PM-30

超音波診断装置で誤っているのはどれか。

1. 超音波ビーム軸方向の2ヵ所を弁別する能力を距離分解能とい う。

2. Bモードは生体の断面をリアルタイムで観察するのに適している。

3. リニア走査方式は心臓の画像診断に適している。

4. 胎児心拍数の測定にはドプラ法が用いられる。

5. 腹部超音波診断に用いる周波数は3~5MHzである。

正答:3
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-24-PM-30

超音波診断装置で誤っているのはどれか。(生体計測装置学)

1. 超音波断層像は反射エコーの時間差を利用して描出する。

2. 超音波の周波数が高いほど距離分解能が良い。

3. 超音波の周波数が低いほど体内での減衰が大きい。

4. 組織中の音響インピーダンスの異なる界面からの反射を利用している。

5. 超音波のビーム幅が狭いほど方位分解能が高くなる。

正答:3
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-21-AM-61

超音波画像診断について誤っているのはどれか。

a. Bモード画像は反射波の強さを画像化する。

b. 経皮的な心臓の検査には35MHzの超音波が使用される。

c. 距離分解能は振動子の数に比例している。

d. 振動子は送受信兼用である。

e. カラードプラ法では自己相関法が用いられる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-20-AM-61

超音波の性質として正しいのはどれか。(生体計測装置学)

1. 骨の固有音響インピーダンスは筋肉より小さい。

2. 脂訪中での音速は筋肉中より大きい。

3. 気体中での減衰は脂肪中より小さい。

4. 組織中での減衰は高周波ほど大きい。

5. 血球からの反射は骨からの反射より大きい。

正答:4
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-19-AM-62

超音波画像計測法について正しいのはどれか。(生体計測装置学)

1. 音速が同じ2つの組織の境界面では超音波の反射は生じない。

2. 音速が遅い組織は実際より薄く表示される.

3. Bモードは超音波ビームを走査しない測定法である。

4. 電子スキャンは焦点距離を電子的に変えられる。

5. カラードプラ法では血流速度の角度依存性がない。

正答:4
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-18-AM-59

超音波計測について誤っているのはどれか。(生体計測装置学)

1. 超音波の屈折は音速の異なる生体組織の境界で生じる。

2. 超音波の反射は音響インピーダンスの異なる生体組織の境界で生じる。

3. 生体組織による超音波の減衰は周波数が高くなるほど大きい。

4. 筋肉での超音波の減衰は水と同程度である。

5. 筋肉での音速は水と同程度である。

正答:4
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-15-AM-62

超音波診断について正しいのはどれか。

1. 電子セクタ法は単一の振動子で実現できる。

2. 超音波ゼリーの音響インピーダンスは空気と同程度である。

3. エコー断層法の分解能は用いる波長の程度である。

4. ドップラー法では50MHz以上の振動数を用いる。

5. 超音波ビームを肋間から入射することによって心臓を観察できる。

正答:5
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-14-AM-61

超音波診断について正しいのはどれか。

a. 肺表面では超音波の大部分が反射される。

b. 超音波造影剤は血管壁との音響インピーダンスの差によって造影効果を得る。

c. 音響インピーダンスは骨より筋肉の方が大きい。

d. 20~100kHzの超音波が用いられる。

e. 周波数が高いほど生体内での減衰が大きい。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-12-AM-60

超音波診断装置について正しいのはどれか。

a. ドップラー血流計では超音波ビームを血流方向と直交させる。

b. 生体組織に発生したキャビテーションを画像化する。

c. ダイナミックフォーカスは機械的走査の一種である。

d. 空間分解能には距離分解能と方位分解能とがある。

e. 骨の背後にある組織は観測できない。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-12-AM-59

超音波診断について正しいのはどれか。

a. 肺表面では超音波の大部分が反射される。

b. 超音波造影剤は血液との音響インピーダンスの差によって造影効果を得る。

c. 胎児診断には禁忌である。

d. 音響インピーダンスは骨より筋肉の方が大きい。

e. 周波数が高いほど生体内での減衰が大きい。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-11-AM-58

超音波診断装置について正しいのはどれか。

a. 方位分解能は周波数に比例する。

b. 周波数が3MHzのとき距離分解能は約0.5mmとなる。

c. ディジタル・スキャンコンバータはエコー信号をビデオ信号に変換する。

d. 断層心エコーの走査機構にはメカニカルセクタと電子セクタとがある。

e. 電子集束により距離分解能を向上することができる。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:4
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る

国-10-AM-60

超音波診断装置について正しいのはどれか。

a. 超音波探触子には圧電素子が用いられる。

b. 生体組織中の音速は空気中よりも遅い。

c. 超音波探触子の距離分解能は周波数が低いほど向上する。

d. 超音波探触子の方位分解能は口径が大きいほど向上する。

e. STC(SDC)のツマミは体表面からの距離に応じて部位ごとに輝度を調節する。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:生体計測装置学/画像診断法/超音波画像計測
類似問題を見る