このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-32-PM-72

人工心肺中の血液希釈について正しいのはどれか。

a. 充填量の大きい人工心肺ほど希釈率は高くなる。

b. 小児では成人に比して希釈率は低くなる。

c. 希釈限界はヘマトクリット10%である。

d. 希釈率が高いほど酸素運搬能は高まる。

e. 希釈率が高いほど末梢循環抵抗が減少する。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環の病態生理
類似問題を見る

国-32-PM-71

人工心肺中の血液への影響について正しいのはどれか。

a. 送血ポンプは溶血の原因になる。

b. T細胞やNK細胞の活性が低下する。

c. 顆粒球は人工心肺開始直後から一過性に増加する。

d. 血小板は70~80%減少する。

e. 溶血によりハプトグロピンが増加する。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:1
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環の病態生理
類似問題を見る

国-32-AM-71

ヘモグロビンの酸素解離曲線について正しいのはどれか。

1. 酸素含量と酸素分圧の関係を表した曲線である。

2. アシドーシスにより右方移動する。

3. 低体温により右方移動する。

4. 低二酸化炭素血症により右方移動する。

5. 2,3-DPGの低下により右方移動する。

正答:2
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環の病態生理
類似問題を見る

国-32-AM-70

カリウムについて正しいのはどれか。

a. 人工心肺中は高カリウム血症になる。

b. インスリンはカリウムを細胞内に移動させる。

c. 低カリウム血症では不整脈が出やすくなる。

d. 心筋保護時の心停止には低カリウム液を用いる。

e. 溶血すると低カリウム血症になる。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環の病態生理
類似問題を見る

国-31-PM-72

慢性腎不全による維持透析患者における人工心肺管理で正しいのはどれか。

1. 無輸血体外循環が容易で ある。

2. 血清カリウム値は高めになるよう補正する。

3. 灌流圧は高めになる場合が多い。

4. 利尿薬を大量に用い自尿の確保に努める。

5. 術中透析施行中はその流量分だけ灌流量を増やす。

正答:3
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環の病態生理
類似問題を見る

国-31-PM-71

人工心肺を用いた開心術中の抗凝固対策で正しいのはどれか。

1. 抗血小板薬投与例ではヘパリン投与量を減量する。

2. ワルファリン投与例ではヘパリン投与量を減量する。

3. アンチトロンビンIII欠損症ではヘパリン投与量を減量する。

4. ACTが600秒以上に延長した場合にはプロタミンを投与する。

5. ヘパリンコーティング回路を用いる場合もACTは400秒以上を保つ。

正答:5
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環の病態生理
類似問題を見る

国-31-PM-70

人工心肺を用いた体外循環中に血中濃度が低下するのはどれか。

1. 血 糖

2. レニン

3. アドレナリン

4. サイトカイン

5. カルシウム

正答:5
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環の病態生理
類似問題を見る

国-31-AM-70

人工心肺を用いた体外循環中の血中電解質について正しいのはどれか。

a. インスリン使用時には低カリウムになりやすい。

b. 低体温時には高カリウムになりやすい。

c. アルカローシス時には高カリウムになりやすい。

d. 保存血を使用すると低カルシウムになりやすい。

e. 低ナトリウムになりやすい。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環の病態生理
類似問題を見る

国-30-PM-71

人工心肺使用時に血中カリウム濃度の上昇につながるのはどれか。

a. 赤血球液充填

b. カルシウム投与

c. インスリン投与

d. フロセミド投与

e. 代謝性アシドーシス

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環の病態生理
類似問題を見る

国-30-AM-71

ヘモグロビン酸素解離曲線で誤っているのはどれか。

1. 低体温では解離曲線は左方偏位する。

2. 高体温では同じ酸素分圧でも酸素飽和度が低下する。

3. 2,3-DPG の増加は解離曲線を右方偏位させる。

4. 二酸化炭素分圧が増加すると解離曲線は左方偏位する。

5. アシドーシスでは解離曲線は右方偏位する。

正答:4
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環の病態生理
類似問題を見る

国-30-AM-70

低体温体外循環の影響で正しいのはどれか。

a. 末梢血管抵抗低下

b. 酸素消費量低下

c. カテコラミン活性低下

d. 血液凝固能亢進

e. 血液粘稠度低下

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環の病態生理
類似問題を見る

国-29-PM-71

人工心肺離脱に向けて行うべきもので誤っているのはどれか。

1. 復 温

2. 換気再開

3. プロタミン投与

4. 電解質補正

5. 心腔内空気抜き

正答:3
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環の病態生理
類似問題を見る

国-29-AM-71

人工心肺による体外循環中の変化として正しいのはどれか。

a. 血中カルシウム濃度の低下

b. 血中ナトリウム濃度の上昇

c. インスリン分泌の増加

d. 炎症性サイトカインの放出

e. 血中バソプレシン濃度の上昇

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環の病態生理
類似問題を見る

国-28-PM-71

体外循環における血液希釈の目的として正しいのはどれか。

a. 血液粘性の増加

b. 酸素運搬能の増加

c. 輸血量の減少

d. 溶血の軽減

e. 膠質浸透圧の上昇

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環の病態生理
類似問題を見る

国-28-PM-70

人工心肺による体外循環中に血中濃度が低下するのはどれか。

a. ナトリウム

b. カリウム

c. アドレナリン

d. グルコース

e. サイトカイン

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:1
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環の病態生理
類似問題を見る

国-28-AM-72

遠心ポンプの操作で正しいのはどれか。

a. 離脱前の低流量時には回転数による流量制御が困難である。

b. 誤って空気を体内に送り込むことはない。

c. 人工心肺運転中の送血回路の遮断は禁忌である。

d. 冷却時に流量を維持するには回転数をあげる必要がある。

e. 人工心肺停止時には送血回路を釦子で遮断し血液逆流を防ぐ。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:3
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環の病態生理
類似問題を見る

国-28-AM-71

ヘモグロビンの酸素解離曲線について正しいのはどれか。

1. 酸素含量と酸素分圧の関係を表した曲線である。

2. アシドーシスにより右方移動する。

3. 低体温により右方移動する。

4. 低二酸化炭素血症により右方移動する。

5. 3-DPGの低下により右方移動する。

正答:2
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環の病態生理
類似問題を見る

国-27-PM-71

人工心肺による体外循環中の操作で心筋酸素消費量を増加させるのはどれか。

1. IABPの併用

2. 細動心の除細動

3. アドレナリンの投与

4. 左心腔内血液の吸引(ベンティンブ)

5. 部分体外循環から完全体外循環への移行

正答:3
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環の病態生理
類似問題を見る

国-27-PM-70

人工心肺による体外循環中の混合静脈血酸素飽和度(Svo2)について誤っているのはどれか。

1. 肺動脈カテーテルで測定できる。

2. 過度の血液希釈によって低下する。

3. 50%は酸素供給不足を意味する。

4. 80%は低心拍出量状態を意味する。

5. 人工心肺中の冷却時には上昇する。

正答:4
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環の病態生理
類似問題を見る

国-27-AM-71

人工心肺による体外循環中の変化について正しいのはどれか。

1. 血糖値は低下する。

2. 血中カリウム値は上昇する。

3. 血中レニン活性は低下する。

4. 血中アドレナリン値は上昇する。

5. 血中インターロイキン-6値は低下する。

正答:4
分類:生体機能代行装置学/体外循環装置/体外循環の病態生理
類似問題を見る