このサイトについて

MgKCaでは、臨床工学技士国家試験の問題をブラウザから解答することが出来ます。解答した結果は保存され、好きなタイミングで復習ができます。さらに、あなたの解答状況から次回出題する問題が自動的に選択され、効率の良い学習をサポートします。詳しく

国-32-AM-85

生体の電気特性について誤っている組合せはどれか。

1. α分散 ――――― イオンの移動

2. β分散 ――――― 水分子の緩和現象

3. 能動性 ――――― 細胞の電気的興奮

4. 異方性 ――――― 組織の配列方向

5. 静止電位 ―――― 細胞内外のイオン濃度差

正答:2
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

国-31-PM-85

生体の電気特性について誤っているのはどれか。

1. 骨格筋は大きな電気的異方性を示す。

2. 血液の導電率は肝臓の導電率よりも高い。

3. 周波数の増加とともに導電率は低下する。

4. 細胞膜の電気容量は1cm2あたり1μF程度である。

5. 周波数が高い電流ほど電気的感受性が低下する。

正答:3
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

国-31-AM-85

興奮性細胞の電気的特性で誤っている組合せはどれか。

1. 再分極相 不応期

2. 細胞膜 静電容量

3. 静止電位 -90~-50mV

4. オーバーシュート 0~40mV

5. 無髄神経 跳躍伝導

正答:5
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

国-29-PM-85

生体の電気特性について誤っているのはどれか。

1. 低周波では誘電率が大きい。

2. 骨格筋は異方性が大きい。

3. 細胞膜は大きな電気容量をもつ。

4. α分散はイオンの集散に起因する。

5. β分散は約GHzで生じる。

正答:5
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

国-28-AM-85

生体の電気特性について正しいのはどれか。

a. α分散は水分子の分極に起因する。

b. β分散は組織の構造に起因する。

c. 脂肪の導電率は筋肉よりも低い。

d. 骨格筋の異方性は弱い。

e. 有髄神経の髄鞘は高い導電性を示す。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:3
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

国-27-AM-85

生体の電気特性で誤っているのはどれか。

a. 神経細胞の活動電位の持続時間は約1秒である。

b. 静止電位は細胞内外のイオン濃度差に起因する。

c. 脱分極では細胞内の電位が正方向に変化する。

d. β分散は組織の構造に起因する。

e. γ分散はイオンの集散に起因する。

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:2
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

国-26-PM-85

生体組織が示す一般的な物理的特性で誤っているのはどれか。

1. 温度依存性

2. 非線形性

3. 周波数依存性

4. 強磁性

5. 粘弾性

正答:4
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

国-26-AM-85

生体の電気的特性で誤っているのはどれか。

1. 活動電位の発生は生体の能動特性である。

2. 組織によっては異方性を示す。

3. 低周波では導電率が大きい。

4. 高周波では誘電率が小さい。

5. β分散は細胞膜と細胞質との構造に起因する。

正答:3
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

国-25-AM-85

神経細胞で誤っているのはどれか。

1. 樹状突起は情報伝達の入力部分である。

2. 軸索は情報伝達の出力部分である。

3. 不応期がある。

4. 膜が露出している部分を髄鞘という。

5. ランヴィエの絞輪があることで興奮伝搬速度が向上する。

正答:4
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

国-24-AM-85

クロナキシーはどれか。(生体物性材料工学)

1. 電流値と通電時間との積

2. 神経興奮に必要な通電エネルギー

3. 単位時間当たりの通電エネルギー

4. 基電流を流したときに興奮に至る最短通電時間

5. 基電流の2倍の電流を流したときに興奮に至る最短通電時間

正答:5
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

国-23-PM-85

生体組織の電気特性で正しい組合せはどれか。

a. α分散 ---------- 数十kHz

b. β分散 ---------- イオン

c. β分散 ---------- 数MHz

d. γ分散 ---------- 水分子

e. γ分散 ---------- 数十MHz

1. a b 2. a e 3. b c 4. c d 5. d e

正答:4
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

国-23-AM-85

導電率の大きさの関係で正しいのはどれか。

1. 脂 肪 < 骨格筋 < 血 液

2. 脂 肪 < 血 液 < 骨格筋

3. 血 液 < 骨格筋 < 脂 肪

4. 肝 臓 < 脂 肪 < 血 液

5. 骨格筋 < 肝 臓 < 脂 肪

正答:1
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

国-22-AM-85

生体の電気的特性で誤っている組合せはどれか。

1. 細胞膜 ---------------------- 静電容量

2. 無髄神経 -------------------- 跳躍伝導

3. 静止電位 -------------------- -90~-50mV

4. オーバーシュート -------------- 0~40mV

5. 再分極相 -------------------- 不応期

正答:2
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

国-21-PM-86

正しいのはどれか。

1. molとは浸透圧を表す単位である。

2. pHとは水素イオン濃度の逆数の常用対数である。

3. 一般に温度が高いほど化学反応速度が遅い。

4. 酸化とは電子を受け取る事である。

5. 還元とは酸素と結合することである。

正答:2
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

国-21-PM-84

導電率の最も低いのはどれか。

1. 血液

2. 肝臓

3. 腎臓

4. 骨格筋

5. 脂肪

正答:5
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

国-21-PM-83

生体の電気的特性で誤っているのはどれか。

1. 低周波では誘電率が非常に大きい。

2. 電気定数が周波数に依存して変化することを周波数分散という。

3. α分散は約20GHzで観察される。

4. β分散は構造分散ともよばれる。

5. γ分散は水分子の誘電分散によって生じる。

正答:3
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

国-20-PM-83

興奮性細胞の電気特性について誤っているのはどれか。(生体物性材料工学)

1. 細胞内液はNa+を多く含む。

2. 細胞外液はCl-を多く含む。

3. 静止電位は-50~-90mVである。

4. オーバーシュートは0~40mVである。

5. 過分極状態では興奮性が低下する。

正答:1
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

国-19-PM-80

生体組織の受動的な電気特性で誤っているのはどれか。(生体物性材料工学)

1. 細胞内外液中のイオンが関係している。

2. 組織によって異なった値を示す。

3. 分散特性がある。

4. 薄い細胞膜は細胞が大きな静電容量をもつ主因である。

5. 周波数の増加に従い導電率は減少する。

正答:5
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

国-18-PM-80

導電率が最も小さいのはどれか。(生作物性材料工学)

1. 血 液

2. 骨格筋

3. 肝 臓

4. 神 経

5. 脂 肪

正答:5
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る

国-17-PM-81

交流電流(周波数<100kHz)が人体に流入する場合、正しいのはどれか。

1. 人体内に定在波が生じる。

2. 離脱電流とは刺激のために筋肉が弛緩してしまう電流閾値である。

3. 周波数が高いほど感知電流は低い。

4. 感知電流以下でも電流が直接心臓に流入すれば心室細動を発生し得る。

5. 電流密度が等しい場合、筋組織は脂肪組織より大きなジュール熱を発生する。

正答:4
分類:生体物性材料工学/生体物性/生体の電気的特性
類似問題を見る