このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-29-PM-87

生体と磁気について正しいのはどれか。

a. 生体の比透磁率は約10 である。

b. 脳磁図は脳活動に伴うヘモグロビンの磁性の変化を示す。

c. 心筋の活動で生じる磁界は都市の磁気雑音よりも大きい。

d. MRIでは生体内の水素原子核を電磁波で共鳴させている。

e. 交流磁界は生体内に渦電流を発生する。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:5
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の磁気的特性
類似問題を見る

国-22-PM-85

生体磁気計測について正しいのはどれか。

a. 心臓から発生する磁界の強さは10-11~10-10Tである。

b. 脳から発生する磁界の強さは10-13T程度である。

c. 肺内に蓄積された磁性微粉体による磁界の強さは10-8~10-7Tである。

d. ホール素子の磁気センシング感度は10-20T程度である。

e. SQUIDの磁気センシング感度は10-14T程度である。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の磁気的特性
類似問題を見る

国-20-PM-84

生体表面で最も吸収されやすい電磁波の周波数はどれか。(生体物性材料工学)

1. 20Hz

2. 2 kHz

3. 200 kHz

4. 20MHz

5. 2 GHz

正答:5
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の磁気的特性
類似問題を見る

国-19-PM-81

誤っているのはどれか。(生体物性材料工学)

1. 脳の活動で生じる磁界の強さは10-13~10-12Tである。

2. 筋の活動で生じる磁界の強さは10-12~10-11Tである。

3. 鉄工関係の労働者の肺内に蓄積された磁性微粉体で発生する磁界の強さは10-9~10-8Tである。

4. 心臓の活動で生じる磁界の強さは10-8~10-7Tである。

5. 地磁気の強さ10-5Tである。

正答:4
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の磁気的特性
類似問題を見る

国-8-PM-81

生体磁気計測について正しいのはどれか。

a. 心臓から発生する磁界の強さは$10^{-11}$~$10^{-10}$T(テスラ)である。

b. 脳から発生する磁界の強さは$10^{-13}$T程度である。

c. 肺内に蓄積された磁性微粉体による磁界の強さは$10^{-16}$~$10^{-15}$Tである。

d. ホール素子の磁気センシング感度は$10^{-20}$T程度である。

e. SQUDの磁気センシング感度は$10^{-14}$T程度である。

1. a b c 2. a b e 3. a d e 4. b c d 5. c d e

正答:2
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の磁気的特性
類似問題を見る